『君の名は。』を含む新海誠作品はFODで♪

【Apple Watch あるある】バンドの外し方が分からない!?

バンドを外す


<スポンサーリンク>

 
Apple製品の特徴のひとつ、それは詳しい説明書が付属していないということ。
 
結果、とりあえずいろいろ触ってみるのですが、「あれ!? この先どうするの?」というのが意外に多いんです。実は、Apple Watchも同じ。
 
これからいくつかの記事でそんな疑問点【Apple Watch あるある】を書いていきますね。
 
最初は…
バンドの外し方がわからない!?
 
です。

Apple Watchはバンドで遊べる時計です!

 
Apple Watchの主たる機能は、もちろん「時計」。そして、「時計」としてステキだと思うのは、その日の気分や用途でバンドを気軽に交換できることです。
 
バンドのことについては別記事で書きます。今回はバンドの外し方。
 
外す前に装着ですから、最初、装着のことから書きます。
 

バンドを装着する

 
Apple Watchは購入時点で、時計本体と付属のバンドは別々になっています。ですから、本体にバンドをつけることが、最初に行う作業になります。
 
入れるのは超簡単。溝にそってバンドについてるガイド部分を入れていくだけですから。
 
具体的には…
 
装着1
この本体の溝の部分に
 
装着2
バンドのこの先端部分を
 
装着3
このように差し込んでいくだけです。
 
なお、バンドには装着部分の長さによって、いくつかのサイズ種類のあります。
 
サイト管理人「たもつ」(以下、「私」と記します)が使っているのは「Apple Watch 4の44mmタイプ」。そしてこのタイプのバンド装着部分サイズは33mmほど。
 
このバンド装着部分サイズが、Apple Watchのタイプにより、異なります。
 
ですから、製品付属のバンド以外を購入するときは、同じサイズApple Watch用のバンドを購入しましょう。
 
このあたりの詳細もバンドの記事のなかで書きます!
 

<スポンサーリンク>



 

バンドを外す

 
さて、本題の「バンドを外す」。
 
「私」がApple Watchオーナーになって、一番焦ったのがこれです。
 
冒頭に書いた通り、詳しい説明書がついていません。ただし、補足しますが、バンドが入った箱の裏面に、小さな文字で装着と外すときの説明はあります。拡大鏡で見ないと、老眼の私には読めませんが…。
 
繰り返しますが、バンドを装着するのは、めっちゃ簡単なんです。で、次に外そうと思ったときに焦ったのです。
 
いくら動かそうとしてもびくともしない。で、ネット検索して、ようやく分かったのです。
 
外すときには、Watch裏面の小さなボタンを押しながら外す。
 
 
Watch裏面
 
このボタンを押すと、バンドのガードが動くようになるわけです。
 
分かってみれば何のことはない、だけど初めてでは右往左往する。それが【Apple Watch あるある】です。
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
バンドを外す
 
 
今回の【Apple Watch あるある】は、「バンドが外れない!」でした。
 
これ以外にも、次のような【Apple Watch あるある】記事を書いていく予定です。
 

  • Apple Watchは時計じゃない!?
  • 「防水ロック」が外れない!?
  • バッテリー最長18時間て、マジ短くね!?
  • 純正以外の安いバンドって、ヤバくね!?
  • 「ムーブ」の消費カロリーが設定できない!?
  • 「エクササイズ」と「スタンド」の設定数値が返られない!?
  • 操作方法が全くわからん!?
  • 時計なのに、高くね?
  • 省電力モードにしたら、パニック!?
 
などなど。
 

error: Content is protected !!