伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

堀江貴文(ホリエモン)ゼロ高等学院10月開校〜学校教育を壊す!?


<スポンサーリンク>

 
ホリエモンこと堀江貴文氏が10月に「ゼロ高等学院(通称ゼロ高)」を開校することがわかりました。今回は設立の経緯とゼロ高について調べてみました♪

堀江貴文(ホリエモン)、高校を設立!?

 
ホリエモンこと堀江貴文氏は、7/26の6時から記者会見を行い、新しい学習形態を提供する高校「ゼロ高等学院(通称ゼロ高)」を開校することに関し、設立背景や詳細を説明しました。
 
会見には堀江貴文氏、同學院で顧問を務める佐渡島庸平氏(株式会社コルク代表)、同顧問・坪田信貴氏(坪田塾代表)、そして運営会社の社長となる内藤賢司氏が出席しました。
 
そして、次のような設立経緯や設立の意義が明らかになりました。

  • 「学校教育を壊す(ディスラプトし再構築する)」という堀江貴文氏自身の発言をきっかけに學院設立がスタート。
  • 堀江氏のネットワークを活かした実業家、有識者がプロジェクトに参加し、第一線のプロフェッショナルから最先端の技術や知識を学んでもらう。
  • 社会参画の場や課外活動の場を提供することで「自身の行動によってのみ、自分が本当にやりたいもの、人生をかけて関わりたいものが見つかる」ということを実践する。

ゼロ高等学院(通称ゼロ高)の概要について

 
10月に開校予定のゼロ高等学院は校舎がなく、座学目的よりも、実学を重視する学校です。
 
主催は実業家堀江貴文氏。そして堀江貴文氏のネットワークからそれぞれの道のプロフェッショナルたちが参画します。
 
ゼロ高等学院は、「SNS education株式会社」が運営をします。同社代表は前述の記者会見にも参加した内藤賢司氏です。
 
会見での堀江氏の発言を借りれば「必要とされる人を作るのが主目的。最先端の学びや気づき、きっかけを柔軟なうちに届けたい」というのが設立目的であり、さまざまなプロフェッショナルから実学を学びます。
 
具体的には、堀江貴文氏が中心となってやっている宇宙ロケット開発・発射や、そのほかその道のプロから寿司職人になるための技術や経営方法、あるいはファッションやエンジニアリング、さらには村づくりやシェアオフィス作りなどにも加わり、実学を学べるのです。
 
ゼロ高等学院は学校教育法上の「高等学校」には該当せず、高校卒業資格は得ることができません。これを補完するために、広域通信制高校「鹿島山北高等学校」(神奈川県)と連携します。
 
つまりゼロ高等学院の生徒は鹿島山北高等学校にも同時入学するのです。そして3年間で必要単位を取得することで高校卒業資格を得ることができます。
 
なお、定員は400人、新入学の時期は4月と10月の年2回。編入・転入は毎月受け入れをします。
 
費用は3年間で108万円。なんといまなら入学金無料キャンペーンをやっているとか。この108万円以外に、別途、教科書代や課外活動費、鹿島山北高校の学費約30万円(3年間)などが必要になります。
 
最初の入学式は今年の10月、静岡県で予定しています。

<スポンサーリンク>


ゼロ高等学院の顧問たちが凄い!?

 
ゼロ高等学院で実務を教えたりもする学校顧問の面々が凄いんです。一流どころ、有名どころが勢揃い!?
 
元マイクロソフト社長の成毛眞氏。
『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』の編集を担当した佐渡島庸平氏。
モテクリエイターの「ゆうこす」こと菅本裕子氏。
ビリギャルの本や映画で一躍有名になった坪田塾の坪田信貴氏。
などなど…。
 
とにかく座学より実学ということで、最先端の技術や考え方に直接触れてもらうという方針です。
 
社会人が興味津々で入りたくなるような学校ですね♪

<スポンサーリンク>

まとめ

 
今回は、堀江貴文氏が10月に開校するゼロ高等学院について調べました。
 
このゼロ高等学院から育った人たちが日本を動かす人になるまでは、10年くらいかかるかもしれませんが、そういう人材が続々と出てくることを期待しています♪