いま、WOWOドラマがマジ面白い!

iPhoneをiOS13.1にしたら電話が使えない〜復元の顛末〜iOSのバグか!?

iPhone電話顛末

<スポンサーリンク>

 
 
iOS13へのアップデート、フツー最初はバグ山盛りってことで、実行せず様子見。その後、iOS13.1が出て問題なさそうだったので、数日前、iOS13.1にアップデートしました。
 
そして、9月30日、「電話ができない」ことに気づいたのです。
 
気づいてからは、このリカバリーに、かかりっきり。Appleのサポートにも電話したし…。
 
 そんな「iPhoneで電話できないんですけ怒!」の顛末を書きます。  
 
 

サイクリング中に突然気づく!?

 
自転車
※Image source is pixabay
 
 
 友だち少ないし、電話することあまりないし…。iOS13.1にしてから、電話ができないことに気づくのに数日(笑)。  
 
気づいたのはサイクリング中です。思うところあって、停車して、電話しようと思ったのです。
 
いつものように「電話アイコン」をタップ。あれ?
 
もう一度タップ、あれあれ?
 
何度アイコンをタップしても、いつものダイヤル画面が出てこない。何も立ち上がらない。
 
それでは別の方法として「連絡先から電話をかけよう」と思い、「連絡先アイコン」をタップ。これも何も立ち上がらない。
 
症状はこんな感じでした。
 
 

Appleサポートの前にやったこと

 
Appleサポート
✳︎This image is from Apple Offical Site
 
 
 Apple Care+に入っているということもあり、iPhoneに何か問題があった時は、たいてい、Appleの電話サポートを頼ります。コレめっちゃ便利です!  
 
ちなみに、Appleの電話サポートはWeb上から申し込むと、申し込み完了後、10数秒で電話が来ます。
 
今回は電話サポートを依頼する前に次のことを調べ、実行しました。
 

  • iOS13.1のバグ報告として「電話ができない」があるのかWebで調べる→「見当たらない」
  • 「電話ができない」場合のAppleヘルプにあった対処をほぼほぼ実行→「やはり電話できない」
 
[2]の「Appleヘルプにあった対処」とは、全部列挙しますが、次のものです。
 
  1. 「畿内モード」のオン・オフ
  2. 「おやすみモード」オフの確認
  3. 「着信拒否設定」になっていないかの確認
  4. 「自動電話転送」がオンになっていないかの確認
  5. 「不明な発信者を消音」がオンになっていないかの確認
  6. キャリア設定のアップデートがないか確認
  7. iOSのアップデートがないか確認→iOS13.1.1にアップデート
  8. SIMカードを取り外して、差し直す
  9. キャリアの通信状況を確認
  10. ネットワーク設定の確認
  11. iPhoneを新しいデバイスとして復元
 
この中で1〜10番目は、空振りでした。そして、11番目「iPhoneを新しいデバイスとして復元」の実行だけを残した状態で、Apple電話サポートを申し込み。
 
申込みにあたっては、電話をしてもらいたい電話番号を入力します。
 
「電話アイコン」をタップしても電話が使えないマイiPhoneですが、受信はできることを家電から電話して確認しました。なので、申込み電話番号は「電話アイコンが死んでるiPhone」にしました。
 
 

Appleサポートのやりとり

 
電話サポート
※Image source is pixabay
 
 
 Web申し込みしてから10秒もかからずにAppleサポートから電話がありました。いつものように丁寧な対応、気持ちいいですね。  
 
最初、電話が使えない状況(「電話」「連絡先」それぞれのアイコンをタップしても起動しない、受信はできる)と、Appleヘルプで試したことなどをサイト管理人「たもつ」(以下、「私」と記します)から説明。
 
私が「これってiOSのバグじゃないですか?」と質問すると、「そういう報告は受けていませんし…」とのこと。
 
確かにそういうユーザー報告はネットでは見当たりませんし、即バグだと認められるハズもなく…。
 
早速、サポートと画面共有をして、「電話アイコンをタップしても立ち上がらない」という状況を確認してもらいました。
 
結論は「iPhone復元をしてください」とのこと。
 
私は、iPhone3GSから、ほぼ代々使い続けてきたユーザーなので「復元は何度も経験済み」。
 
そして、復元には相当の時間がかかるので、電話を切ることになりました。
 
復元で治ればそれでOK。治らなければ、再度サポートを利用するというステップです。
 
Appleサポートからは、再度サポートを利用する際の問い合わせ番号が入ったリンクと、復元ステップ情報などがメールで送られてきました。
 
 

バックアップと復元

 
iPhone XS※Image source is pixabay
 
 
 復元については、いくつか方法がありますが、パソコン(iMac)のiTunesと接続して行う方法を選択。  
 
お作法の基本としては、iTunesを最新にしておきます。
 
ステップは次の2つ。

  1. iPhoneのバックアップ
  2. iPhoneの復元実行
 
なお、復元にあたっては、「iPhoneを探すをオフにすること」、「iCloudからサインアウトすること」が必須です。

書くとコレだけなのですが、この2ステップに5時間くらいかかりました。
 
復元は、とにかく時間がかかるということ、事前にバックアップも絡めると、一層時間がかかるということを覚悟しましょう。
 
で、結論。
 
「電話アイコン」「連絡先アイコン」をタップしても、正常な状態に戻りました。
 
で、万事解決、やれやれかというと…そうでもないのです。
 
 

<スポンサーリンク>

復原のあとは…

 
復原前、使っていたアプリアイコンは全部あるのですが、大半がネットから情報を読み込む状態で使えません。
 
「電話アイコン」や「連絡先アイコン」のようなiOSデフォルトのものは使えます。
 
情報読み込み待ちなのは、全部、サードパーティー製のもの。あまりにも数が多いので、通電したまま寝ちゃうことにしました。
 
で、朝起きて見て、気づいたことをいくつか。
 
以下は、バグではなく、復元した時やらなければならないことです。
 

Apple Payの再設定

 
カード情報は消えてない見たいです。なので、Apple Pay開始をして、カード追加を押すと、コレまで登録していたカードが出てくるのでそれを使えるように一つ一つ戻します。
 
Apple Watchに登録するもの(Suicaなど)は、Apple Watchの方へ飛ばします。
 
 

ゆうちょアプリが使えない!?

 
各種銀行アプリですが、「ゆうちょアプリ」以外は無事でした。
 
「ゆうちょアプリ」だけは立ち上がりません。きっと一度アンインストールして、再度インストールが必要なのかもしれません。
 
残高がスズメの涙なので、面倒なのでそのまま(笑)。
 
 
全部のアプリを試したわけではありませんが、気づいたのはこの2点です。
 
 

iOS13のバグか?

 
今回の「電話トラブル」がiOS13のバグなのかどうかは不明です。
 
Webに同様のトラブルが見当たらないことからすると、iOS13アップデートによるバグではないのかもしれません。
 
 

まとめ

 
iPhone電話顛末
※This image is self-made using Canva
 
 
突然見舞われた「iPhoneで電話できない騒動」、その顛末を書きました。
 
当初、iOS13絡みのバグを疑いましたが、今回のトラブルの原因がバグかどうかは定かではありません。
 
たいていの不具合はiPhone再起動で治るのですが、それでダメな場合は、iPhone復元。
 
iPhone復元は、時間はかかるものの、操作は簡単で便利です。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!