『天気の子』公開、新海誠作品はFODで♪

無給医が多い大学はどこ?「雇用契約なし」は吉本興業だけじゃなかった〜日本のブラックな労働実態!

無給医調査 全国で2千人超え!?


<スポンサーリンク>

 
 
文部科学省が6月28日に驚く調査結果を発表をしました。
 
大学病院で診療をしていながら適切に給与が支払われていない医師・歯科医師が全国50の病院に2191人いたというものです。
 

 無給医とは!?
実際に現場で診療をしたにも関わらず、研究がメインの博士課程の大学院生や、学位をとるための研究は自己健さんのための診療というような名目で、大学が給与を支払っていないという実態が浮かび上がったのです。
 
 

無給医を多く抱えている大学はどこ!?

 
無給医を多く抱えている大学はどこかを調べてみました。


それらの大学病院は、今後、きちんと給与を支払うとなれば、経営が急激に悪化するかもしれません。その結果、診療体制に悪影響を及ぼさないとも限らないのです。
 
一方、大病院ならば、給与をきちんと払っても経営は盤石だろう…という考え方もありますが、そもそも無給で働かせるという体制に、患者としては危うさを感じてしまいます。
 
大学関係者には無給医の存在は常識だったのかもしれませんが、一般の私たちにとってはただただ驚きです。
 
彼ら無給医は、要するに「雇用契約なし」ということです。「雇用契約なし」といえば、いま話題のところ「吉本興業」が思い浮かびます。
 
「吉本興業の雇用契約なし」にも驚きましたが、医療の世界でも吉本興業があったということに、さらに驚くばかりです。
 
こういう風土って、日本独自なのでしょうか…。

以下、報道ベースの情報ですが、多くの無給医を抱えている大学病院(ワースト10)は次の通りです。
 
  1. 197人/順天堂大順天堂医院
  2. 146人/北海道大病院
  3. 132人/東京歯科大水道橋病院
  4. 123人/岩手医科大病院
  5. 119人/昭和大歯科病院
  6. 118人/愛知学院大歯学部病院
  7.  95人/杏林大病院
  8.  94人/東北大病院
  9.  94人/山口大病院
  10.  94人/大阪歯科大病院
 
なお、今回、調査したのは108大学で、その無給医の合計は2191人です。
 
実際には労働行為(診療行為)があったにも関わらず、無給だったという実態ですが、その大半が雇用契約がなく、労災保険にも未加入な状態でした。
 
文部科学省は調査を踏まえ、「各病院は遡及して給与を支払う対応を決めた」とありますが、どれだけしっかりそれが履行されるのでしょうか。
 
 
それ以上に心配なことは、無給医にきちんと正当な給与を支払うことで、当該病院の診療体制が悪化したり、あるいは経営が悪化したりしないか…ということです。
 
すべてそれらは患者である私たちにしわ寄せがきます。
 

<スポンサーリンク>



 

「無給医は無休医!?」〜調査に基づく、無給医の実態、その2

 
前記のように、今回の調査で明らかにさらた無給医の数は2191人。ただし、まだ調査報告のないところがあるそうで、この数値はもっと多くなることでしょう。
 
そして、さらに興味深いのは、この2191人の内訳です。
 
発表によると「合理的理由あり無給」が1440人、「合理的理由がない無給」が751人。
 
この「合理的理由があり無給」という視点そのものが問題ではないでしょうか。合理的理由のあるなしに関わらず、労働実態があったのならば、給与は支払われるべきです。
 
なお、「合理的理由があり無給」の場合、今後支給を指導していくようです。
 
一方、「合理的理由なく無給」の場合、最大2年遡って支給を指導していくとか。
 
しかし…
テレビ報道などによると、この調査が入った以降も、無給の状態が相変わらず続いているケースがあるようです。
 
さらに、これもテレビ報道によりますが、無給医は休めない(休みがない)という点で「無休医」という実態も抱えている場合があるようです。
 
 

旧態依然とした組織は、吉本興業だけではない!?

 
6000人を超えるお笑い芸人を抱える吉本興業。しかし、著名な芸能人を含め「吉本興業には契約書が存在しない」ということが、今回の闇営業問題で露呈されました。
 
6000人も人を抱えて、契約書が存在しない…とんでもない会社があるものだ…と思っていたら、それが医療の世界で行われていたということに驚きです。
 
これもテレビ報道による情報ですが、無給医たちは、そのままでは生活できないので、他の病院にアルバイトに出向いて、なんとか生活をしているそうです。ここの「無給医が無休医であることの理由」がありそうです。
 
結果、労働日数、労働時間が著しく多く、無給医の身体・健康状態も心配です。
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
無給医調査 全国で2千人超え!?
 
 
私たちの命を預ける医療の世界で、とんでもない労働実態、無給医(&無休医!?)が存在することが、今回の文部科学省の調査で明るみにでました。
 
このようなトンデモ労働実態は、医療事故にも繋がる可能性があるので、至急の改善を望みます。
 
最近では、学校教師のブラックさも頻繁にマスコミに取り上げられるようになりました。
 
日本が先進国と言われて久しいですが、まだまだブラック過ぎる労働実態があちこちにあり、労働者にとっては超後進国なのかもしれません。
 

error: Content is protected !!