伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

藤井聡太七段参戦〜超早指しAbemaTVトーナメント6/17スタート〜羽生竜王着想♪

将棋


<スポンサーリンク>

 
AbemaTVの将棋番組で羽生善治竜王の着想による「超早指しAbemaTVトーナメント」が6/17からスタートすることがわかりました。このトーナメントには破竹の勢いの高校一年生プロ棋士・藤井聡太七段も参戦します♪

新しい超早指しの戦い!?

羽生善治竜王の着想による独自ルールの超早指し対戦「Abema TVトーナメント Inspired by 羽生善治」の開催が5/22に発表されました。
 
発表によると、このトーナメント戦は次のような特徴があります。
 

  • 持ち時間は各5分、1手刺す毎に5秒が加算される。
  • 1局20〜30分で決着が付く。

戦いの流れは…

まず予選がA組、B組、C組に分かれて行われます。それぞれ4人の棋士が参加。
 
1回の顔合わせ毎に三番勝負を行って、2つ先勝すると勝利者となります。そして、それぞれの組でこのリーグ戦を行い、三番勝負に2回制した棋士がそれぞれ2人ずつ勝ち残り、決勝トーナメントに出場します。
 
この3組とは別に、2人のシード棋士がいて、決勝はこの8人の棋士のトーナメント戦となります。
 
大会は、6/17(日)午後8時をスタートに、毎週日曜日午後8時に予選を6回実施。その後、決勝トーナメントを計7回実施。毎週コンスタントに開催するとして、9月半ばまでの長丁場となります。
 

着想を提供した羽生善治竜王のコメント

今回の超早指しトーナメントの着想を提供した羽生善治竜王のコメントです。
 

早指しの『棋戦』というのは公式戦でもあるんですけど、それをもっと速くというのは、なかったというのもあります。
 
10代の頃だと、一手10秒とかで対局したり、あるいは5分切れ負けでやったりとか、あるといえばあるんですけど、切れ負けにしてしまうと、単なる時計の叩きあいになってしまうので、将棋の要素を最後まで残しながら早く指して、それがファンのみなさんに楽しんでもらえるようになってくれれば。初めての試みというところもありますし、どういった反響というか、反応が返ってくるのか楽しみです。

 
将棋をよく知らないサイト管理人にとっても、なんだかワクワクするような戦いです。
 
超早指し局面で一流のプロの頭のなかがどう動いているのか、解説の方にしっかり説明していただけると嬉しいですね♪

大会参加者のメンバーも凄い♪

大会番組発表と同時に、参加者も発表されました。このメンバーもなかなか素敵です♪
 

  • 予選A組
    • 橋本崇載八段、藤井聡太七段、三枚堂達也六段、近藤誠也五段
  • 予選B組
    • 山崎隆之八段、増田康宏五段、佐々木大地四段、大橋貴洸四段
  • 予選C組
    • 阿久津主税八段、永瀬拓矢七段、佐々木勇気六段、高見泰地六段
  • シード棋士
    • 羽生善治竜王、久保利明王将
いまの将棋人気で「藤井聡太七段」は参加することは必須のことです。やるねAbemaTVです(笑)。

<スポンサーリンク>

まとめ

藤井聡太七段も参加する超早指しトーナメント『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』について、書かせていただきました。
 
6/17(日)午後8時は、AbemaTVを見るぞ〜♪
 
[fontsize size=”1″]※アイキャッチ画像の出典:pixabay[/fontsize]