「大相撲・宇良」の記事、移動しました!

ジェジュン「新コロナ感染した」の嘘投稿、かの国らしさ爆発の行為なのか!?

かの国は嘘つき?

 
 
どの国でも著名な芸能人は、自らの言動に責任を持つべきなことは当たり前です。逆にいうと、そういうことが出来ない芸能人は著名になれない、だから、著名な芸能人は「バカではない」と言えるのかもしれません。
 
 かの国で、著名な若手芸能人ジェジュンがインスタで「僕は新型コロナに感染しました」と投稿。それが「嘘」だったことが判明。彼に非難が集中しています。  
 
これを「ジェジュンが嘘つき体質だから」と考えるべきか、それとも、「ジェジュンが育ったかの国の環境故と考えるべきか」…微妙な感じがしています。
 
 

ジェジュンの投稿、修正前と修正後

 
かの国と日本で活躍する若手歌手ジェジュンが、4月1日、インスタで「僕は新型コロナウイルスに感染」と投稿。
 
しかし、世間がジェジュンの感染に驚き、どういう経緯があったのかは不明ですが、その投稿文章が全面的に書きかえられていました。
 

修正前のインスタ投稿


僕はコロナ19号ウイルス(韓国で一般的な新型コロナウイルスの名称)に感染しました。政府から、周囲から注意されていたすべてを無視したまま生活した、僕の不注意でした。
 
個人の行動が社会全体に与える影響がどれほど大きいのか…僕のせいで感染してしまった方々には、ただひたすら申し訳ないです。
 
僕は違うだろうという気持ちで過ごしてきた、馬鹿みたいな判断が今の僕を作ってしまいました。ある病院に入院しています。たくさんの過去を振り返りながら、感謝の気持ちと申し訳ない気持ちが渦巻いています。
 
話したいことがたくさんあります…
 
会いたい人が多すぎます…
 
※出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18055209/

 
この修正前の投稿時間は不明ですが、同日である4月1日16時時点では次のように全面書きかえされています。
 
修正後のインスタ投稿


周りの愛する人。自分の大切な誰かがウイルスに感染した?
 
あまりにも胸が痛い出来事です。
 
にも関わらず、他人ごと…
 
「自分は違うだろう」と、無防備な状態で街を歩き回って生活するたくさんの人たちのせいで、自分の家族や知人が傷つくのではないかと、心配する気持ち。
 
自分と周りは安全だろうという錯覚が、自分と周りのすべてを傷つけるかもしれません。
 
現在は僕の近しい知人、関係者の中にもウイルスの感染者が増えてきています。絶対に遠い話ではないです。
 
不注意による悲しい予感が現実になったとき、そのときは涙を流して終わることではないと思います。
 
現時点の警戒心…心に刻んで刻みましょう。
 
エイプリルフールの冗談としては行き過ぎではありますが、短い間にたくさんの人が心配してくれました。
 
この文章は、決してエイプリルフールの冗談だと思いません。
 
自分の家族が、自分の仲間が傷ついて…死んでゆきます…絶対に! 他人事ではありません。僕自分を守ることが、大切な人たちを守るんだということを伝えたかったのです。
 
この文章によって受けるすべての処罰は甘んじて受け入れます。
 
皆が健康であるよう祈っています。
 
※出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18055209/

 
投稿でも自ら描いていますが、最初の「僕は新コロナウイルスに感染しました」は、
 
エイプリルフールの冗談だった
 
と認めています。
 
善意の嘘…ということでしょうか。そんな風にいまさら取り繕ってもね。おひおひ…です。
 
 

ジェジュンとは?

 
ジェジュンって誰???という方のために、一応(いやいやながら)書きます。
 

  • ジェジュン (JeJung, JaeJoong)
  • 1986年1月26日生まれ(34歳)
  • かの国・×ウル出身
  • 慶煕サイバー大学校 情報通信学科卒業
  • 2003年から芸能活動スタート
  • 歌手、作詞・作曲・編曲家、俳優など
  • 所属事務所:C-JES(かの国)、JB’s(日本)
 
34歳にして、修正前のような投稿をするって、やっぱりジェジュンって「バカ」なのでしょうか。それとも根っからの嘘つきなのでしょうか。
 
断定するのは難しいですが、やはり「バカで、嘘つきで、かの国の体質をとっぷり受け付いている」のかもしれません。
 
日本国民からすると「(かの国)らしい」という感じがしますね。
 
 

ジェジュンの投稿に対する、かの国の飯能

 
かの国には「国民請願」という制度があります。国のトップ機関(政府機関)が開設しているサイトに一定数の誓願が揃うと、国のトップがそれに回答しなければならない…というものです。
 
今回のジェジュンの「僕は新型コロナに感染しました」インスタ投稿騒動については、彼に処罰を求める国民誓願まで登場しているといいます。
 
つまり、度を超したエイプリールフール発言(投稿)を許さないという向きがあるということです。
 
感情的になることで有名なかの国の人たち。ジェジュンに処罰という鉄槌を下すのでしょうか。


次のスポーツソウルの記事が、今回のジェジュンのおバカさをよく指摘しているのではないでしょうか。
 


多くの人が生死をさまよい、すべての人々の日常が失われたまま、終わりの見えない厳しい戦いが続いている昨今だ。そんななかで警戒心を刻むべきという警鐘の意味があったにせよ、あまりに短絡的に書き込んだSNSの文章は、新型コロナで痛みを経験している人には大きな傷になる。大衆もファンも失望感を隠せなかった。
 
※引用元:https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=11019


ジェジュンについてのツイートもいくつかピックアップしてみますね。
 

驚きですね。「ジェジュン」で検索したのは、ジェジュンを擁護するツイートばかり。おひおひ、どうなってるの?
 
 

かの国の嘘つき体質?

 
かの国の大学教授ら6人が書いた、とある本。かの国出版ではすぐに10万部を超えるベストセラーになり、翻訳版が日本で発売されると、瞬く間に30万部を超えるベストセラーになりました。
 
そのプロローグの冒頭が凄いんです。かの国の大学教授が、自分の国に書いていることです。プロローグの項目タイトルだけを載せますね。
 

  • プロローグ 嘘の国
    • 嘘をつく国民
    • 嘘をつく政治
    • 嘘つきの学問
    • 嘘の裁判
    • ○○種族主義
 
この本、かの国にありがちが感情論をベースとした著述ではありません。実証主義的にデータに基づき、かの国に蔓延している嘘を指摘している本です。
 
で、ジェジュンのインスタ投稿を強く批判する向きはありますが、それが「かの国の体質」に寄るものと証明できるものはありません。
 
ジェジュンの言動を、かの国の体質と結びつけるのは短絡過ぎると言えるでしょう。
 
 

まとめ

 
日本でも活躍している、かの国の芸能人ジェジュンが、4月1日、インスタで度を超えた嘘発言をしたことが話題になっています。
 
かの国に育ったのだから、国の体質による…との発言も散見されますが、「それはない」と思います。
 
単に、世間知らずのおバカということなのではないでしょうか。
 

error: Content is protected !!