吉沢亮さん出演作品紹介記事一覧

白鵬日本国籍取得〜9月場所は内弟子石浦&炎鵬と土俵入り〜一代年寄白鵬親方実現が待ち遠しい!

大相撲

<スポンサーリンク>

 
 
幕内優勝42度を誇る史上最強の横綱・白鵬が日本国籍を取得しました。
 
大相撲春巡業(4月)時には、モンゴル国籍離脱をモンゴルへ申請したことが判明。しかし、その際の取材には「話すことはない」と詳細を話しませんでした。
 
 

白鵬日本国籍取得、外国人横綱で3人目

 
白鵬は兼ねてから、モンゴル国籍を有したまま、これまでの実績を持って一代年寄となることを望んでいました。
 
しかし、日本相撲協会は日本国籍がなければ親方となることを認めずという立場をガンとして譲ろうとしません。
 
引退が見えてきた白鵬としては、亡き父からの後押しもあり、日本国籍取得に動くと報じられたのが数年前。
 
そして、今年4月にはモンゴル国籍離脱申請という報道になったわけです。


白鵬が日本国籍を取得しましたが、外国人横綱では、曙(アメリカ出身)、武蔵丸(アメリカ出身)についで、3人目となりました。
 
武蔵丸は現武蔵川親方です。
 
モンゴル出身者に限ると、元関脇・旭天鵬が日本国籍を取得して友綱親方となりました。

ちなみに武蔵川部屋は、現在、三段目9人、序二段5人、序ノ口5人という構成で、まだ関取(十両以上)はいません。
 
一方、友綱親方率いる友綱部屋は、部屋を引き継いだということもあり、関取3人(魁聖・曲集砲・旭大星)、幕下以下8人という状況です。
 
外国人で日本国籍を取得した親方といえば、もう一人、幕内優勝1回の元大関・琴欧洲、改め鳴戸親方が率いる鳴戸部屋があります。こちらは、関取ゼロですが、将来有望な若手力士たちが6人所属しています。
 
さて、白鵬も当然、部屋持ちの親方になるはずですが…
 
 

<スポンサーリンク>

白鵬親方誕生!?

 
オリンピックまで現役として頑張ると明言している横綱・白鵬。
 
日本国籍を取得したことで、引退後は、一代年寄・白鵬親方となることが濃厚です。
 
現在、宮城野部屋所属の白鵬ですが、すでに随分前から内弟子を育てており、白鵬部屋開設時から関取を有する有力な部屋になることは間違いありません。
 
9月場所では、内弟子のうち2人が幕内です。西前頭11・炎鵬と東前頭15・石浦。この2人を引き連れ、土俵入りを果たすであろう白鵬。9月場所の活躍が楽しみです。
 
内弟子たちの目の前で43回目の幕内優勝を果たすか!!!
 
 

宮城野親方との確執も…

 
2014年頃から、白鵬と宮城野親方の確執がニュースになり始めました。モンゴル力士受け入れを宮城野親方から拒否されたことが発端だとか…。
 
以降、白鵬は大相撲界での勢力固めに走っている…というのが当時の報道でした。
 
実際にその頃から、石浦たち内弟子の話がポツポツと話題となり、宮城野親方が彼ら白鵬の内弟子に指導できないとかという話も伝わってきました。
 
実際のところの確執がどうであったかは分かりませんし、それについては興味もありません。
 
白鵬がスゴいのは、なんだかんだいろいろ批判されながらも、内弟子のうちの2人を幕内力士にしてしまったことです。
 
現役力士として優れているだけでなく、指導者としても力があるという証拠でしょう。
 
 

まとめ

 
大相撲
※出典:pixabay
 
 
白鵬が日本国籍を取得したということで、そのことに関連することをまとめました。
 
サイト管理人「たもつ」が一番好きな関取が横綱・白鵬です。
 
なので、現役のうちに、43回目、44回目と幕内優勝を重ねてもらいたいですし、一日でも長く現役で活躍してもらいたいと望んでいます。
 
それと並行して、白鵬部屋を開設するまでに、一人でも多くの内弟子を育て、実績を作ってもらいたいとも考えています。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!