『天気の子』公開、新海誠作品はFODで♪

【ネタバレ】海外ドラマ『THE 4400』3rdシーズンの紹介です♪

THE 4400 3rdシーズン


<スポンサーリンク>

 
 
この記事では、※ドラマ『THE 4400』(3rdシーズン)の紹介をさせていただきます。
 
 

海外ドラマ『THE 4400』3rdシーズンの紹介♪

 
 


 
それでは海外ドラマ『THE 4400』3rdシーズンについての紹介です♪
 
2004年シアトル郊外の湖畔、60年にわたって失踪してきた者たち4400人が突如出現。彼らは失踪から生還したのです。この生還者の人数がドラマタイトル『THE 4400』になっています。
 
それでは3rdシーズンの情報に入る前に、ドラマエピソード毎の冒頭に出てくる、あるフレーズを紹介しますね。
 

過去60年で失踪した4400人が
突然、生還する。
空白期の記憶もなく
かつての姿のままで。
目覚める特殊能力。
失われた絆を求めて
彼らは彷徨う。

 
物語の大切なポイントがおてんこ盛りなフレーズです。「生還」「記憶」「特殊能力」「絆」そして「彷徨う」人々…。これらは何も生還者「4400」たちだけでなく、「4400」を傍観したり敵対したりするフツーの人たちにとっても課題であり問題となるのです。
 

『THE 4400』3rdシーズンの情報

 

どんなドラマ!?
シーズン2までは、ごく単純にいうと、「4400」を巡り擁護する人たちと「4400」を敵視する人たちの争いでした。それは、「4400」の統率と保護を目的に立ち上がったジョーダン・コリアーの死で落ち着くかと思われましたが…。
 
戦いは三つ巴となり複雑になります。

  1. 「4400」を守ろうとするグループ
  2. 「4400」を統率管理しようとするグループ
  3. 「4400」を潰そうとするグループ

 
[1]は亡くなったコリアーが作った組織です。[2]はNTACら政府組織です。そして[3]は元NTAC主任デニスらのグループや、コリアー組織に敵対するテロ組織・ノヴァグループです。
 
そして物語は、それぞれ主要キャラたちが、信念と疑心の狭間で揺れ動き、予想外の方向へと進んでいきます。
 
「4400」の創造主たちの思惑はどうなるのか。地球の未来はどうなるのか…。

 
3rdシーズンの主要登場人物
海外ドラマ『THE 4400』シーズン2までの主要登場人物は、原則、3rdシーズンでも登場します。
 
ただし、特記が必要な者が2人。それは「4400」のひとりリリーと彼女が産んだ娘イザベルです。ネタバレになりますけど、3rdシーズンでは2人は休息に年を重ね、大きく変貌します。
 
それから主人公トムに新しい恋人ができます。「4400」のひとりアラーナです。
 
以下は、シーズン2の記事紹介で主要人物として記したものを再掲します。

シーズン2の主要登場人物は、次の画像に出ている8人に加えて、この画像にはでていないイザベルです。
 
もう一度、画像を掲載しますね。これです。
 
THE 4400 2nd※画像出典:IMPERIYA.BY
 
向かって左から…
 
カイル・ボールドウィン
(トムの息子、3年間昏睡状態)
トム・ボールドウィン
(主人公、NTAC捜査官)
ショーン・ファレル
(4400でトムの甥)
ジョーダン・コリアー
(4400で不動産王)
マイア・ラトリッジ
(4400で最初に失踪した少女)
ダイアナ・スクーリス
(主人公、NTAC捜査官)
リチャード・タイラー
(4400でリリーの夫となる)
リリー・ムーア
(4400でリチャードの妻)
 
前掲の画像には出ていませんが…
イザベル・タイラー
(4400の流れを汲む奇跡の子)
 
※2ndシーズンの紹介記事から引用

 
3rdシーズンのあらすじ
「4400」の特殊能力の鍵は、プロマイシンとうい物質です。そしてこのプロマイシン抑制物質が開発され、「4400」らに投与されるようになりますが、ある事件で抑制剤投与がなくなります。抑制剤投与をやめた「4400」たちは次第にその能力を高めていきます。
 
一方、リリーに抱かれていた乳幼児のイザベルですが、ある日、突然の変貌が2人を襲います。1夜にして、イザベルは若い娘に成長し、リリーは余命少ない老婆になってしまったのです。
 
これがあらたな展開を生み出します。急激に成長したイザベルは「4400」センターの仕切るショーンに恋をするのです。必要にショーンに結婚をせまるイザベル。そのプロセスは、イザベルの秘めたる力が地球の将来にもたらす恐れを感じさせます。
 
イザベルは人類の敵なのかもしれません。
 
やがて、NTAC捜査官トムが「4400」の創造主から「イザベルを殺せ」と命を受けることになります。
 
予想外の展開が3rdシーズンも続きますが、物語の鍵を握るのはイザベルです。イザベルは地球を、人類を滅ぼす悪魔なのでしょうか。
 

サイト管理人が考える、このドラマのひとつの主張など

 
シーズン1の紹介では、ドラマ『THE 4400』に潜在するテーマは「違い」だということを書きました。そしてシーズン2の紹介では、「違い」に加えて「疑心」が底流のテーマだと書きました。
 
3rdシーズンはこの2つ「違い」と「疑心」が継続的に底流テーマなのですが、俯瞰するともう一つ底流テーマが見えてくるのです。
 
それは「逡巡」です。「煩悩」と言い換えてもいいかもしれません。
 
人は重要な出来事であればあるほど、何かを決定することに思い悩みます。それは日頃からひっかかっている迷いと統合して答えの見つからない「逡巡」へと突入します。そういう一連の様が「煩悩」ですが、それって人が誰でも持っている様相です。
 
ドラマ『THE 4400』のシーズン1〜3を振りかえってみると、明らかにこの「逡巡」が底流に流れています。見ていてじれったくなるくらい、腹が立つくらい、それはあちこちに見て取れます。
 
でも、それが物語展開を面白くしているのです。
 
だから…
3rdシーズンでは、これら「違い」「疑心」「逡巡」をお楽しみください♪
 
 

海外ドラマ『THE 4400』のシーズンについて

 
このサイトでは、本紹介記事を含め、海外ドラマ『THE 4400』の記事を4つ書いています。
 

 
素敵なドラマなので、是非、全シーズンをご覧いただきたいです♪
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
 
THE 4400 3rdシーズン
※画像出典:自作(by Canva)
 
 
海外人気ドラマ『THE 4400』3rdシーズンについて紹介させていただきました。
 
ところで…
このドラマ大変素敵なのですが、主要な動画配信サービスでは取り扱いがありません。ぜひ、取り扱いが実現されることを願っています♪
 
です。
 
※アイキャッチ画像の出典:自作です♪(by Canvas)
 

error: Content is protected !!