<スポンサーリンク>


Pocket


4ヶ月使ったBluetoothイヤホン COULUX CX06が壊れた(>_<)

そこで、次のBluetoothイヤホンとしてコードレスを選択。

コードレスって、ホントいいです♪


イヤホンいろいろ買いましたが…


iPhoneで音楽を聴くことがメインになってから、一時期、イヤホンに懲りました。

ウン万円のものも、いくつか買いました。

2000円くらいの安い耳掛けスポーツタイプも買いました。

もちろん、iPhoneに付属のイヤホンも使いました。

_/_/

それでわかったことが2つ。

サイト管理人は、音質にはこだわらなくてもいい。

どーせ分からないから(爆)。

_/_/

そして、こちらのほうが重要な事実ですが…

  • 高くても、安くても、いずれ壊れる

つまり、イヤホンは消耗品なんです。

なので、「高いイヤホン買い」はやめました。


Bluetoothってどんな感じ?


何年も前のことです。

iPhoneでBluetoothが使えるようになってから、直ぐに、Bluetooth用ヘッドフォンを買いました。

当時の規格がまだまだヘボかったのでしょうか、音切れが酷すぎて使用に耐えませんでした。

そして、いつの間にかBluetoothの規格が進歩し…。

お安い耳掛けスポーツタイプのイヤホンがコード切れしたので、昨年の11月にBluetoothイヤホンを買いました。

 

これ、COULAX CX06です。

アマゾンで3,000円弱でした。

使用感ですが…

  • 超快適!

の一言です♪

これまでiPhoneから伸びている長いコードがうざかったのです。

しかし、Bluetoothイヤホンを使うことで、iPhoneがフリー状態になったことがとても快適だったのです。

これ、一度体験してしまうと、もはやBluetooth以外には戻れません。

そして、これは絶対に書かなければなりませんが、最近のBluetoothは、ホント音飛びが少ないです。

踏切とか、異常に電波障害が強い(?)ところでもなければ、音飛びしません。

つまり…

Bluetoothイヤホンは、フツーに使えるんです。


CX06、5ヶ月目で壊れるってどうなの?


CX06、購入して4ヶ月、とにかく使いまくりました。

もう快適で快適で…。

iPhone付属のコードの長いイヤホンなどを使っている人を見ると、

  • だっせー

なんて思うようになってしまいました。

_/_/

しかし、そんな快適イヤホンにも寿命が!?

1週間前くらいから、異常に速く電源OFFになってしまうようになりました。

どうも、電源がダメになってしまったようです。

時間を掛けて充電をしても、数分でパワーオフ。

3000円弱で4ヶ月間使用しましたから、「1ヶ月あたり700円ちょっと」ですね。

まぁ、ギリギリ許容範囲かなということで、メーカーに連絡することもなく廃棄しました。

追記(2017/3/8)

  • 3/8、問題はCX06ではなく、付属していたUSB充電ケーブルの断線であることが判明。
  • 違う機械の充電をこのコードでやって充電できないことを確認。
  • 断線していないコードで、ゴミ箱から回収したCX06を充電したら、充電完了しました♪
  • すみません、なので「CX06が5ヶ月目で壊れた」というのは間違いです。
  • まだ、壊れていませんでした。
  • 誤情報を流し、申し訳ありません>All。

次期イヤホンの選択にあたって…


絶対にBluetoothであることが選択ポイントの一番です。

そして、イヤホンは消耗品ですから、価格はMax、5,000円以内としました。

半年の使用で1ヶ月あたり  800円ちょっとということですね。

また、単に耳につけるだけでなく、落としにくいということで耳にひっかけるタイプを必須としました。



<スポンサーリンク>


さらに、どうせBluetoothならば、完全コードレスにしようと考えました。

長いコードがうざかったフツーのイヤホンですが、CX06にして、ホント楽になりました。

それでも、左右をつなげているコードがうざい。

人間「楽」を経験してしまうと、さらに「楽」になりたくなってしまうんですね。

そこで、完全コードレス体験をしようと考えたわけです。

以上の条件を考慮した答えが、今回の選択でした。


海外製にありがちなパターン


COULAX CX06もそうでしたし、今回のSoundPEATS Q16も同じでした。

何が…というと、取扱説明書です。

どちらもオール英語。

英語がわからないとちんぷんかんぷんです。

でも、ご安心を。

ネットで検索すると、直ぐに使い方は分かります。

それなりにユーザーが多いですから、なんとかなります。

大概迷うことは次の2点。

  • パワーオン、パワーオフの仕方
  • Bluetoothのペアリングの仕方

繰り返しますが、この2点は、ネットで調べれば直ぐにわかります。


それでは製品を写真で紹介ね


縦横10cm四方くらいの、こういう箱に入っています。

中を明けると、入っているものは…

  • 英語版の使用の注意
  • 英語版の取扱説明書
  • イヤホンが入っているケース

そして、ケースの中身はこれです。

  • 左右のイヤホン
  • 2種類の予備カナル
  • 2個一度に充電するためのコード

充電はこうやって2又のコードで一度にやります。

そうそう、先ほども書きましたが取扱説明書は英語オンリー。


電源オンオフとペアリング

左右ともに、電源のオンオフは、3つあるボタンの真ん中です。

そして、iPhoneなどとBluetoothのペアリングをする場合は、「右耳用MFB」と書いたボタンを8秒くらい長押しします。

すると、スマホ側で「Q16」と出てくる。

それを選択すればペアリング完了です。


Q16の特徴


これハンズフリーで電話が出来ます。

また、左右別々に使う、つまり、1つを自分、もう1つを恋人に渡して、2人で同じ音楽を楽しむなんていう使い方もできます。

そんな使い方したくもないですけど(^_^;)

耳掛けタイプなのでランニングなどでも使える。

左右、好きなほうだけを使うことができる。

イヤホンケース(充電コードや予備カナルも入る)が付属している。

…ということでしょうか。

_/_/

ちなみに、ケース付きというのはかなり重要です。

CX06では、ケースもなく、鞄のなかに放り込んでいたら、取り出すとき、耳にかける部分がひっかかり、ポキッと折れてしまいました。

接着剤で補修しました(^_^;)

ケース付きなら、そういう心配ないですから。


まとめ


まだ使い始め1時間程度です。

でも、やっぱり思った通りです。

完全コードレスはいいです。

もうフツーのイヤホンには戻れませんし、左右を繋げるコードがあるタイプのBluetoothイヤホンにも戻れません。

使用感については、1〜2ヶ月経ったら書きますね♪

※冒頭の画像出典:youtube.com



<スポンサーリンク>