<スポンサーリンク>


Pocket


iPhoneのiOSで【Apple Payにおける「Suica」(スイカ:※1)使用】が10/25からサービス開始しました。

「Pasmo」(パスモ:※2)定期券ユーザーであるサイト管理人は、iPhone7に移行したときから、「Suica」での定期券購入&使用を計画していました。

なので、サービス開始と共に、躊躇なく、導入しました♪

「おさいふケータイ」っぽいことは初めてなので、ちょっとドキドキでしたが、導入は簡単でした。

ということで、「スマホで改札をピッ」の初心者向けに、同初心者のサイト管理人がポイントを書きますね。


「Suica」は窓口に行かず、ネットで作れる!


まずは、JR東日本提供の【「Suica」をiPhoneで導入するための解説動画】を見ていただきましょう。

  • 「Suica」カードを持っていない場合のiPhone7での新規取得について

(動画出典:Youtube.com)


「Apple Pay」サービス開始

2016年10月25日から、AppleのiOSで「Apple Pay」を使って「Suica」が使えるようになりました。

この「Apple Pay」は「Felica」(フェリカ:※3)仕様で動く、アップルの電子財布&非接触型決済サービスのことです。

いろいろな非接触型決済サービスを取り込むことが可能なわけですが、現在、公共交通機関共通乗車カードとして使えるのは「Suica」のみです。

 

また、「Suica定期券」もセットできます。

定期券の場合は、発着駅のいずれかがJRならば、iPhoneで「モバイルSuica定期券」を作ることが可能です。ただし、発着駅のいずれもJRでない場合は、「モバイルSuica定期券」は作れません。

なお、既存の現物の「Suica」カードをiPhoneに取り込むことができますが、サイト管理人の場合は、 「Suica」利用も初めてなので、「モバイルSuica」をネットで作り、そのあと、その「モバイルSuica」に定期券を付けました。

チャージもしました。

そういうことが、ぜ〜んぶiPhoneだけでできちゃうのです♪


iPhoneに「Suicaアプリ」をインストール

導入のファーストステップとしては、iPhoneに「Suica」のアプリをインストールします。

このインストールに際しては、先立ってiOSを10.1にアップデートしておく必要があります。

アップデートを終えたら、App Storeから「Suicaアプリ」をインストールします。

アプリ検索で「Suica」と入れましょう。


「Suicaアプリ」から「モバイルSuica」を作る

「Suicaアプリ」をインストールしたら起動させて、右上の「丸に+」のところをクリックして、「Suica発行」に進みます。

新規発行は3種類あります。

  1. Suica(無記名)
  2. My Suica(記名式)
  3. Suica定期券

ブログ管理人は、定期券を導入したかったので、3番を選びました。

また、この「Suica発行」画面で、すでに「Suica」カードを持っている場合、その「Suica」カードの取り込みも行えます。


「モバイルSuica」登録には、クレジットカードの登録が必要です

対応しているクレジットカードは、JCBやMasterCardなど。

詳細はネットで調べてくださいね。

VISAやDinersは、まだ未対応みたいです(VISAは一部OKとの情報もあります)。


チャージは、クレジットカードから

オートチャージするには、それに対応したクレジットカード(Viewカード〜JR東日本のクレジット)が必要です。

ただし、必要に応じて随時チャージする場合は、オートチャージ非対応のクレジットカードでも可能です。

サイト管理人は、特段、オートチャージが必須ではないので、新にviewカードを取得することはやめました。

登録したクレジットカードから必要に応じて、チャージしています♪



<スポンサーリンク>



こんな「モバイルSuica定期券」がiPhone7のなかに!


あっという間に、ネットだけで、こういう「モバイルSuica定期券」が作れました。

「モバイルSuica」の新規発行作業をはじめてから、ものの数分で、定期券とチャージまで完了できました♪

下記はサイト管理人が実際にiPhone7に作った「モバイルSuica」の画像です。

 

suica


早速、使ってみました♪

改札を通るとき、iPhone7の電源をOFFにしていなければ、問題なく改札通過できます。

  • スリープ状態のままでも、通過できます
  • 「Suicaアプリ」を立ち上げていなくても、通過できます
  • 電池切れしていても、しばらくは、通過できるみたいです(※追記)

改札通過時、ほんの少しiPhone7をタッチ近くにもっていけば「ピッ」という音がなると伴に、iPhone7も若干震えて、通過OKを教えてくれます。

※追記、10/29にSuica区間、Pasmo区間の乗車・降車時に「電源OFF」で通過しようとしましたが、できませんでした。スリープ状態ならOKです。


「Pasmo」シーンで、いろいろ使ってみました♪

自宅が「Pasmo」区間にあるので、飲料自動販売機や駐車場の「Pasmo」精算シーンで、iPhone7の「Suica」定期券(事前にチャージが必要です!)を使ってみました。

もちろん、何の問題もなく支払い完了です。

 

コンビニでも使ってみました。

レジで「Suicaで!」と言ってから、「Suica」などのリーダーへiPhoneを近づければ、支払い完了です。

 

JR東日本提供の動画で、実際の使い方場面などをご覧下さい。

  • Apple Pay、iPhone7での「Suica」の使い方(自動改札機)

(動画出典:Youtube.com)


まとめ


サイト管理人は、「Pasmo区間」から「Suica区間」(JR東日本)までの定期をiPhone7に導入しました。

なんだかとっても快適です♪

思いの外、導入のハードルが低くて驚きました。

スマホだけで、【クレジットカード登録】、【「モバイルSuica」の発行】や、【定期券の購入】、【チャージ】が全部できちゃいます。

便利ですね。


追記(2016/12/9)


JR東日本のサイトを確認しましたが、「電源OFFでも改札通過できる」との記述は従来通りそのままです。

しかし、実際に電源OFFでは改札は通過できない状態は続いています。

また、期間1ヶ月の「モバイルSuica定期」の更新をしました。

前の定期が切れてから2日間乗車機会がなかったので、期限が切れてから2日後に更新しました。

とくに問題なくiPhoneだけで1ヶ月更新ができました。

サイト管理人の場合は、1ヶ月のなかで定期券外の乗車機会があまりないので、月間チャージは3,000円で間に合っちゃいました♪

先日、追加チャージを初めてやりましたが、これもチョー簡単でした♪♪

 

なお、スマホ機種変更などの場合、「モバイルSuica」をどうするかということなどは、JR東日本のサイトを参照ください。

 

  • ※1:Suicaとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の共通乗車カード&電子マネー。SuicaはPasmo精算の代替として使えます。
  • ※2:Pasmoとは、株式会社パスモが発行する公共交通機関共通乗車カード&電子マネー。PasmoはSuica精算の代替として使えます。
  • ※3:Felicaとは、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式。
  • ※4:冒頭の画像出典〜iphone-mania.jp


<スポンサーリンク>