吉沢亮さん出演作品紹介記事一覧

2019年9月場所2日目〜白鵬休場、鶴竜・貴景勝2連勝、栃ノ心2連敗!

大相撲

<スポンサーリンク>

 
 
あれあれ、初日の記事に書いた通り、白鵬が休場してしまいました。
 
 

横綱・白鵬休場

 
横綱・白鵬は2日目の午後、休場すると発表がありました。
 
今月1日の伊勢ケ浜一門の連合稽古において、前頭・宝富士と三番稽古を行ったとき、右手小指の付け根を骨折したというものです。
 
約2週間の加療を要するとの診断だとのこと。
 
白鵬が一番好きな関取なので、休場は残念ですが、来年オリンピックまでの現役にこだわっていることを考えると、「今場所は休みたかったのかな…」と邪推もしてしまいます。
 
 

鶴竜連勝!

 
横綱・鶴竜の2日目の対戦相手は、前頭筆頭・北勝富士を叩き込みで退けました。
 
初日に横綱・鶴竜を破って息が上がっている北勝富士ですが、冷静な鶴竜には全く歯が立ちませんでした。
 
 

たまには下位力士のことも…

 
いつも注目は上位力士ばかり、なので今日は下位力士にも注目してみます。
 

幕尻・貴源治、さすがビックマウス!

 
ビックマウス(=口だけ男)の幕尻・貴源治。いいところなく連敗です。
 
たった2日で断言しますが、2連敗で、十両陥落濃厚です。出直してこい…です。
 

前頭16・栃煌山も連敗だが…

 
貴源治同様、番付的には、もうあとがない栃煌山。残念ながら十両筆頭・大奄美に破れ連敗です。
 
しかし、内容的には貴源治の2連敗とは月とすっぽん。前者は「いいところなし」ですが、栃煌山は、さすが相撲巧者という取り口がありました。
 
栃煌山の勝ち越しを切に願っています。
 

石浦、「らしい」相撲で五分

 
幕内と十両をいったりきたりしている石浦。
 
今日の剣翔戦は、久しぶりに石浦「らしさ」爆発。
 
こういうトリッキーな相撲で沸かせてください!!!
 

阿武咲、ひいちゃダメでしょ…

 
小兵だけど応援している関取の一人、それが阿武咲です。
 
一時は、貴景勝よりも注目され、大関候補かなんた思いましたけど、怪我で失速。
 
2日目の対・佐田の海戦、途中までは頗るいいのですが、あの引きでドツボにハマりました。
 
これで2連敗、前頭11枚目なので、負けの数によっては十両陥落です。
 

<スポンサーリンク>

炎鵬、トリッキーさでは石浦の上!

 
石浦が出てきたとき、そのトリッキーさで注目を浴びました。
 
石浦と同じく、白鵬の内弟子・炎鵬。炎鵬のトリッキーさは、石浦の随分上を行っています。足腰が強いのか、トリッキーのあとにしっかり投げで勝てるというのがスゴすぎです。
 
伸び盛りの明生を、土俵際、下手投げで破ったのには、テレビの前で拍手喝采状態でした!!!
 
三役も狙える逸材かもしれません。
 
 

上位陣の2日目は…

 
さて、注目を下位力士から戻して…。

貴景勝、碧山を破り2連勝

 
場所前の総見で碧山と戦っている貴景勝。やはり地力があることを見せてくれました。
 
膝を悪くしていたのに、しっかり足が前に出ています。この調子だと、10番はイケるかもしれません!!!
 
貴景勝に頑張ってもらわないと、マジで2020年初場所、大関ゼロになってしまいますので…。
 
頑張れ貴景勝、死ぬ気で頑張れ!!!
 
白鵬・高安の休場&栃ノ心ボロボロなので、10勝以上の可能性は大です。もしかしたら2度目もあるかも!!!
 
 

豪栄道、連勝

 
いまのところ、強い豪栄道です。
 
これが千秋楽まで持つ可能性は…、です。
 
 

栃ノ心連敗、いいところなし

 
11月場所で10勝以上を狙うために、思い切って休場して、体調を整えたほうがいいと思います。
 

鶴竜、連勝

 
幕内全関取の2日間の相撲を見る限り、いまのところ幕内優勝に筆頭はダントツで鶴竜です。
 
格が違いすぎるという感じでしょうか。
 
 

2日目が終わって、望む理想の展開は…

 
中盤戦10日までを終わって、鶴竜が全勝。
 
大関復帰を目指す、貴景勝も同じく全勝。
 
全勝にもう一人、なんと炎鵬。
 
これを星1つで追うのが、御嶽海と朝乃山。
 
こんな展開になると面白いですね〜。
 
つまり、最近の幕内優勝者、貴景勝・御嶽海・朝乃山が絡んでの展開。
 
こうなれば、誰が優勝しても激オモロです。
 
ハッキリいえることは、炎鵬の優勝はない(笑)。
 
でも最後まで絡んで欲しい。不甲斐ない前頭陣に喝を入れるためにも、ね。
 
 

3日目を占う!?

 
琴勇輝は、炎鵬のトリッキーについていけず、結果、炎鵬の3連勝。
 
貴景勝は、3日目の対朝乃山戦で勝てば、大関復帰は、まず間違いなしとなるでしょう。サイト管理人の予想は、一気の押しで貴景勝の圧倒。
 
御嶽海と逸ノ城、御嶽海が今場所10勝を挙げられるか、2度目の優勝を狙えるかどうか、それは3日目の逸ノ城戦に掛かっています。予想は、しっかり受け止めて御嶽海の勝ち。
 
栃ノ心は、いけいけどんどんの北勝海にあっさり負けます。
 
豪栄道は、遠藤を難なく料理。
 
鶴竜は、問題なく碧山を退けます。
 
以上の結果、鶴竜・豪栄道・貴景勝・炎鵬たちが3連勝。
 
 

まとめ

 
大相撲※Image source is pixabay
 
 
2日目で、今場所の方向性はハッキリしました。
 
鶴竜が白星を重ねて優勝街道を驀進。
 
それに次ぐものが誰になるかで、今場所が盛り上がるし、来場所にも繋がるということです。
 
その鶴竜に次ぐ者が誰になるか。誰になりそうか…。
 
序盤戦の興味はその1点です!
 
※Eye catching image is Pixabay
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!