<スポンサーリンク>


Pocket


サイト管理人は、現在、2つのBluetoothイヤホンを使っています。

冒頭写真の左がメイン使用のSoundPEATS Q16、右がサブ使用のCOULAX CX06です。

この比較と、使用状況などを報告させていただきます♪


イヤホン変遷、その1「耳かけ」


サイト管理人は、これまで音質などにこだわって、BOSEのイヤホンや、SONYのノイズキャンセリングイヤホンなど、イヤホンには、随分とお金をかけてきました。

しかし、ランニングしたりウォーキングしたりするときに便利ということで、高級品路線は数年前にやめました。

そして、「耳かけ」イヤホン、しかも、結構な格安イヤホンに完全移行しました。

 

「耳かけ」イヤホンは、とことん<コレ>を使ってきました。

本記事掲載現在で、1,680円(税込み)と格安です。

 

<スポンサーリンク>

 

<コレ>、利点と感じるところは…

  • とにかく安い。
  • 「耳かけ」のおかげでしっかりフィットする。
  • 色が派手で素敵♪

です。

一方、欠点は…

  • 半年くらいの使用で、写真下の赤丸のところが折れちゃう。

 

 

でも、すご〜く使いやすいし、安いので、折れちゃったら同じ物を何回か注文して使っていました。

 

もう一つの欠点は…

  • 「iPhone」に接続するための長いコードが意外に邪魔。

ということです。

 

ストレートにいうと「うざいっ!」のです。


イヤホン変遷、その2「耳かけ」コードレス〜CX06


上に紹介したイヤホン、とってもお気に入り。

使って壊れたらまた新しいものを購入して2年くらい使ってきました。

でも、ホント頻繁に壊れるし、長いコードも「うざいっ!」のです。

そこで、コードレスタイプ購入を決めました。

Bluetoothイヤホンです。

 

ちょうど、Appleから純正Bluetoothイヤホンが発売されるという時期で、Bluetoothイヤホンが気になっていたんですね。

Apple純正品は「耳かけ」ではないので、端から選択肢からは除外です。

 

アマゾンでいろいろ調べて、ユーザーレビューや価格的にも良かったとして購入したのがこれです。

以下、「CX06」と書きますね。

本記事掲載時現在で、2,580円(税込み)です。

 

<スポンサーリンク>

 

「CX06」でのBluetoothイヤホン体験は衝撃的でしたね。

とっても満足でした。

ただし、いくつか難点もありました。

  1. 耳かけ部分がポキッと折れてしまう。
  2. 左右をつなぐコードが結構「うざいっ!」。
  3. 充電のためのUSBコードが壊れた。

 

[1]については、すでに2回「ポキッ」と折れちゃいましたが、瞬間接着剤で着けて使っています。



<スポンサーリンク>


[2]については、人ってどんどん要求が高くなってしまうので、ホント、「うざっ」と思うようになるのです。

ときに、耐えられないくらい…。

[3]については、「フル充電したのに直ぐにパワーオフしてしまう」ことが度重なり、最初は「CX06」が壊れてしまった…と思ったんですね。

でも、後日、充電のためのUSBコードが内部で切断していることが発覚しました。

切断されていないコードを使用すれば、難なく使えましたから…。


イヤホン変遷、その3「耳かけ」完全コードレス〜Q16


「CX06」が壊れちゃったかも…ということで、次は完全コードレスだということで、この商品をアマゾンで購入。

以下、「Q16」と書きますね。

本記事掲載時現在で、4,999円(税込み)です。

 

<スポンサーリンク>

 

使用した上で「いいね」と感じている「Q16」の利点は…

  • 完全コードレスの快適さ。
  • しっかり耳にフィットする感じ。

ですね。

一方、欠点というか不満足な点も…。

  1. フル充電でも使用時間が短い。
  2. 「CX06」比較では音切れが多い。
  3. 音質的には「CX06」のほうが好み。

ということです。

 

[1]に関しては、フル充電で3〜4時間です。

[2]に関しては、踏切など電波障害が起こりやすいところでの音切れが「CX06」と比べると多いです。

でも、普段は、フツーに使えます。

これらの欠点は、「Q16」が完全コードレスなので「電気消耗が大きい」「電波障害を受けやすい」のではと推測しています。

[3]に関しては、完全好みですが、iPhoneでいろいろイコライザー設定しても、「CX06」のほうの音が好きです。

これに関しても、「Q16」の音が大嫌いというわけではありませんので…。


イヤホン変遷、その4〜現在の使い方


そんなこんなで、欠点もある「Q16」ですが、「CX06」と比較して完全コードレスの快適さは捨てがたく、結果、メインを「Q16」、メインの電池切れのときのサブとして「CX06」という使い方をしています。

 

 

「Q16」には、この写真のようなハードケースがついているんです。

普段は、このなかにフル充電していつでも使える「CX06」をいれています。

このケースのなかには、「Q16」と「CX06」のそれぞれのカナルと、充電用のUSB専用ケーブルもいれてあります。

 

で、普段の外出時には、「Q16」をメインで使用しつつ、「Q16」が電池切れで使えなくなったら、このケースのなかにキープしてある「CX06」を取り出し使う…そういう感じですね。


まとめ


Bluetoothについては、数年前にヘッドフォンを購入し、散歩のときなどに使ってみましたが、当時は、音切れが酷くて使い物になりませんでした。

それと比べると、「CX06」も「Q16」も問題なく使用できます。

Bluetooth技術が、ここ数年で飛躍的に進化したんですね。

 

あとは、前述しましたように「電池切れ」です。

せめてフル充電で10時間くらい使えるようになると嬉しいです。

 

その次は、音質でしょうか。

 

いずれにしても、現在は、Bluetoothイヤホン「Q16」と「CX06」の両持ちで、iPhoneを十分に活用できています♪


追記


サイト管理人は、iPhoneで音楽を楽しむこと以外に、次のようなものにも活用しています。

  • 落語
  • オーディオブック
  • 電車内での映画やドラマ視聴

などなど。

Bluetoothイヤホンは大活躍してくれています♪

※アイキャッチ画像の出典:セルフ撮影

 


<スポンサーリンク>