いま、WOWOドラマがマジ面白い!

河津博史弁護士(沢尻エリカ担当)のヤバイ経歴、画像、学歴、担当事案!?

河津博史弁護士

<スポンサーリンク>

 
 
11/16にMDMA所持で逮捕された沢尻エリカ容疑者。直近の情報によると「尿検査はシロであることが判明」。併せて、無罪請負人として有名な河津博史(かわつひろし)弁護士が担当することが判りました。
 
 この記事では、河津博史弁護士のヤバイほどスゴイ経歴・学歴・担当事案などについて調べてみました。  
 

12/6注記
 
12/6、沢尻エリカ容疑者は起訴されるところとなり、即日、500万円の保釈金を納付して、同日夜に保釈されました。保釈時には、記者の前には姿を洗わず、そのまま、薬と断つために病院に向かったとのことです。
 
このような素早い保釈の対応は、河津弁護士の準備の良さが故でしょう。
 
なお、本サイトでは、次の「沢尻エリカ出演作品」を紹介しています。本記事と併せてご覧ください。
 
映画『億男』動画を無料視聴する〜沢尻エリカ出演〜デイリーモーションではどうよ? オトシモノ 映画『オトシモノ』動画を無料視聴する〜沢尻エリカ主演〜デイリーモーションではどうよ? SHINOBI 映画『SHINOBI』動画を無料視聴する〜沢尻エリカ出演〜デイリーモーションではどうよ? 手紙 映画『手紙』動画を無料視聴する〜山田孝之&沢尻エリカW主演〜デイリーモーションではどうよ? 大奥 2016 沢尻エリカ主演ドラマ『大奥 2016年版』動画を無料視聴〜デイリーモーションとパンドラもチェック! 不能犯 映画『不能犯』動画を無料視聴する方法〜デイリーモーションやパンドラは? ヘルタースケルター 映画『ヘルタースケルター』動画を無料で見る方法〜沢尻逮捕で視聴が終了!? パッチギ! 映画『パッチギ!』動画を無料で見る方法〜沢尻逮捕・起訴の今だからこそお薦め!? 新宿スワン 映画『新宿スワン』動画を無料視聴する〜沢尻エリカ出演〜デイリーモーションではどうよ? クローズド・ノート 映画『クローズド・ノート』動画を無料視聴する〜沢尻エリカ出演〜デイリーモーションではどうよ?  
 

河津博史弁護士とは…

 
ゴーンの弁護人
 
 
これはカルロス・ゴーン被告の弁護人が変わったときの記者会見の報道写真(テレビ画像)。向かって右側が河津博史弁護士です。ちなみに、左側は、これまた無罪請負人として名高い弘中惇一郎弁護士です。
 
【河津博史弁護士の主な経歴】
 

  • 1995年、早稲田大学法学部卒業
  • 1999年、司法研修所終了、弁護士登録、第二東京弁護士会入会
  • 2003年、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員(2004年まで)
  • 2004年、日本弁護士連合会司法改革調査室嘱託(2014年まで)
  • 2006年、法制審議会幹事(2007年まで)
  • 2007年、最高裁判所刑事規則制定紫門委員会幹事(2016年まで)
  • 2007年、早稲田大学大学院法務研究科非常勤講師(2018年まで)
  • 2008年、日本弁護士連合会法改革調査室室長(2014年まで)
  • 2016年、日本弁護士連合会司法調査室副室長(2018年まで)
  • 2016年、青山学院大学法務研究科特任教授
  • 2016年、最高裁判所刑事規則制定紫門委員会委員(2018年まで)
  • 2018年、日本弁護士連合会刑事調査室室長
※引用元:霞ヶ関総合法律事務所サイト
 
素人には、難しい言葉が羅列されて「何だかわかんない!」となりますが、それでも、河津博史弁護士なんだかスゴイね…ということは感じます。
 
 
河津博史(かわつひろし)さんは、wikiが立っていないので詳細は分からないのですが、年齢は46歳前後と言われています。これ早稲田大学卒業年時からの推定ですね。
 
所属している事務所は、さきほど引用元で示したように、霞ヶ関総合法律事務所です。
 
主な肩書きは、さきほども示しましたが、第二東京弁護士会会員(つまり弁護士)、青山学院大学法務研究科特任教授、そして、日本弁護士連合会刑事調査室室長。
 
著書も多数。

 
この本なども含め、30冊を出版しているそうです。
 
スゴイ、凄すぎる!
 
 

河津博史氏が無罪請負人と言われるのは…

 
河津博史弁護士は「無罪請負人」と言われています。それはこういう理由です。
 
大きく報じられているのはこの2つです。
 

  1. 2009年、郵便不正事件で厚生労働省の元事務次官・村木厚子氏の無罪を勝ち取る。
  2. 日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の主任弁護士を務める。
 
①については、同じく無罪請負人と言われる弘中惇一郎弁護士とともに、村木厚子氏の無罪を勝ち取り、冤罪を晴らせたわけです。
 
②番については、まだ結果が出ていませんが、世間を賑わした大事件(?)の無罪請負で弁護士を務めているわけです。
 
この無罪請負人・河津博史氏が担当弁護をするので、「尿検査シロ」となった沢尻エリカ容疑者が不起訴となるのか、起訴されても無罪となるのか、今、世間が大注目しているわけです。
 
 

河津弁護士が沢尻エリカ容疑者に就いたことに対し、世間は…

 

<スポンサーリンク>


 
 

元検事、若狭勝弁護士の意見は…

 
11/21放送の『とくダネ!』(フジテレビ系列)で、若狭弁護士は「8割〜9割は起訴されると思う」と発言されていました。
 
若狭勝氏は、元衆議院議員で、元検事の弁護士。東京地検特捜部副部長、公安部長などを歴任した方で、クスリ関係事案も扱った経験豊富な方。
 
 沢尻エリカ事案の場合、罪は所有ではなく所持にあるので、使用が立証できなくても起訴できるだろうとのことです。  
 
 

まとめ

 
河津博史弁護士
 
 
沢尻エリカ容疑者の尿検査がシロということが判り、世間の興味は、彼女が起訴されるのか、不起訴となって釈放されるのか、起訴された場合、有罪となるのか、無罪となるのか。無罪の場合、執行猶予がつくのか…ということに移りつつあります。
 
そんななか、沢尻エリカ容疑者に無罪請負人と言われている河津博史弁護士が就いたので、ますます、今後の沢尻エリカ容疑者がどうなるか注目されつつあります。
 
以上のような展開になってきたので、河津博史弁護士について、いくつか調べてまとめてみました。なかなかスゴイ方のようです。
 
さて…
沢尻エリカ容疑者の件については、彼女が不起訴釈放となった場合、NHK大河はどうなるのかなどなど、まだ興味が尽きません。
 
つまり、河津博史弁護士の活躍にも目が離せないということなのです!
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!