みやぞんのトライアスロン挑戦(24時間テレビ)の炎上は日テレの思うツボ!?

みやぞん


<スポンサーリンク>

 
8月25日・26日に行われる「24時間テレビ」(日本テレビ系列)でANZEN漫才みやぞんがトライアスロンに挑戦します。
 
しかし、そのトライアスロン内容が明らかになったことで、各所から批判の嵐が…。その意味を調べてみました。
 
みやぞんのトライアスロン挑戦については、こちらの記事もどうぞ♪

24時間テレビのチャリティーマラソンにみやぞんの経緯!?

 
ANZEN漫才みやぞんが、日本テレビ24時間チャリティマラソンランナーとなることは6月3日の新聞報道で明らかになりました。
 
さらに同日放送の『世界の果てまでイッテQ』で、正式にみやぞんのチャリティマラソンランナー内定が発表になりました。
 
2017年のチャリティマラソンでは、ブルゾンちえみが快走。同年正月にお笑い番組『ぐるナイ!おもしろ荘』で優勝をし人気に火が付いたブルゾンちえみはその人気の快走そのままに、チャリティマラソンを難なくこなしました。
 
学生時代長距離をやっていたというブルゾンちえみ。近年まれに見る快走劇に驚いた視聴者も多かったのではないでしょうか。
 
そして2017年のブルゾンちえみの快走が2018年の徒(あだ)となったのかもしれません。ブルゾンちえみを上回る「距離と快走」を見せなければ視聴者は納得しないからです。
 
そこで白羽の矢を立てられたのがANZEN漫才のみやぞんです。みやぞんは学生時代野球を経験し、その天才肌な体力(?)とブルゾンちえみを上回る急激な人気上昇に日本テレビが賭けたのです。
 
で、問題はブルゾンちえみが快走した「90km」を上回る刺激をどう構成するか。
 
そこで考えられたのが水泳+自転車+マラソンで構成されるトライアスロンです。しかもみやぞんは水泳が大の不得意ということで、その水泳をどう乗り切るかという「美味しすぎる課題」をひとつの目玉として取り入れることにしたわけです。
 

みやぞん挑戦のトライアスロン内容が明らかになった!

 
みやぞんが挑戦するトライアスロンの内容が次第に明らかになりました。
 

  • スイム(水 泳)   1.55キロ
  • バイク(自転車)  60.00キロ
  • ラン(マラソン) 100.00キロ
  •    計     161.55キロ
 
この3種目合計161.55キロがみやぞんの挑戦内容です。

<スポンサーリンク>


一般的なトライアスロンレースはどういうもの!?

 
ところで一般的なトライアスロンレースは「スタンダート」「ロング」「アイアンマン」の大きく3つの構成があります。
 

  • スタンダード・ディスタンス
    • スイム   1.5キロ
    • バイク  40.0キロ
    • ラ ン  10.0キロ
    •  計   50.5キロ
  • ロング・ディスタンス
    • スイム   4.0キロ
    • バイク 120.0キロ
    • ラ ン  30.0キロ
    •  計  154.0キロ
  • アイアンマン・ディスタンス
    • スイム   3.8  キロ
    • バイク 180.0  キロ
    • ラ ン  42.195キロ
    •  計  225.995キロ
 
ちなみに、2000年のシドニーオリンピックから正式種目となったトライアスロン。オリンピックでは、スタンダード・ディスタンスで行われます。
 
日本においては2009年の新潟国体から公開競技となり、2016年いわて国体から正式競技となりました。国体ではオリンピック・ディスタンス(スタンダード・ディスタンス)で行われています。
 
実は上に掲載したスタンダード(オリンピック)、ロング、アイアンマン以外にも国際ルールとしては8つの種類(構成規格)があります(Wikipedia参照)。

ところでトライアスロンの大きなルールとしては2つあります。
 
  • バイク(自転車)におけるドラフティング(スリップストリーム)の禁止
    • バイクにおいては、通常の自転車レースにある集団走行による他人を風よけに使う走行は、一般的には禁止されています。
    • 世界選手権やワールドカップ、オリンピックなどのエリートレースにおいてはドラフティングが解禁されているものがあります。
  • レース中、第三者の手を借りることは禁止
    • バイクトラブル(パンクやメカトラブル)は自分だけで対応しなければなりません。
    • UCI(国際自転車競技聯合)管轄外なので、携帯工具や修理機材を積める小改修バイクを使用することが多いのです。
 
以上で見てきたように、トライアスロンといっても、いろんな事情で様々なパターン構成があるわけで、これからももっと派生するかもしれません。
 

超人はどれくらいのタイムでアイアンマンをこなすのか!?

 
約226キロ(スイム3.8、バイク180、ラン42.2)で行われるアイアンマン・ディスタンス。
2017年には7時間40分23秒という世界記録更新があったとか。
 
このときの記録は…

  • スイム   3.8キロ 0:44:16
  • バイク 180.0キロ 4:06:56
  • ラ ン  42.2キロ 2:44:46
  •  計  260.0キロ 7:40:23
 
で、非公式アイアンマンレースでは、さらに短い7時間35分39秒という驚愕記録があるんだとか。

<スポンサーリンク>


みやぞんトライアスロンに対する賛否!?

 

 
以上のツイートは、「みやぞん トライアスロン」で検索した結果を一部ピックアップしました。
 
全体的には日本テレビに対する批判が多いですね。なかでも「テレビ局のパワハラでは?」という意見には、ちょっぴり同意します。
 
そんななか、さすがホリエモンですね〜。大勢とは真逆の意見をぶっこんで来ました。そんなホリエモン、スキです(笑)。
 

 
ホリエモンの指摘通りだとしたら、どうやって時間を延ばすかが日本テレビの腕のみせどころか(爆)。
 

<スポンサーリンク>

まとめ〜みやぞん、とにかく頑張って!

 
みやぞんのトライアスロン挑戦については、どちらかというと賛否の「否」が多いような感じです。
 
3種目の距離のアンバランスについて「トライアスロンの冒涜」という意見もありますが、多種多様に派生している現状を見る限り、「冒涜」というほど目くじらを立てるほどではないのでは。
 
また、日本テレビにしてみれば、2017年にブルゾンちえみが難なく90キロを完走してしまったので、今年はランでその上を行かざるをえない。そういうやむを得ない事情もあり、批判で炎上していることについては「期待通り!」と喜んでいるのではないでしょうか。
 
個人的には時間制限を考えると、うまい構成ではないかと考えています。
 
スイムとバイクは特段驚くほどの距離じゃないですね。
 
ただ、ランが大変そう。
 
あとは、酷暑とみやぞんの体調を見て、必要なときにいかにタイムリーに中止の判断を下せるか…ですね。
 
事故なく、みやぞんが時間内に完走することを願っています。
 
※アイキャッチ画像の出典:日本テレビtwitterから