栃ノ心12日目、白鵬撃破で大関昇進決定&恐らく2度目の優勝もね♪

管理人日誌


<スポンサーリンク>

 
一昨日の記事で「千秋楽まで相撲記事は書きません!」なんて書いたのに、12日目の相撲で嬉しくなって「管理人日誌」として書きます。関脇、栃ノ心のことです♪

12日目、栃ノ心 vs 白鵬が組まれる!

サイト管理人の予想では、13日目、もしくは14日目に栃ノ心は白鵬と当たると予想していました。そうしたら、なんと、12日目に対戦が組まれました。
 
2人の過去戦績ですが25戦して、栃ノ心は1つも勝てていません。つまり、25回あたってオールタコ!
 
力任せじゃ白鵬に勝てないということでしょうか…。なので、サイト管理人はこの対戦は白鵬の勝ち、そして、41回目の幕内優勝に繋がると見ていました。
 
ところがどっこい、栃ノ心頑張りました♪

<スポンサーリンク>

立ち会い直ぐにがっぷり四つ

栃ノ心と白鵬は2人とも得意は右四つ。つまり相四つです。ある意味、組みやすい相手。でも、白鵬としてみれば過去25戦全勝していても、今の栃ノ心と組んでは力負けすることもありえます。
 
なので、白鵬の作戦は立ち会いで自分は右四つに組むも、栃ノ心に左上手を取らせない形に持っていくこと。これならば白鵬の必勝パターンになります。
 
しかし、立ち会いとほぼ同時に2人はがっちりと四つに組みます。白鵬としては栃ノ心の左上手をなんとか切ろうとしますが、栃ノ心、がっちり掴んで離しません。
 
力相撲が続き、結局、土俵際に追い込んだ栃ノ心が、そのまま寄り切ります。これで場所後の栃ノ心の大関昇進は決定です。「直前3場所36勝以上」となり、今の時点で1横綱を倒したのですから文句なしです。
 

早ければ14日目に優勝が決まります

栃ノ心が13日目の前頭4・正代戦、14日目の横綱・鶴竜戦に連勝すれば、その時点で栃ノ心の2回目の幕内優勝が決定です。
 
そして、この優勝は横綱昇進にも繋がる貴重な優勝です。
 
大関昇進後、2場所を1場所優勝、もう人場所を優勝次点以上になれば、最短で9月場所終了後には第73代横綱の誕生です。栃ノ心は現在30歳。もうぐずぐずしていられません。勢いのあるうちに、一気呵成に横綱を実現してもらいたいものです。
 
そのためにも、今場所はぜひ全勝優勝を果たしてください♪

<スポンサーリンク>

まとめ

繰り返しますが、一昨日、「もう千秋楽まで相撲記事は書きません」というのを破りました。なので、とりあえず「管理人日誌」でごまかします(笑)。
 
栃ノ心が12日目で白鵬を破り、場所後の大関昇進を決定的にしたので嬉しくなりすぎて、「禁を破りました」。きっと…14日目に栃ノ心が優勝したら、また書くかもしれません(爆)。
 
_/_/
おひおひ、できない約束はするなっ!>自分。
 
[fontsize size=”1″]※アイキャッチ画像の出典:pixabay[/fontsize]