天海祐希さん出演作品紹介記事一覧

大相撲9月場所14日目、貴景勝・隠岐の海・御嶽海の千秋楽決戦決定!

大相撲

<スポンサーリンク>

 
 
 14日目が終わり、いよいよ千秋楽、3関取で優勝をかけて戦うこととなりました。  
 
 

14日目が終わって、勝敗上位者

 
 14日目が終わり、千秋楽の決戦は3人になりました。  
 
勝敗上位者は次の通り。
 

【11勝3敗】
関 脇・御嶽海
関 脇・貴景勝
前頭08・隠岐の海
 
【10勝4敗】
前頭02・朝乃山
前頭14・剣翔
 
14日目の取組が終わって、千秋楽の取組が発表されました。
 
本割では「貴景勝 vs 隠岐の海」が組まれています。
 
この取組が決まった瞬間に、追従していた朝乃山と剣翔には優勝がなくなりました。
 
 

優勝争いの行方

 
千秋楽で本割で優勝を左右するのは2番。
 
[1]関脇・貴景勝/前頭8・隠岐の海
 
そして…
 
[2]関脇・御嶽海/小結・遠藤
 
です。
[2]で御嶽海が負ければ、[1]の勝者が優勝。
 
[2]で御嶽海が勝てば、[1]の勝者と優勝決定戦です。


[1]の対戦は、過去12戦して、貴景勝が5勝7敗。
 
数字の上では貴景勝不利ですが、今年4戦して2勝2敗。
 
一方、[2]の対戦は、過去9戦して、御嶽海が5勝4敗。
 
つまり…
 
[1]も[2]も、誰が勝ってもおかしくないのです。
 
ただし…
14日目の取組内容から見ると、断然、貴景勝有利です。
 
とくに、御嶽海の14日目の取組は、勝ったものの、これから大関を狙う資格もないような不出来な内容でした。
 
個人的には、貴景勝から隠岐の海のいずれかに優勝して欲しいと願っています。
 
 

<スポンサーリンク>

他に気になる関取は…

 
 勝ち越しが気になる関取についての注目結果です。  
 
まずは、まだ13日目で勝ち越し・負け越しが決まっていないベテランの勝ち越しなるか…

  • 前頭16・栃煌山→6勝8敗(負け越し)
  • 前頭15・石浦→7勝7敗
  • 前頭10・佐田の山→8勝6敗(勝ち越し)
  • 前頭09・琴勇輝→8勝6敗(勝ち越し)
  • 前頭06・妙義龍→7勝5敗2休
  • 前頭04・玉鷲→7勝7敗
  • 大 関・栃ノ心→6勝8敗(負け越し)
 
カド番大関・栃ノ心、貴景勝と入れ替わりです。
 
また、栃煌山は、十両陥落ほぼ決定です…。
 
 
前述以外に勝ち越しが気になる関取は…
  • 前頭11・炎鵬→8勝6敗(勝ち越し)
  • 前頭11・阿武咲→8勝6敗(勝ち越し)
  • 前頭05・竜電→6勝8敗(負け越し)
  • 前頭03・友風→6勝8敗(負け越し)
  • 前頭03・大栄翔→7勝7敗
  • 前頭01・北勝富士→8勝6敗(勝ち越し)
 
大栄翔、あと1勝。
 
 

12日目終了を踏まえての来場所番付予想!

 
昨日に引き続き…
 来場所幕内上位の番付予想です。  
 
 
2019年11月場所番付予想-12th
 
 
すでに予想しているものと同じままとします。
 
 

まとめ

 
大相撲
※Image source is pixabay
 
 
 波乱の展開が続いた闘いも14日目で、優勝は3人に絞られました。貴景勝、御嶽海、隠岐の海です。  
 
14日目、剣翔が負けて、千秋楽トップを走る貴景勝と隠岐の海の対戦が組まれたので、新入幕・剣翔の優勝は消えてしまいました。
 
個人的には、貴景勝か御嶽海の優勝を期待しています。
 
ラスト1日、見逃せません。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!