2021年9月末終了予定でサイト改編しています。お見苦しい点が多々ありますがご容赦ください。

マツコの知らない世界〜絶品「プロのゆで卵レシピ」はこれだぁ!!

<スポンサーリンク>

 
2019年6月11日放送の『マツコの知らない世界』で、

これまでに55,000個以上のゆで卵を食べた男・小林真作さん(44)が登場。

マツコに絶品ゆで卵を披露しました♪
 
_/_/

冒頭から飛ばしますが(笑)、TBS公式動画をどうぞ。

目次

小林真作さんは…

※センターの方が小林真作さんです。


今回登場の小林真作さん(44)。なんと、15年間、毎日10個以上の卵を食べ続けてきました。
 
ちなみに、小林さんは鶏卵卸業の三代目。

鶏卵卸業というのは、養鶏場に「こういう卵を作ってください」と依頼して、それをスーパーやレストランに卸す業者です。
 
そんな小林さん、実家が鶏卵卸業なのに、卵はあまり好きじゃなかったとか。

でも一念発起!?
 
毎日毎日、信じられないくらい、たくさんの卵を食べてきたわけです。
 
まず「15年間、毎日10個以上の卵を食べてきた」と聞いて思うのは「身体に悪くね?」ということ。

でも、元気な小林さんを見ると、「卵の食べ過ぎはダメ」というのはガセなのでしょうか…。
 
ネットで調べると…

  • 卵の食べ過ぎは危険!
  • 卵は何個食べても大丈夫!

このように真逆の主張があって、正直悩むところです。

これに関し、小林さんは…

  • 2015年、厚生労働省が、コレステロールの上限を撤廃。だからたくさん食べても大丈夫。

とりあえず、なるほどです。

ところで…
日本人一人当たりの鶏卵消費量は年間333個(2017年調査)。

これはメキシコについて世界第2位なんだそうです。

日本人、卵大好きなんですね♪♪

つまり、卵は日本人に欠かせない国民食なんです。

となると…
卵大好き日本人がみんな卵を美味しく食べているかというと、

どうも、そうではないみたい。

そこで小林さんが登場して、マツコさんに美味しい卵を提供します。

すると…

マツコさん、番組のなかで、マツコさん、

食べる、食べる、とにかく卵を食べる♪

小林真作さん直伝、失敗しない最強美味しいゆで卵

番組のなかで、「失敗しなくて美味しい最強のゆで卵の作り方」の紹介がありました。
 
小林真作さん曰く、一番美味しい卵の食べ方は「ゆで卵」なんだそうです。そこで…
 
要するに、自宅で簡単に「プロのゆで卵」を作る技です!
 
茹で方ひとつで、スーパーで買った卵も美味しく食べられる♪

_/_/

その前に…
 
レシピに入る前に、ゆで卵、半熟派と固ゆで派の割合は、

半熟派が54.9%、固ゆで派が39.8%なんだそうです。

100%に満たない残りは食べない(笑)。
 
小林さんによると、卵によって、半熟が美味しい卵と、固ゆでが美味しい卵があるのだそうです。

そんなこと考えたこともないですよね、フツー。 

固ゆで卵で食べて欲しい究極の卵は…

「ニワトリさくらの三日たまご」(愛知県)
1パック10個、税込み252円。


※「ニワトリさくらの三日たまご」公式ホームページ
  ↓ ↓ ↓ ↓
  こちらからどうぞ。
 
_/_/

わずか4%ほどしかいない純国産鶏、さくらが産んだ卵です。

香りがしっかりしていて、少し黄身の割合が11%ほど多い。
 
マツコいわく
「白身がかまぼこ食べてるみたいにプリプリしていて美味しい」んだとか。
 
それから小林さんがいうには、
ゆで卵を丸ごと1つ食べるときは、お尻のほう(とんがったの逆側)から食べると美味しいとのこと!
 
最初に輪切りにしたゆで卵を食べ、次に丸ごとひとつの卵を食べたマツコさん。
 
「やっぱり、丸ごとのほうが美味しいわ」とのこと。

半熟卵で食べて欲しい究極の卵は…

「吉実園 アローカナの卵」(南米チリ産)
1パック10個、税込み700円。

アローカナは、南米チリ産の鶏で、1年間で産卵する卵の数は、普通の卵の約半分。
 
半熟のアローカナ卵を食べたマツコさん、一言「美味しい、濃厚!」。

失敗しない最強美味しいゆで卵の作り方

さて、お待たせしました。 

自宅で簡単に「プロが作る最強美味しいゆで卵」の技紹介です。

その作り方、大事なポイントが3つあります。

  • ゆでる前に。お尻のほうに針で「ひと穴」あけ、ガスを抜く。これにより殻が剝きやすくなり、白身がなめらかな口当たりになる。
  • 鍋に入れるお湯は少しでいい。お湯の高さは18mm。沸騰してから卵を入れる。卵を入れたら、最初の90秒、鍋のなかでゆっくり卵を回すと、黄身と白身のバランスが美しくなる。90秒回したら、蓋をして、【通算】6分30秒(つまり、残り5分)になるまで加熱。
  • 【通算】6分30秒経ったら、10秒以内に、氷水で冷やす。時間は、正確に計ること!

なお、半熟でなく、ちょっとしっとりくらいの場合は、トータル8分30秒です。

そして、本格的な固ゆでの場合は、ベストは10分

以上が、プロ並みな美味しいゆで卵の作り方です。

失敗しない卵の選び方

実は、卵の選び方でも、出来映えが変わってくるそうです。

失敗しない卵の選び方は…

  • 新鮮な卵を使うのはNG。
  • 冷蔵庫で冷えている卵はNG。常温に戻す!
  • 白身と黄身の割合を考えると、サイズはMがベスト

さらに一手間を加えると…

さらに、一手間加えるだけで、味と香りが激変する小林さんお薦めの裏技があります。

白身に香り付けすることでフツーの卵が美味しい「フレーバーゆで卵」に変身します。

やり方ですが、例えば、タッパに紅茶を敷いてそこに卵を入れ、香り付けする。

紅茶の代わりに、鰹節や、山椒、キムチなども美味しいそうです。

実は、3日以内の新鮮な卵は、卵の中の炭酸ガスを出す際に、殻にあいた無数の穴から廻りの匂いを吸収する性質があるそうです。

以上、誰にでも簡単にできそうですね。

_/_/

サイト管理人「たもつ」も、これを書き終えたら、作ってみますね♪


【追加情報】

まとめ

マツコの知らない世界・ゆで卵
画像出典:Canva Proで自作

今回は、「マツコの知らない世界」で紹介された絶品ゆで卵の世界について紹介させていただきました。
 
この記事でも紹介した「失敗しなくて美味しい最強のゆで卵の作り方」は、やってみる価値「大」です。

ポイントはコレ。

  • ゆでる前に。お尻のほうに針で「ひと穴」あけ、ガスを抜く。これにより殻が剝きやすくなり、白身がなめらかな口当たりになる。
  • 鍋に入れるお湯は少しでいい。お湯の高さは18mm。沸騰してから卵を入れる。卵を入れたら、最初の90秒、鍋のなかでゆっくり卵を回すと、黄身と白身のバランスが美しくなる。90秒回したら、蓋をして、【通算】6分30秒(つまり、残り5分)になるまで加熱。
  • 【通算】6分30秒経ったら、10秒以内に、氷水で冷やす。時間は、正確に計ること!

是非、試してみてくださいね♪♪

追記〜絶品ゆで卵レシピを実践してみました

ここの書いた絶品ゆで卵レシピを実践しました。併せて、フツーにつくったゆで卵と食べ比べもしてみました。
 
実践レポートは、こちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓
絶品ゆで卵レシピ実践レポート

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画やドラマが大好きです。動画配信サービスを毎日フル活用しています。そんな体験をベースに、ひとりでも多くの方に素敵な動画ライフを楽しんでいただけるような情報を提供できればと考えています。

目次
閉じる