スポンサーリンク

 
カンヌ映画際で是枝監督『万引き家族』が最高賞であるパルメドール賞を受賞。『万引き家族』日本公開は6/8。待ち遠しいですが、それまでは是枝監督の作品を観て楽しみましょう。まず、『海街diary』です。

『海街diary』概要〜プチ情報

以下、作品プチ情報です♪

  • 英タイトル:Our Little Sister
  • 監督・脚本:是枝裕和
  • 原   作:吉田秋生『海街diary』
  • 公   開:2015年6月13日
  • 時   間:126分
  • 興行の収入:16.8億円
  • 主   演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず
  • 共 演 1:リリー・フランキー、樹木希林
  • 共 演 2:大竹しのぶ、堤真一、風吹ジュン、池田貴史
  • 共 演 3:坂口健太郎、キムラ緑子、加瀬亮ほか
「共演1」に書いた2人は、『万引き家族』にも出演しています。
 
リリー・フランキーは、『そして父になる』(2013年9月公開)、『海街diary』(2015年6月公開)、『海よりもまだ深く』(2016年5月)に出演しています。
 
樹木希林は、『歩いても 歩いても』(2008年6月公開)、【奇跡】(2011年6月公開)、『そして父になる』(2013年9月公開)、『海街diary』(2015年6月公開)、『海よりもまだ深く』(2016年5月)に出演しています。
 
2人とも「是枝裕和監督組」なんですね♪
 
なお、今回紹介している『海街diary』は、主要動画配信サービスではNetflix、Amazonプライムビデオで「見放題作品」となっています。

『海街diary』プチネタバレ

鎌倉の古い家に住む3人姉妹。幸、佳乃、千佳と、腹違いの妹・すずの物語。

起〜出遭い、そして4人姉妹の暮らし

長女・幸(綾瀬はるか)は、大きな病院に勤務する看護師で、同じ病院で働く医師(堤真一)と付き合っている。
 
次女・佳乃(長瀬まさみ)は、銀行で働き、若い男(坂口健太郎)と付き合っている。
 
三女・千佳は、スポーツ店で働き、そこの店長(池田貴史)と付き合っている。
 
ある日、3人は、14年前に家を出た父が山形で再々婚をして亡くなったことを知ります。3人は父の葬式のために山形に向かい、そこで、腹違いの妹で中学生のすず(広瀬すず)に出遭います。すずは、父が母と離婚をし、家を出るきっかけとなった女性との間に出来た娘なのです。
 
いろいろあって、鎌倉に戻るとき3人姉妹は腹違いの妹に「鎌倉でいっしょに暮らそう」と伝えます。すずは、別れ際「鎌倉に行きます。」と一言。

承〜4人暮らしは女子寮生活!?

3人の姉たちはすずに優しく、姉たちにとっても、腹違いとは言え可愛い妹の存在は特別で、楽しい生活がスタートです。
 
すずは、山形でサッカーをやっていたこともあり、鎌倉の中学でもサッカー部に入り、活躍します。そこで、彼氏ができます。桜満開の桜トンネルの下を自転車で走るすずと彼氏。少し前の山形では想像もつかなかった生活です。
 
仲の良い4人姉妹の日常シーンは、見るものをホッコリさせます♪

転〜母・都との再会と仲違い

3姉妹は、母・都(大竹しのぶ)と久しぶりに会うことになりました。祖母の七回忌法要で札幌から出てくるというのです。実は、長女・幸と、母・都とはそりがあわないのです。ましてや、3人姉妹は今、母と父の離婚のきっかけとなった女性の娘・すずと鎌倉にて一緒に暮らしているわけで...。
 
法要を営む寺の廊下で、都とすずが会話をします。都は都なりに、すずを気にかけているようです。しかし...
 
法要後、鎌倉の家に戻って、都が「家を処分する」と言い出します。当然、幸は都に強くぶつかります。次女・佳乃が心配していたような展開になってしまいました。
 
すずは、自分はここにいてはいけないのだと思うようになります。

結〜幸と母・都の和解、そして日常

法要の翌日朝、母・都が鎌倉に来て、玄関で「昨日渡しそびれたおみやげよ」と幸に品物を渡しに来ます。すずのおみやげもありました。「あがれば」と声がけする幸に対し、母・都は「飛行機の時間もあるし、おばあちゃん(母)のお墓に行きたいから」とそのまま帰ろうとします。
 
その背中に向かって「私もお墓に行く」と幸。2人はいろいろ話をします。
 
_/_/
 
ところで、14年の長きに渡って親に捨てられた状態で、2人の妹たちと暮らしてきた長女の幸。年長者として、新たに加わったすずを含め、妹たちにいろいろ気遣います。一報で、病院の医師とは不倫関係を続けているのです。
 
しかし、その医師は、精神を病んで入院している妻となかなか別れられない状態がズルズル続いています。そして、ある夜、その医師はボストンに行くことになったと幸に打ち明け、一緒に行こうと誘われます。幸の判断は...。
 
_/_/
 
幸は看取りをする新設病棟のほうに請われて移り、幸たち全員が大好きな海猫食堂の店主、さちこ(風吹ジュン)を看取ります。実は、さちこは病魔に襲われており、治療もままならない状態だったのです。
 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、是枝裕和監督作品『海街diary』を紹介させていただきました。
 
3人姉妹に訪れた大きな変化。でも、日常は普通に過ぎていきます。その普通のなかには、大変なこともたくさんあります。悲しい別れ、そして新しい出遭い。
 
そういった別れと出会いを含めて、日常だし、それが生きているということなのですね。
 
是枝監督の作品を観て、「日常のなかの自分の大切さや意味」を考える機会をもらったように感じています。
 
6/8公開予定のパルムドール受賞作品『万引き家族』は、私たちにどんな投げかけをしてくれるのでしょうか。いまから楽しみです♪
 
_/_/
 
なお、『万引き家族』については、こちらの記事もどうぞ。

 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay  


スポンサーリンク

おすすめの記事