スポンサーリンク

 
是枝監督の最新作『万引き家族』がカンヌ映画際で最高賞のパルムドール賞を受賞しました。同作品は6/8に公開予定。いまから待ち遠しいですね♪

パルムドール賞とは?

世界的な映画祭として有名なカンヌ映画際。1946年から開催されています。そのカンヌ映画際における最高賞がパルムドール賞です。
 
最多受賞記録は現在2回で、それを達成した監督は8人しかいません。なんとそのなかに故・今村昌平監督がいるのです。1983年の『楢山節考』と1997年『うなぎ』です。
 
それ以外の日本作品受賞では1954年に『地獄門』(衣笠貞之助監督)、1980年に『影武者』(黒澤明監督)があります。
 
今回の是枝監督『万引き家族』の受賞は、日本人監督作品としては、のべ5作目となるわけです。

是枝監督と『万引き家族』

是枝監督と今回の受賞作品『万引き家族』について簡単に紹介します♪
なお、主要キャストについては「主なキャストたち」という項目を設けます。

是枝監督とは...

是枝裕和(これえだひろかず)監督は、東京都出身、1962年6月6日生まれ55歳です。
 
1987年早稲田大学卒業後、テレビ制作会社に入社し、テレビ番組ADをやりながらドキュメンタリー番組の演出もやっていました。そして、1995年『幻の光』で映画監督デビューを果たします。そして、新作発表するごとに各映画祭に招待されるほどの映画監督として評価されています。
 
カンヌ映画際でいえば、14年前に『誰も知らない』で最優秀男優賞を、5年前に『そして父になる』(主演:福山雅治)で審査員賞を受賞しています。
 
_/_/
 
なお、主要な動画配信サービスで今すぐに見ることができる「見放題」な是枝裕和監督作品は次のようなものがあります。
 

  • 『大丈夫であるように』(主演:Cocco、ドキュメンタリー)2008年公開
    • Netflix
  • 『奇跡』(主演:まえだまえだ)2011年公開
    • Netflix、Amazonプライムビデオ
  • 『そして父になる』(主演:福山雅治)2013年公開
    • Netflix
  • 『海街diary』(主演:綾瀬はるか)2015年公開
    • Netflix、Amazonプライムビデオ
  • 『海よりもまだ深く』(主演:阿部寛)2016年公開
    • Netflix

『万引き家族』とは...

舞台は下町。祖母の年金と万引きで暮らしている極貧一家の物語です。
 
実際にあった事件がベースで組み立てられている作品で、家族や社会の在り方の問題提起として、是枝裕和監督が10年構想してきた作品です。
 
6/8公開予定。
 

スポンサーリンク

主要なキャストたち

極貧の万引き家族、柴田家は次のようなキャスティングとなっています。
 
柴田家家長、父・治:リリー・フランキー
日雇い労務者です。
 
柴田家妻、信代:安藤サクラ
 
柴田家娘、亜紀:松岡茉優
JK見学店でアルバイトをしてます。
 
JK見学店の常連、通称「4番さん」:池松壮亮
 
その他、柴田家祖母役に樹木希林、刑事役に高良健吾、女刑事役に池脇千鶴など豪華メンバーが集結しています。
 
なお、音楽は、YMO(?)の細野晴臣さんが担当。

まとめ

今回、是枝監督の最新作『万引き家族』がカンヌ映画際で最高賞であるパルムドール賞を受賞したことについて、書きました。
 
日本人としては、衣笠貞之助作品、黒澤明監督作品、今村昌平監督作品(2回受賞)に続く4人目の作品であり、1997年の今村昌平監督作品から数えて21年ぶりの受賞です。
 
6/8の映画公開が待ち望まれます♪
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay  


スポンサーリンク

おすすめの記事