伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

埼玉県、平成30年4月1日から自転車保険加入が義務化、どうする!?

自転車保険


<スポンサーリンク>

 
自転車による事故で多額の賠償を伴うことが頻繁に起こっています。そんなこともあり埼玉県では平成30年4月1日から自転車保険加入が義務化されました。「自転車乗り」としてはどうしたものだか調べてみました♪

埼玉県の条例について

 
「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」というのが、自転車保険加入義務化を明示しているものです。
 
この条例は、自転車事故を起こしたとき「被害者の救済」や「加害者の経済的負担軽減」を目的として制定されました。自転車保険加入義務化は、この埼玉県が全国では初のケースです。
 
最近、ニュースでも自転車による事故のことが度々取り上げられ、賠償金額も億に近い金額もあるとの報道を見て、日常の自転車乗りとしては気にはなっていました。

条例の対象者は…

 
埼玉県のこの条例の加入義務対象者は次のものたちとなります。

  • 埼玉県内で自転車を利用する人
  • 埼玉県内で業務で自転車を利用する人
  • 埼玉県内で自転車を貸付ける業者
  • 埼玉県内の自転車販売者や学校※
ただし、自転車販売業者や学校については「努力義務」です。
 
要するに、埼玉県で自転車に乗る人は全員、自転車保険に加入しないとだめだからね〜〜というわけです。

気になるのは罰則です!

 
こういう義務化の話で気になるのは罰則ですね。
 
実は罰則は「ない」のです!
 
理由については、埼玉県のサイトから引用させてもらいます。

近年自転車事故による高額賠償請求事例が全国各地で散見されるなど、自転車事故に対する社会的な責任の重みが増してきている状況の中、昨年県で実施したアンケート調査では、本県の自転車保険の加入率は約45%と半数以下の状態であった。
 
このような状況を踏まえ、被害者救済の確保等の観点から、自転車保険加入に関して一層の促進を図る必要があるため、自転車利用者に対する保険加入の義務付け等を行うものです。

なるほど、加入しているかどうかの特定が難しいということなんですね。

<スポンサーリンク>


で、私たちはどう対処するのか!?

 
サイト管理人「たもつ」は2004年頃から趣味でロードバイクやマウンテンバイクを乗っています。1日で200kmくらい走ったりすることもあり、当時から自転車保険には加入していました。
 
その後、自動車保険に自転車特約がつくようになり、サイト管理人は自動車保険の特約を必ずつけています。
 
自動車保険の特約については、個々によって異なりますので、あなたが加入している、あるいは加入しようとしている自動車保険の内容をよく調べて検討してくださいね。
 
いずれにしても、自動車保険の自転車特約ならば、自転車保険単体で加入するよりコストセーブになるようです。

<スポンサーリンク>

まとめ

 
10数年、趣味で自転車乗りをやっていますが、自転車の怖さはよく自覚しています。いつなんどき、加害者になるか、また被害者になるか。そういうリスクとは隣り合わせであると自覚しています。
 
個人的には、今回の埼玉県による自転車保険加入義務化に関わらず、埼玉県以外でも自転車保険加入は自転車乗りとしては必須だと思っています。
 
そういう経緯があり、今回の埼玉県の事例を調べて記事にしました。
 
*アイキャッチ画像の出典:pixabay