『天気の子』公開、新海誠作品はFODで♪

【ネタバレ】海外ドラマ『THE 4400』1stシーズンの紹介です♪

THE 4400 1stシーズン


<スポンサーリンク>

 
 
この記事では、海外ドラマ『THE 4400』(1stシーズン)の紹介をさせていただきます。
 
 

海外ドラマ『THE 4400』1stシーズンの紹介♪

 
 
それでは海外ドラマ『THE 4400』についての紹介です♪
 
60年間にわたり発生した失踪者が2004年に突如、生還します。その生還者の人数が4400人。ドラマタイトル『THE 4400』は、この生還者数にちなんでいます。
 
 

『THE 4400』1stシーズンの情報

 

どんなドラマ!?
彗星と見間違えるほどの光る球体に乗って突如現れた4400人の失踪者たち。老若男女、そして様々な国籍。彼ら生還者は「4400」〜Forty Four Hundred〜と呼ばれました。
 
生還者たち「4400」は2004年に突如、アメリカのシアトルに現れました。全員、失踪した当時の年齢・姿形のままです。
 
「4400」は全員、一箇所で収容され検査・調査漬けとなりますが、やがて解放され、母国の引き取り拒否などもあり、多くはアメリカ国内に残ります。
 
「4400」はどうして失踪したのか、中には驚異の特殊能力を持っている者います。どうしてそれらの能力が備わったのか、そもそも何のためにどこから彼らは生還したのか…。
 
世間は「4400」に脅威を感じ、彼らをバッシングしはじめます。「4400」にとって「今」はとても生き難い環境だったのです。自然、「4400」同士で結集するという流れが生じます。
 
生還者たち「4400」は人類の敵となるのか? 「4400」は地球滅亡のはじまりとなるのか?
 
物語は2人のNTAC(国家脅威対策本部)の捜査官を中心に展開されていきます。
 
1stシーズンの主要登場人物
海外ドラマ『THE 4400』1stシーズンの主要登場人物は、2ndシーズンの画像に出ている8人です。
 
画像を掲載しますね。これです。
 
THE 4400 2nd
※画像出典:IMPERIYA.BY
 
向かって左から…
 
カイル・ボールドウィン
(トムの息子、3年間昏睡状態)
トム・ボールドウィン
(主人公、NTAC捜査官)
ショーン・ファレル
(4400でトムの甥)
ジョーダン・コリアー
(4400で不動産王)
マイア・ラトリッジ
(4400で最初に失踪した少女)
ダイアナ・スクーリス
(主人公、NTAC捜査官)
リチャード・タイラー
(4400でリリーの夫となる)
リリー・ムーア
(4400でリチャードの妻)
 
1stシーズンのあらすじ
突如生還した「4400」たち。彼らを調べるのは物語の主人公2人。NTAC(国家脅威対策本部)のトムとダイアナです。
 
トムは「4400」に深く関わっています。「4400」の一人が甥のショーンであり、ショーンの失踪時に息子・カイルがいっしょにいて、以来、3年間、昏睡状態のままです。
 
一方、ダイアナは当初「4400」には心理的に距離を置いていましたが、やがて「4400」の8歳の少女・マイアを自宅に引き取り、ダイアナとマイアは母娘のような関係になります。
 
つまり、トム&ダイアナの捜査官コンビは、「4400」を捜査&調査する者というだけでなく、「4400」の当事者でもあるのです。
 
ところで収容所から解放された「4400」たちは、彼らの一部が脅威の能力を持っているということもあり、世間からバッシングを受けます。ようやく生還した「4400」にとって「今」はとても住みにくい世界だったのです。
 
そんな世間から自分たちを守るためということで、「4400」は結集します。その中心人物が「4400」の一人で、不動産王として復帰し財力があるジョーダンです。
 
物語はトムとダイアナを軸として展開していきますが、前述のジョーダンが「4400」をまとめあげ、力をつけていくというのも大きな物語の流れのひとつです。
 
実は、もう一つ大きな流れがあります。それは「4400」であるリチャードとリリーです。
 
リチャードは1951年に失踪した空軍パイロット。当時、白人女性と付き合っていて、それが元でいじめに遭います。そして「4400」の収容所でリリーと出遭いますが、彼女はリチャードが付き合っていた白人女性とそっくりだったのです。
 
リリーは1993年に失踪。当時、娘を出産したばかりです。収容所から解放されて真っ先に夫と娘のところに行きますが、すでに夫は再婚しており、拒絶されてしまいます。
 
リチャードとリリーは再会し、いろんなことがあって逃亡するのです。NTACから、そして「4400」であるジョーダンから…。
 
ラスト、かなりのネタバレを書きます。
 
1stシーズンの鍵を握るのはNTAC捜査官トムとその息子で3年間昏睡状態にあるカイルです。
 
1stシーズンのラストで、トムはカイルから「自分の使命」を知ることになります。
 

サイト管理人が考える、このドラマのひとつの主張など

 
 
人類の歴史は「違い」を乗り越える歴史でもありました。人は「違う者」を拒絶し、廃絶しようとします。その身近な例は「いじめ」であり、極端な例は「戦争」です。
 
そして気の遠くなるような長い人類の歴史でも、まだ解決されていないのがこの「違い」なのです。
 
ところで「違い」のために「絆」が使われるのですが、この「絆」は、「違い」を解消する方向に動くものもあれば、助長する方向に動くものもあるのです。
 
もし将来、地球が壊滅するようなことになるとしたら、それは「違い」を乗り越えられなかったが故となるのかもしれません。
 
そんな「違い」に対し、人々はどう反応し、どう対処していくのか。それがドラマ『THE 4400』に内在するテーマです。
 
話変わって、ドラマ『THE 4400』は、『Xファイル』に展開が似ているかもしれません。どこがどう似ているということは、敢えて書きませんが、そんな視点でもこのドラマ『THE 4400』は楽しめるかもしれませんね。
 
 

海外ドラマ『THE 4400』のシーズンについて

 
このサイトでは、本紹介記事を含め、海外ドラマ『THE 4400』の記事を4つ書いています。
 

 
素敵なドラマなので、是非、全シーズンをご覧いただきたいです♪
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
 
THE 4400 1stシーズン
※画像出典:自作(by Canva)
 
 
国内ドラマ中心に紹介記事を書いてきたので、目先を変えて海外ドラマの紹介をしました。
 
4400人もの失踪者が突然現れて、脅威の能力を発揮しちゃう。もう世間はパニックです。「4400」も戸惑い、そして世間も戸惑うという二重のパニック状態。
 
そもそも「4400」はどこに囚われ、なぜ「今」生還したのか。わからないことだらけで展開が進むドラマ『THE 4400』1stシーズン。
 
実は1stシーズンはその後に続くシリーズのプロローグ。まだほんのさわりなのです。
 
それから、人が「違い」にどう反応するのか、翻って自分はどう反応すべきかということを考えながら楽しめるドラマでもあります。
 
ところで…
この海外ドラマ『THE 4400』(1stシーズン)は、主要動画配信サービスでの取り扱いがありません。素敵なドラマなので、取り扱いの実現を望みます♪
 
※アイキャッチ画像の出典:自作(by Canvas)
 

error: Content is protected !!