ボランティア尾畠氏(行方不明2歳男児発見)の活動資金は年金!?

尾畠春夫さん


<スポンサーリンク>

 
3日間行方不明だった山口県周防大島町の藤本理稀(よしき)ちゃんが発見されたことは、日本中の安堵&喜びとなりました。
 
そして活動早々に理稀(よしき)ちゃんを発見したスーパーボランティア尾畠(おばた)春夫さん(78)が注目されています!

藤本理稀(よしき)ちゃんが発見

 
12日午前中から行方不明になった藤本理稀(よしき)ちゃん。祖父が少しだけ目を離したスキに姿が消えてしまいました。
 
警察や住民総出での捜索にも関わらず3日間発見できず。
 
そこに「スーパーボランティア」と呼ばれている尾畠春夫さんが参加。「子供は山の上のほうに向かう習性がある」とこれまでの経験から山の上に向かって捜索を開始。そして見事に理稀(よしき)ちゃんを発見したのです。
 
なお、理稀(よしき)ちゃん発見については、こちらの記事もどうぞ。

<スポンサーリンク>


スーパーボランティア尾畠春夫さん

 
独特のキャラが匂い立つスーパーボランティア尾畠春夫さん。元々は魚屋で、仕事を辞めたあとはボランティア活動に傾注。
 
78歳の御年とは思えないくらい日々、ボランティア活動で日本各地をまわっています。
 
そして、尾畠さんについてさらなる驚きの情報も。
 
それは藤本理稀(よしき)ちゃんの祖父が「(尾畠さんに)お風呂に入っていってください、(雨が降っているので)傘を持っていってください」ということをことごとくお断りする潔い尾畠さんの映像が流れたことです。
 
3日間行方不明の藤本理稀(よしき)ちゃんを発見したという大役を果たした後、それに対し、少しの対価も受けないという一貫した姿勢に、日本中が驚いたのではないでしょうか。
 
さらに驚くことは、スーパーボランティア尾畠春夫さんの活動資金は年金だということです。
 
失礼な書き方かもしれませんが、魚屋さんを営んでいた尾畠春夫さんは恐らく国民年金。公務員たちと比べると少ない年金額ではないでしょうか。
 
その年金の大半をボランティアにつぎ込んでいるのでしょう。ただただ、頭が下がるばかりです。
 

<スポンサーリンク>

まとめ〜スーパーボランティア尾畠さん素敵過ぎる!

 
対価、見返りを求めない一貫した精神・姿勢こそ、尾畠さんが「スーパーボランティア」と言われる所以なのでしょうか。
 
また東日本大震災のときには1年を超える期間、現地でボランティアをしていたと伝わっています。
 
繰り返しますが、もうただただ頭が下がるばかりです。
 
※アイキャッチ画像の出典:Yahoo!ニュースから