※動画・楽曲再生でスマホの音鳴りにご注意を!

ドラマ『トクソウ』動画を無料視聴する方法〜PandoraとDailymotionもチェック!

トクソウ

 
 
ドラマ『トクソウ』は、WOWOWにて全5話で放送されました。主演は吉岡秀隆さんです。
 
原作は、由良秀之氏による小説「司法記者」です。
 

織田俊哉(吉岡秀隆)は、念願の東京地検特捜部に異動を命じられた検事です。配属先では、建設業界と与党との癒着立件に血眼になっていました。しかし、その捜査過程の杜撰さに呆れ、震源しますが、それが原因で捜査から外されるという始末です。織田は捜査過程で起きた殺人と、ゼネコン汚職の真実を解明するために、特捜部との対決を決意するのですが…。

 
 
このドラマ『トクソウ』動画を無料視聴する方法を探してみました。
 
あわせて海外動画アップサイトのPandoraDailymotionで無料視聴できるかをチェックしました。
 
 
最初に結論を…。
 
ドラマ『トクソウ』動画を安全&完全に見ることができる一推しは、FODプレミアム1ヶ月無料お試しです!
 
 
これから動画を安全&完全無料で見る方法の説明をするわけですが、「そんなまどろっこしいのはいいから直ぐに見たい」という方は、こちらから登録をしちゃってくださいね。登録は簡単ですから、あなたは数分後にはドラマ『いつもふたりで』を見ることができます!
 


今なら初回1ヶ月無料!

ドラマ『トクソウ』全5話を
FODプレミアム1ヶ月お試しで
今すぐ楽しむならこちらから♪

※登録手順→スマホで簡単登録を解説
※解約手順→スマホで簡単解約を解説


ところで…
 
「無料視聴の方法」の話に入る前に、先にドラマ『トクソウ』の内容紹介を読みたいという方は、こちらからどうぞ。

ここをクリックすると飛びます♪
 
 

ドラマ『トクソウ』動画はPandoraやDailymotionで無料視聴できるのか?

 
 
PandoraDailymotionを利用していますか。
 
PandoraもDailymotionも世界的に有名な動画アップサイトです。特徴は無料でたくさんの動画が見られることです。
 
このPandoraやDailymotionで、ドラマ『トクソウ』を無料視聴できるのかチェックしてみました。
 
なお、以下の検索結果は、記事公開日現在のものです。
 
 

まずはPandoraでチェック

 
 
※Pandoraのスマホアプリで検索
Pandora トクソウ
※スマホの場合、スマホを横にすると画像拡大できます。
 
 
「トクソウ」で検索したところ、動画はゼロ。
 
他の検索ワードでもチェックしましたが、結果は同様です。
 
 

次にDailymotionでチェック

 
 
※Dailymotionのスマホアプリで検索
Dailymotion トクソウ
※スマホの場合、スマホを横にすると画像拡大できます。
 
 
Dailymotionの場合は、検索の結果は7つの動画が出てきました。画像はその一部です。
 
全動画を、ドラマタイトル・アイキャッチ画像・動画尺数を目視確認。いずれもドラマ『トクソウ』の本編動画ではありません。
 
他にもいくつかの検索ワードで検索しましたが、ドラマ『トクソウ』の動画は見当たりません。


以上のことから今回のチェックで、
PandoraにもDailymotionにも、ドラマ『トクソウ』本編動画はなく、無料視聴はできないことがわかりました。
 
 
でもご安心を♪
 
ドラマ『トクソウ』全4編の動画を安全&完全無料で見ることについて、次の6項目で別記事にて丁寧に説明しています。ぜひお読みください♪
 
  1. PandoraやDailymotionで動画を見ることについて
  2. FODプレミアムなら目的の動画を無料視聴できる
  3. FODプレミアムをスマホで登録する方法
  4. FODプレミアムの具体的なサービス
  5. 月間最大1300ポイントゲットのお話
  6. FODプレミアムの特典まとめ
 
記事はこちらです。

動画を無料で見る具体的な方法など♪
 

今なら初回1ヶ月無料!

ドラマ『トクソウ』全5話を
FODプレミアム1ヶ月お試しで
今すぐ楽しむならこちらから♪

※登録手順→スマホで簡単登録を解説
※解約手順→スマホで簡単解約を解説

 

 

ドラマ『トクソウ』全5話の紹介

 
 

 ドラマ基本情報
制 作:WOWOW
放 送:2014年5月11日〜6月8日(全5話)
原 作:由良秀之氏小説「司法記者」
脚 本:鈴木智
監 督:河合勇人/瀧本憲吾
出 演:吉岡秀隆(主演)/真飛聖/吉沢悠/佐野史郎/でんでん/松重豊/三浦友和 ほか
 

 

 あらすじ・前半
 
第1話


最強の捜査機関といわれる特捜検察。地検から異動となった検事・織田俊哉(吉岡秀隆)は、特捜部副部長・鬼塚剛(三浦友和)が指揮する直告班に配属となり、大日本建設と県知事の贈収賄事件を担当することに。大日本建設の一斉捜査で贈賄を示唆するメモを発見した鬼塚は、決定的な証拠がないまま、事件のシナリオを作ろうとする。一方、鬼塚の捜査に疑問を抱く織田は独自捜査から、ある下請け業者にたどり着くが・・・。
 
※引用元:FODプレミアム


第2話


大日本建設会長と社員3人の聴取に踏み切った特捜部。副支店長・一ノ瀬(二階堂智)の聴取を任された織田(吉岡秀隆)は、一ノ瀬の供述から贈収賄事件に疑問を抱き始めていた。織田は主任検事らが他の社員を自白させる中、供述を裏付ける証拠を発見する。そのころ、毎朝新聞の司法記者・桜井智子(真飛聖)は事件の真相を握る人物の情報を入手するが、鬼塚副部長(三浦友和)にその人物への接触を止められてしまう・・・。
 
※引用元:FODプレミアム


第3話


大日本建設副支店長・一ノ瀬(二階堂智)の自殺。鬼塚(三浦友和)の捜査を受け入れられない織田(吉岡秀隆)は、特捜部失格の烙印を押されてしまう。衝突する織田と鬼塚であったが、2人には織田の父にまつわる共通の過去があった。その頃、司法記者・桜井(真飛聖)は事件の真相を握る山下(矢島健一)に接触する。毎朝新聞が民自党幹事長の収賄事件を示すスクープを出した直後、桜井はある事件に巻き込まれてしまう・・・。
 
※引用元:FODプレミアム


第4話


新聞記者・佐々野(吉沢悠)の自宅で死体となり発見された桜井智子(真飛聖)。重要参考人として連行された佐々野は、身に覚えがないと容疑を否認していた。そのころ、大日本建設の山下(矢島健一)を独自捜査していた織田(吉岡秀隆)は、聞き込みにきた奥村警部補(でんでん)から智子の手帳に「山下」の名前が書き込まれていたことを知る。殺人事件の真相を追う織田であったが、捜査線上に意外な人物が浮上することに・・・。
 
※引用元:FODプレミアム


第5話(最終話)


桜井智子殺害事件を追う織田(吉岡秀隆)と奥村警部補(でんでん)は真犯人にたどり着こうとしている。そのころ、特捜部ではついに民自党幹事長・谷山(斉木しげる)逮捕の時を迎えていた。谷山の出頭を待ち構える鬼塚副部長(三浦友和)。しかし突然、篠原部長(佐野史郎)に呼び出されることに。大手ゼネコン贈収賄事件と不可解な殺人事件が結びつく時、日本の検察とマスコミの腐敗した「偽りの正義」が暴走していく・・・。
 
※引用元:FODプレミアム

 

 

 

まとめ

 
 
トクソウ
※画像出典:自作です♪(by Canva)
 
 
ドラマ『トクソウ』動画を無料視聴する方法ですが、無料動画配信サービスで有名なPandoraやDailymotionでは無料視聴でチェックしました。結果…
 
PandoraにもDailymotionにも、ドラマ『トクソウ』本編動画はなく、無料視聴はできないことがわかりました。
 
実は、仮に目的の動画があったとしても、PandoraやDailymotionのドラマ動画は画質が悪い、広告が多いなどの不具合があります。なかでも、ウイルスのリスクが一番怖いですね。
 
知らないうちに、大切な個人情報が抜き取られたり、パソコンを乗っ取られたりという場合もあります。ですから、PandoraやDailymotionでドラマ動画を見ることはおすすめできません。
 
でもご安心を。
 
ドラマ『トクソウ』の動画は、サイト管理人「たもつ」一推しのFODプレミアムの1ヶ月無料お試しを活用することで、安全&完全無料で視聴することができます。
 
FODプレミアムは、月間最大1300ポイント(1300円相当)をゲットできたり、100冊を超える雑誌の読み放題があったり、1100冊を超えるマンガが読み放題であったり、とにかくサービス満点。
 
そのフルサービスが、1ヶ月無料お試しでも全部、受けることができるのです。しかも、1ヶ月無料お試しの登録と解約はスマホで簡単にできます。
 
 
ぜひ、この機会にFODプレミアムを活用して、ドラマ『トクソウ』全話をお楽しみいただくのはもちろんのこと、他の動画を見たり、あるいは雑誌やマンガを読んだりなど、新しい楽しみ方をご堪能ください♪
 


今なら初回1ヶ月無料!

ドラマ『トクソウ』全5話を
FODプレミアム1ヶ月お試しで
今すぐ楽しむならこちらから♪

※登録手順→スマホで簡単登録を解説
※解約手順→スマホで簡単解約を解説

 
 

追記〜FODプレミアム配信期限

 
 
配信期限
※画像出典:pixabay
 
 
本記事の更新日現在、FODプレミアムにおけるドラマ『トクソウ』全5話の動画配信期限は、
 
2019年6月21日23時59分
 
です。
 
※アイキャッチ画像の出典:自作です♪(by Canva)
 

error: Content is protected !!