音楽で不安解消〜新コロナに負けるな!

クリス・リード(30)急死〜村元哉中とペアでアイスダンス平昌五輪出場

<スポンサーリンク>

アイスダンスのクリス・リードさん(30歳)が、15日にアメリカ・デトロイトで死去していたことが判りました。
 
クリス・リードさんは3度の冬季オリンピックに出場。直近の平昌オリンピックでは、日本の村元哉中(むらもとなか/27歳)さんとペアを組んで出場しました。
 
 

クリス・リードさん急逝の状況について

 
クリス・リードさんは、日本時間の15日午前0時20分、アメリカのデトロイトにて、心臓突然死により死去しました。30歳。
 


リードさん急死という件については、リードさんの妹、アリソン・リードさんが17日、インスタグラムを更新して、「兄・クリスが亡くなった」と伝え、海外メディアにも衝撃が広がりました。
 
リードさんは、姉キャッシーさんと共同ブログをやっています。そのブログを11日に更新しました。そこには、近々にキャッシーさんとともに来日する予定などが綴られていました。
 
みなさん おひさしぶりです 1がつのおわりにミシガンにもどってから日本にいくじゅんびをしてせんしゅうぼくのあぱーとのものとたくさんのたのしいエクササイズのもの日本におくったです!
 
これからキャシーといっしょに日本のアイスダンスをニューエイジにするあたらしいむずかしいジャーニーのはじまりです たのしみだよ!
 
でもこのコロナウィルスで日本にいくのがおくれます。はやくコロナウィルスがなくなってほしいな…みんなきをつけてね
 
クリスより

 
 

クリス・リードさんとは

 
【クリス・リードさんのパーソナルデータ】

生年月日:1989年7月7日
没年月日:2020年3月15日(30歳没)
出  生:アメリカ、ミシガン州
著名親族:キャッシー(姉)、アリソン(妹)
身長体重:185cm、78kg
 

オリンピック出場歴など

 
リードさんは父が米国人、母が日本人。姉のキャシーとペアを組んで2010年バンクーバー(17位)、2014年ソチ(21位)に出場。2018年の平昌(15位)では、日本の村元哉中(むらもとなか/27歳)さんとペアを組んで出場しました。
 
また、善意本フィギアスケート選手権を10回優勝しています。
 
その後、リードさんは2019年12月31日、競技引退を表明。2020年1月からは、姉のキャシーとともに、「関空アイスアリーナ」にて指導者として活動を開始していました。
 
前述のブログ内容は、その指導のために来日するよということだったのです。
 
 

クリス・リードさん早逝を痛む声

 
クリス・リードさんの早逝に、各所から痛む声があがっています。
 
村元哉中(むらもとなか)さん


突然の訃報に言葉を失っています。良い時も悪い時も氷上で共に同じ志を持ってスケートに打ち込んだ日々など、思い出は尽きません。今はただ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。ありがとう、クリス
※引用元:日刊スポーツ

 

<スポンサーリンク>


 
 

まとめ

 
アイスダンスのクリス・リードさんが突然死、30歳で急逝されました。
 
クリス・リードさんによって、日本でもアイスダンスファンが増えました。直近では、村元哉中(むらもとなか/27歳)さんとペアを組んで、平昌五輪に出場しました。
 
リードさんのご冥福をお祈りします。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!