ドラマ『グッド・ドクター』全話動画無料視聴は【FODプレミアム】だけ〜Pandora と Dailymotionも調査

グッド・ドクター

 
記事公開日現在放送中のドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系列)。
 
山﨑賢人主演、ヒロイン上野樹里。これまで第6話までの放送があり、1話たりとも視聴率が10%を切ったことがない人気ドラマです。

今なら1ヶ月完全無料!

ドラマ『グッド・ドクター』を
いますぐご覧いただくために


原作は韓国KBSドラマ『グッド・ドクター』

 
山﨑賢人主演『グッド・ドクター』は、2013年に放送された韓国KBS制作のドラマ『グッド・ドクター』が原作です。
 
自閉症でサヴァン症候群の青年が病院にレジデント(研修医)として赴任するところからドラマが始まります。
 
この韓国ドラマは全20話で放送され人気ドラマとなりました。
 
2017年にはABC制作でアメリカでも、全18話でリメイクされたドラマです。
 

日本版ドラマ『グッド・ドクター』

 
舞台は日本にリメイク。主人公は新堂湊(しんどうみなと、山﨑賢人)。自閉症スペクトラム障害とサヴァン症候群を抱えている医者の卵。
 
幼い頃、いじめられてばかりいる湊をいつも守ってくれていった兄。兄はいつも湊は「お前は頭がいい、医者にもなれる」と言ってくれていた。しかし、あるとき事故で兄は亡くなり、それがきっかけで大人になれない子供たちをなくしたいということで医者になる決心をした湊。
 
湊は勉学に励み大学を首席卒業します。
 
東郷記念病院医院長・司賀明(しがあきら、柄本明)の計らいで同病院小児外科のレジデント(研修医)となります。周りの医師がほぼ全員が反対のなか、レジデント新堂湊は東郷記念病院の何かを少しずつ変えていくのです。
 

新堂湊を支える人たち

 

  • 瀬戸夏美(上野樹里)
    • 東郷記念病院小児外科外科医で、新堂の指導医。
    • 新堂湊に対する子供たちの言動から新堂の見かたをどんどん変えて行きます。
    • 同病院小児外科における新堂湊の最初の理解者となります。
  • 高山誠司(上野樹里)
    • 東郷記念病院小児外科主任。
    • 自身の弟が自閉症であったことから、最初は新堂湊にきつくあたる。
    • しかしだからこそ誰よりも新堂のことを考えていました。
  • 高山誠司(上野樹里)
    • 東郷記念病院小児外科主任。
    • 自身の弟が自閉症であったことから、最初は新堂湊にきつくあたる。
    • しかしだからこそ誰よりも新堂のことを考えていました。
  • 橋口太郎(浜野謙太)
    • 東郷記念病院小児外科病棟男性看護師。
    • ムードメーカーで子供たちから好かれてる。
    • 早々に湊の素晴らしさを見抜いたひとりです。
  • 司賀明(柄本明)
    • 東郷記念病院院長。
    • 新堂湊兄弟の事故の処置をした人物。
    • 湊を支え、研修医として病院に迎えました。
  • 東郷美智(中村ゆり)
    • 東郷記念病院前理事長の娘で現理事長。
    • 病院経営のため赤字部門、小児外科のコストカットを考えています。
 
ここに掲げた人たちが、新堂湊の影響力でどう変わっていくのか。回を追う毎の変化を楽しみにしていてください♪
 

どんなドラマかは最初の15分を見てから…

 
第1話の最初の15分をご覧いただき、このドラマを評価していただければと思うのですが…。
 
そのためにもぜひ、第1話からご覧いただきたいです。そのための方法は残念ながら1つしかないのです。
 
それは【FODプレミアム】1ヶ月お試し登録をして、動画視聴をすることです。1ヶ月お試し期間中に解約することで、第1話から直近の放送回まで無料で視聴することができるのです。
 
ぐちゃぐちゃは言いません。
 
【FODプレミアム】の6つの特典、1ヶ月無料お試し登録手順、期間内解約手順について、こちらの記事をまずお読みください。
 
そして、ご納得の上、第1話をご覧いただければと思っています♪

 
今なら1ヶ月完全無料!

ドラマ『グッド・ドクター』を
いますぐご覧いただくために


 

まとめ

 
現在放映中の山﨑賢人主演ドラマ『グッド・ドクター』。
 
サイト管理人「たもつ」も第1話から現在放映中回までを見返して、毎回、泣いています。そして新堂湊の周囲の人たちの少しずつの変化にも感動しています。
 
人が人を見下してしまうことの浅はかさ、それって私たちがよくしてしまうことですが、そういうことが如何に馬鹿げていることなのかを教えてくれるドラマです。
 
ぜひ第1話からの視聴をおすすめします。

今なら1ヶ月完全無料!

ドラマ『グッド・ドクター』を
いますぐご覧いただくために


※アイキャッチ画像の出典:フジテレビ公式サイト