伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

貴乃花親方引退について日本相撲協会の姿勢と世間の関心は…

相撲


<スポンサーリンク>

 
貴乃花親方の引退に対し、辞める宣言をしてもなお全面対決姿勢を崩さない日本相撲協会。
 
一方、そんな貴乃花引退劇に対して世間がどう考えているのか、一部の意見ではありますが、世間の声をお届けします。

日本相撲協会は全面対決姿勢崩さず

 
夕方から行われた貴乃花親方の引退会見に呼応するような形で、日本相撲協会は芝田山広報部長を通じ、貴乃花親方主張の全面否定のコメントを出しました。
 

  1. 貴乃花親方が主張する圧力の事実は一切ない。
  2. 一門に所属しない親方がやめなければならないという事実はない。
  3. 貴乃花親方から提出されたのは書類で受理していない。
 
まぁ、よく言えば、常に一貫しているということです。悪く言えば、日本相撲協会は心の狭い人たちの仲良しクラブだということです。
 
そして良くも悪うも、この人たちが大相撲界を今後も支え続けるということです。
 

<スポンサーリンク>


貴乃花引退劇について世間の声は…

 
とても限定的ではありますが、ツイッターから引退劇に対するツイートを拾ってみます。
 


ざっと12ツイートほど、ニュースの類い、もしくはサイトURLが張っているのを除いたものについて、取捨選択することなく検索結果の上から紹介させていただきました。なので、日本相撲協会に否定的な意見のみを紹介したわけではありません。
 
デーブ・スペクターさんのツイートがなかなかです。
 

<スポンサーリンク>

まとめ

 
今回の記事では、引退を発表し記者会見をした貴乃花親方に対し、一貫して対決姿勢を崩すことのない、ある意味、貴乃花親方と同じくらい意固地な日本相撲協会の姿勢を紹介させていただきました。
 
あわせて、今回の引退劇に関する世間の声の一部として、ツイッターのつぶやきを紹介させていただきました。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay