「大相撲・宇良」の記事、移動しました!

立川志らくは再婚、嫁・酒井莉加は韓国ハーフでタトゥー入りな女優!?

立川志らく

 
 
落語と言えば、玄人筋だけに受ける演芸という感じが否めません。日テレ系列でやってる『笑点』…あれは落語じゃないし…。
 
一時期、毎週・寄席に通っていたサイト管理人「たもつ」が言いますが、残念ながら落語界は斜陽です。ちなみに、管理人はいまでも落語が大好きで、iPhoneには1000席以上の落語が入ってます。
 
もちろん、これからお話する立川志らく師匠の落語も! さっき数えたら32席入ってました。
 
さて、その立川志らく師匠、朝のコメンテーター時などで奥さんとラブラブモードを出したりしていましたが、早速、嫁・酒井莉加さんのことを調べてみました。
 
9月30日から朝の情報番組のMCをやるので、ますます注目される志らく師匠。丸裸にしちゃいますよ(笑)。
 

たもつ

今、志らく師匠の「らくだ」を聞きながら書いてます!
ながらマルチだね♪

シネマファン

たもつ

そうそう、以下、敬称略の「立川志らく」って書きますね
 
 

立川志らくは再婚、嫁は18歳下!!

 
落語界はいくつかのグループに分かれています。落語協会、落語芸術協会、宴楽一門会、そして落語立川流。
 
柳家喬太郎が演目「落語大学」のなかで「立川流は宗教団体」と揶揄するように、詳細は端折りますが、立川流は、ちょっと変わった団体かもしれません。
 
そんな変わった団体に所属する立川志らくは、やはりちょっと変わった落語家なのかもしれません。
 
日本大学の後輩・三遊亭白鳥も、立川志らくをオモシロおかしく話しています。
 
立川志らくの変わったところと言えば、一番はそのマルチな活躍でしょう。
 
落語で喰えないというワケではないのです。
 
実は、立川志らくは関東のなかでも人気落語家の上位に入る方。独演会のチケットもなかなか手に入らないと言われています。
 
サイト管理人は、大きなホールで何回か、立川志らくの落語を聴いていますが、はっきり言って「好き」です♪
 
さて、立川志らく…
映画監督、劇団の主宰、舞台演出、執筆、テレビコメンテーター。いつ本業の落語をやるの?…というくらいマルチに活躍しています。
 
実は…
そのマルチな活躍で、立川志らくは今の嫁をゲットしたようです。「マルチはいいねぇ」を地で行っているのです。
 
 

出会いは立川志らく監督の映画!?

 
立川志らくの嫁・酒井莉加(敬称略)は、元アイドルです。所属事務所がつぶれたり大変だったときに、映画出演のオファーが。
 
2002年公開の立川志らく監督第4弾映画『SF小町』に抜擢され、出演することになりました。
 
立川志らくは、地下アイドル的な活躍であった酒井莉加に、どこでどのように注目したのでしょうか。謎です(笑)。
 
その後、酒井莉加は、立川志らくが2003年に立ち上げた主宰劇団「下町ダニーローズ」の女優として活躍しはじめました。
 
そして、2006年、めでたくゴールインと相成ります。
 
ちなみに、立川志らくは、日大のときに学生結婚した元嫁と3人の娘がいます。身体の弱い元嫁のために、早く2ツ目に昇進しようと躍起になっていたものの、2000年に離婚。
 
立川志らくがバツ1になった理由は、これまた謎のまま…。
 
いずれにしても、立川志らくは、18歳年下の嫁をゲットしたのです。
 
現在、嫁+娘2人で、立川談志が昔住んでいた家に暮らしています。
 


 
 

志らくの嫁・酒井莉加は韓国ハーフ!?

 


 

酒井莉加さん、綺麗な人!!

シネマファン

 
遅くなりました。
 
立川志らくの嫁・酒井莉加の超簡単プロフィール。
 
こんな人!
名 前:酒井莉加(さかいりか)
誕生日:1981年5月26日(39歳)
出 身:兵庫県神戸市
職 業:元地下アイドル→女優
所 属:劇団ダニーローズ
その他:謎のキューピー主宰
ちなみに、謎のキューピーの特別講演予告動画がコレ。
 

 
 
で、彼女、実は「韓国ハーフ」だというのをカミングアウトしています。
 
最近は更新が止まっている彼女のアメブロブログ。
 
その2010年11月17日に「発表します」の題名でそれを吐露しているのです。
 
ほぼ全文ですが、引用しますね。
 


私、実はハーフなんです。
戸籍を見て初めて知ったの。
よくハーフでしょ。
と言われるが日本人ですよ。
と適当に答えてた。
結婚する時初めて知った、私の秘密。
父親が韓国人、母親が日本人。
本当の父親の名前は
キム(金)です。
子供がイジメに合わないようにと
名前を変えてたらしい。
だから、韓国の血が濃いのです。
陰口が嫌だから、すぐ本人にキレてしまう癖も
辛い物に強いのも
結構悩みを自分でこらえるのも
意外と純粋なベタな恋愛が好きなのも
韓国人の血が流れてるからなんです
頭悪いふりして
だけど人を見てしまう癖も
父親譲り。
談志師匠のファンだったパパは
パンクなんです。
昔モテた話をひたすら酔っぱらって
何回も同じ話をする
韓国人のパパは
いまやハゲ親父だが
カッコいいのだ。
 
※引用元:酒井莉加のアメブロ

 
これいろんなことが分かりますね。
 
在日に対するイジメ問題、ルーツらしさは体現すること、パパを愛している・大好きなことなど。
 
なお、立川志らくはテレビコメントなどで、「私は韓国政府が嫌いなのであって、韓国人が嫌いなわけではない」みたいな発言をしている模様です。
 
「韓国ハーフ」だから何?、娘達「韓国クウォーター」だから何??…という感じですよね。
 
 

志らくの嫁・酒井莉加はタトゥー入り!?

 
これも驚きの噂(?)ですけど、どうもマジみたいです。
 
先述の酒井莉加ブログでは、2010年11月3日の記事「ゆとり教育」のなかで、タトゥー禁止のスパに子供と入ってしまったことを後悔するようなことを書いていました。
 


初めて道に外れたことした
それはタトゥー禁止のスパに入った事
無茶苦茶緊張した
子供がいると風呂から上がれないし、係員が掃除していると上がれないし。
上がった瞬間汗が違う汗に変わった
 
※出典:酒井莉加ブログ

 
残念ながら、このブログではタトゥー写真はゲットできず。
 
見つけたのはコレだけです。
 
 
酒井莉加のタトゥー?
 
 
元アイドルにタトゥー???
 
なんでも、タトゥーは立川志らくと結婚後に入れたみたいです。どうして入れたのか、その動機はこれまた謎です。
 
そして、このタトゥー、足の甲だけでなく、足全体にガッツリ入っていると噂されていますが、その真偽の程も、またまた謎です。
 
それにしても、足にタトゥーがあって、スパに入るなんざ、酒井莉加チャレンジャーです(爆)。
 
 

まとめにかえて…

 


 
え〜と、サイト管理人(以下、「私」と記します)も吐露します。
 
私のiPhoneのなかには、100席を超える立川談志の落語が入っています。立川一門でいうと、立川談志、立川談春、立川志らく、立川談笑だけで、200席を超えるものが入っています。
 
そうです、なにげに立川一門のファンなのです。なかでも、志らくの落語は好きです、ハイ。
 
そんな好きな落語家のひとりなので、前から私生活にも少しは興味があったのですが、それはもっぱら、立川志らくの本や映画について。
 
今秋、朝の情報番組の帯MCをやることになったので、私生活を少し調べてみました。
 
情報番組MCとしての活躍も期待しています!!
 

error: Content is protected !!