「大相撲・宇良」の記事、移動しました!

台風19号でわかったハザードマップの重要性〜事前の確認と避難の計画!

ハザードマップ

 
 
今回、日本各地に甚大な被害を与えた台風19号。その被害状況などの検証が毎日、各テレビ情報番組で行われています。
 
それらのなかで、ここ数日、フィーチャーされているのが「ハザードマップ」です。
 
河川洪水危険箇所などハザードマップの正確性が高いこと、すなわち「ハザードマップは使える」との報道が繰り返されています。
 
 この記事では、ハザードマップについて、サイト管理人「たもつ」が体験したことなどを含め、その重要性についてまとめてみました。  
 
 

ハザードマップに種類があることを初めて知った!?

 
今回の台風報道で「ハザードマップ」にいろいろ種類があることを初めて知りました。
 
サイト管理人「たもつ」(以下、「私」と記す)の手元には町から配布された「ハザードマップ」があります。
 
台風19号を迎えるにあたって、じっくりガン見。改めて、住んでいるところの危険性を認識しました。
 
この「ハザードマップ」は「土砂災害ハザードマップ」。住んでいるところは、至る所に土砂災害警戒区域があります。
 
ここに住む私たちにとって「ハザードマップ」と言えば「土砂災害ハザードマップ」なのですが、台風19号を迎える直前、「ハザードマップ」をガン見することで、この「ハザードマップ」が「土砂災害だけのハザードマップ」であることを知ったのです。
 
そして、このとき事前のガン見で、次のように理解しました。
 
「そうか、土砂災害ハザードマップ」があって、「洪水ハザードマップ」がないということは、洪水という観点からは、ここは安全なんだなと…。
 
そして、台風19号来襲。
 
近所の一級河川が数カ所で越水。床上被害も出ました。
 
私は台風一過、急遽、町のホームページで洪水ハザードマップがあることを発見し、確認。しかし、そこにウォーニング箇所はありません。
 
結果から見れば、町を流れる河川が多いことを考慮すると、洪水ハザードマップの重要性があったわけですが、そこには警戒の情報はなく、今回は活かされなかった。
 
それに対し、行政に文句をいうつもりはありません。「土砂災害ハザードマップ」以外の充実を図っていただきたいと思うだけです。
 
 
とにもかくにも、今回の台風19号で、ハザードマップにたくさんの種類があることを初めて知りました。
 
逆にいうと、私自身、地元の災害危険性を甘く見ていたし、正確に認識しようとしてこなかったということです。反省。


ちなみに、「ハザードマップ」には次のような種類があります。
 
  1. 河川浸水洪水ハザードマップ
  2. 土砂災害ハザードマップ
  3. 地震災害ハザードマップ
  4. 火山防災ハザードマップ
  5. 津波浸水・高潮ハザードマップ
  6. 避難経路・避難場所、防災機関等を記した防災マップ
 
私の手元にあるものは正確にいうと「防災マップ」で、大きさは新聞紙見開き大。表裏に情報を記しています。
 
情報としては、前記の②、③、⑥が記されています。
 
避難場所等の一覧と地図上での場所記載は便利です。
 
 

ハザードマップで私たちがすべきこと

 
今回の台風19号を契機に、私たちはハザードマップを見直す必要があります。
 
ハザードマップについては、次の項目を確認し、家族で情報共有することが大切です。
 

  • 住んでいる地域で作成されているハザードマップの存在自体を確認する。
  • ハザードマップを使って、住んでいる地域の防災上の危険性を正しく認識する。
  • ハザードマップを使って、いざというときの避難場所と避難経路を計画し、家族で共有する。
 
とくに③については、避難の時機を逸しないように、避難のタイミングについても家族で話し合い共有すべきでしょう。
 
ところで、前述したように私が住んでいる地域で、予想されていなかった河川越水による床上浸水被害が発生。
 
昔から地元に住んでいる人の話では、ここ50年くらい越水による床上浸水被害は記憶にないとのこと。
 
でも、過去にないことが起きてしまったわけです。他地域と比較すると越水による洪水被害はなかった地域でも、洪水が起こりうるわけです。
 
今後は、行政が作成しているハザードマップ以外の危険性にも注意を向ける必要があるということも分かりました。
 
 

国交省のハザードマップポータルサイト

 
国交省がハザードマップポータルサイトを開設しています。
 
これを活用すると、土砂災害マップ、洪水マップなど、複数のマップを重ね合わせて表示することができます。
 
災害時に予測される「より正確な危険性」を把握することができるわけです。
 
ただし、使い方にはそれなりにクセがあるので、いざというときではなく、「いま」使い方を憶えておいたほうがいいでしょう。
 
 
ちなみに、私が住んでいるところを国交省ハザードマップポータルサイトで表示すると「土砂災害のウォーニング箇所」は表示されますが、「洪水のウォーニング箇所」は出ません。
 
でも被害が出たというのが実情です。
 
早々に洪水ハザードマップが更新されることを望みます。


しつこいですが…
国交省のハザードマップなどもつかって、「いざというとき」に備えましょう。
 
  • 住んでいる地域の危険性を把握する。
  • 避難場所と避難経路と避難のタイミングを計画する。
 
この2つが重要です。
 
 

まとめ

 
ハザードマップ
 
 
 今回の台風19号で、私たちは「ハザードマップ」の重要性を知りました。そして、いざというときのために「ハザードマップ」を活用すべきだということも知りました。  
 
まず私たちに出来ること、すべきことは、住んでいる地域のハザードマップの確認です。
 
たいがいは、事前に住民に配布されているハズですが、なければ市役所や町役場に行けば、もらえるハズです。
 
また、市役所や町役場のホームページにもハザードマップは掲載されています。
 
前述した国交省のハザードマップポータルサイトなどの活用もしてみましょう。
 

error: Content is protected !!