5/11から約2週間リニューアルします!

濱田美栄コーチ〜フィギア界の名コーチ or 女帝?〜経歴、指導選手、裁判…

濱田美栄

<スポンサーリンク>

 
 
織田信成(32)元関西大学アイススケート部監督が、濱田美栄(60)さんを、モラハラで提訴しました。
 
アイススケートの世界では、多数の一流選手を育てた濱田美栄は有名な方。しかし、アイススケートを知らない方(私も含め!)には「誰?」という状態でしょう。
 
そこで、この記事では…
 濱田美栄コーチについて、経歴などを調べてみました。  
 
 

概略プロフィール

 
濱田美栄
 
 

概略プロフィール
生 誕:1959年10月29日(60歳)
出 身:京都府京都市
学 歴:同志社大学卒
結 婚:既婚(娘1人)
現 役:フィギアスケートは大学卒業時に引退
現 在:コーチ業(プロコーチ)
 
 

濱田美栄コーチが育てた主な選手たち

 

濱田美栄コーチが育てた主な選手
 

<スポンサーリンク>
  • 宮原知子-現在指導中
    • 2015年、GPファイナル2位
    • 2015年、世界選手権2位
    • 2016年、四大陸選手権優勝
    • 2018年、平昌オリンピック4位
  • 紀平梨花-現在指導中
    • 2018年、GPファイナル優勝
    • 2019年、四大陸選手権優勝
  • 白岩優奈-現在指導中
    • 2015年、JGPコロラドスプリングス優勝
    • 2015年、JGPログローニョ優勝
  • その他
    • ユ・ヨン、太田由希奈(2004年四大陸選手権優勝)、神崎範之、澤田亜紀、北村明子、金彩華、村元小月、村元哉中、木原万莉子、加藤利緒菜、本田真凜
 
濱田コーチが指導してきたこれらのリストを見ると、濱田コーチが才能に溢れたコーチであることは間違いないことです。
 
恐らく「ウチの子も見てください」と引く手あまたなコーチなんだと推測します。
 
スポーツライターの小林氏が濱田コーチのことを「熱血漢」と表現していました。指導を請け負ったら全身全霊で指導するタイプのコーチなのかもしれません。
 
 

モラハラで提訴される!?

 
織田信成さんは、濱田美栄さんをモラハラで提訴しました。
 

モラハラとは...
モラハラ(モラルハラスメント)は、「セクシャルハラスメント、パワーハラスメントに並ぶ、精神的ないじめ・嫌がらせ・暴力行為の1種」です。
 
職場での嫌がらせ行為や学校のいじめだけでなく、家庭内(夫婦間・親子間・嫁姑間)や恋人同士での間柄にも当てはまる場合があり、ドメスティックバイオレンス(=家庭内暴力)の事例としても成立します。
 
殴る蹴るなどの暴力を用いることなく、言葉や態度などで精神的に相手を追い込んだり、不安に陥れたりすることで追い込みます。さらに、無視する、周囲に悪い噂を流す、過去の失敗談を蒸し返し笑いものにする、孤立させる、長時間に渡って説教する、趣味や嗜好、態度や言葉遣いなど些細な事にも難癖をつけて怒鳴る、など、多種多様な場合が考えられます。
 
モラハラで提訴した場合は、原告側がこれを立証するのは簡単なことではありません。
 
今回の件では、本来は、関西大学側が仲裁に動くべきだったのかもしれませんが、報道で流れている情報によると、関西大学は、本件(織田信成さんが主張するモラハラ問題)を解決するに熱心ではないようです。
 
そもそも関西大学は、同大スケート部の監督として織田信成さんを招聘した目的は何だったのか…それが不明ですが、調整として動かない大学が一番不思議です。
 
 

まとめ

 
濱田美栄
 
 
濱田美栄さんは現役では抜きんでる選手ではなかったですが、コーチとしては指導力を発揮、たくさんの優秀な選手を育ててきました。その数を見ると、濱田美栄さんの指導方法・ノウハウは素晴らしいものがあるのだと思います。
 
一方、織田信成さんが濱田コーチをモラハラで提訴した件については、関西大学との関わりなども不明な点が多く、どちらがいいのか悪いのかの判断は、当たり前ですが下すことができません。
 
フィギアシーズン真っ最中になった今、提訴するか…と織田信成さんを批判する向きもありますが、それもいいのか悪いのかは判断できません。
 
いずれにしても、関西大学の曖昧な態度は、問題をより複雑にするだけかもしれません。つまり、関西大学の動きと態度で、本件の展開は大きく変わるのかもしれません。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!