沢尻エリカ容疑者出演の4作品について♪

映画『デスノート』動画を無料で見る方法〜パンドラとデイリーモーションはどうよ?

映画デスノート

 
 
 映画『デスノート』(映画化シリーズ1作目)動画を無料で見る方法をお伝えします。併せて、映画のプチネタバレな内容紹介もさせていただきます!  
 
原作は、大場つぐみ氏原作・小畑健氏作画の漫画『DEATH NOTE』。
 

 
この記事は、最初に映画『デスノート』を無料で見る方法についてお伝えします。そのあとに映画内容のプチネタバレ紹介をするという流れです。
 
もし、先に映画『デスノート』のプチネタバレ紹介を読みたいという場合は、「目次」から該当箇所に飛んでください♪
 
 

映画『デスノート』はパンドラなどで見られるか?

 
無料動画サービス
 
 
無料で動画を見られるサービスと言えば、「パンドラ」「デイリーモーション」「ユーチューブ」ですね!
 
この3つの有名な無料動画サービスで、映画『デスノート』を無料で見ることができるのかチェックしました♪
 
それぞれの検索窓に「映画 デスノート」と入れて検索スタート。
 

パンドラで見ることができるか?

 
検索して出てきたものがコレです。
 
P・映画デスノート・0
 
 
 パンドラでは、映画『デスノート』動画を無料で見ることができません。  
 
検索結果、動画が出てきません。「ゼロ」です。
 
 

デイリーモーションで見ることができるか?

 
検索結果は、コレです。
 
D・映画デスノート・20-0
 
 
 デイリーモーションでは、映画『デスノート』動画を無料で見ることができません。  
 
検索結果、20の動画が出てきました。ここに表示したのはその一部です。
 
目的の本編動画は、ありませんでした。
 
 

ユーチューブで見ることができるか?

 
ユーチューブの検索で出てきたものがコレです。
 
Y・映画デスノート・50over-0
 
 
 ユーチューブでは、映画『デスノート』動画を無料で見ることができません。  
 
検索結果、50を超える動画が出てきました。ここに表示したのはその一部ですが、目的の本編動画は、ありませんでした。
 
上の画像にあるように検索でトップに出てきたのが、まさに目的の動画、映画『デスノート』です。
 
しかし、再生すると3分間ほどの「プレビュー」動画が再生されるだけです。
 
実際にパソコン画面で「映画 デスノート」で検索すると、トップに映画『デスノート』が出てきますが、300円から見られますというものでした。有料ですから、もちろん「パス」です。
 
ちなみに、
2番目に出てきた動画は、映画『デスノート』シリーズの最新作で、DVDやBlu-ray画像をダビングしたものです。いわゆる非正規な海賊版動画。
 
この動画は無料で見ることができます。でも、お薦めはしません。
 
 

検索の結果わかったことは…

 
 無料動画サービスの主要な3つをチェックして、映画『デスノート』は無料で見ることができないと判明!  
 
でも、ご安心を。
 
映画『デスノート』動画を確実に無料で見る方法があります。
 
海賊版動画ではありませんので、うざい広告もないし、音質・画質もバッチリ。ウイルス感染の心配もありません。
 
その方法は…
 
動画配信サービス「Hulu」(フールー)の「2週間無料トライアル」を活用することなんです。
 


2週間無料トライアル!

 
 

動画配信サービス「Hulu」について

 
Hulu公式サイトから
 
 
 この画像を見て「なんだ、Huluって有料じゃん、そんなところに誘い込むつもりだな!!!」と思ったあなた、もうしばらく、お付き合いください。  
 
確かにHuluは有料のサービスなのですが、「2週間無料トライアル」の制度を使えば、つまり、2週間のお試し期間内でちゃんと解約すれば、サービス料金は無料、タダなのです。
 
その説明などをさせていただきますね。
 
 

Huluって何???

 
今、日本には有料で動画配信をしているサービスがたくさんあります。
 
その草分けとして、2011年、一番最初に日本に上陸した海外動画配信サービス、それがHuluです。
 
その後、いろいろあって、現在、日本のHuluは日本テレビ傘下で運営されています。
 
そんな経緯があり…
 たくさんの日本テレビ系列ドラマを、Huluで見ることができます。  
 
たとえば、 『おっさんずラブ』  、 『3年A組、いまから皆さんは人質です』  とか 『東京タラレバ娘』  などなど、盛りだくさん♪♪
 
それから…
もともとHuluは、海外ドラマの品揃え豊富なサービスであり、オリジナルコンテンツも充実しています。


そうそう、重要なHuluの特徴をお伝えするのを忘れていました。
 
有料動画配信サービスのなかには、月々の基本料金だけで見ることができる見放題作品と、別途支払いが発生する有料のレンタル作品があります。
 
 Huluが扱っている動画はすべて見放題。だから、2週間無料トライアル中に、間違って有料の「レンタル作品」を見てしまった…という心配はありません。  
 
2週間無料トライアル期間中、ドラマや映画をたくさん見ても、期間内に解約すれば、無料、タダです!!
 
 

Huluの2週間無料登録について

 
登録はいたってカンタンです。
 
先にあげた画像の「無料でおためし」というボタンをクリックすると、このような画面になります。
 
登録画面
※スマホの場合は、指で画面を大きく操作してご覧ください。
 
 
これが「2週間無料トライアル」の登録画面です。
 
Facebookアカウントでも登録できますが、お薦めは、その下にきっちりと記入する方法です。
 
 クレジット登録するのはイヤだなという方は、docomo、au、softbankのキャリア支払いもできます。  
 
 

Huluの2週間無料トライアルの解約について

 
解約については、登録したとき選択した支払い方法により異なりますが、カンタンです。
 
次のHulu公式サイトに従って、支払い毎の説明通りにやれば、1分もすれば解約完了です。
↓ ↓ ↓ ↓
Huluを解約する方法
 
ちなみに、ライター「シネマファン」(以下、「私」と記します)は、当時黒船だったHuluが日本上陸した頃からずっと使っているサービスです。
 
それくらい興味深い、面白いコンテンツが満載なのです♪♪
 
 
それでは、映画『デスノート』のプチバレな作品紹介をはじめる前に、おさらいです。
 
 
藤原竜也さん主演映画『デスノート』の動画を安全&無料で存分に楽しめるのは、Huluの「2週間無料トライアル」です。
 


2週間無料トライアル!

 
 

映画『デスノート』のプチネタバレな作品紹介!

 


 
 
お待たせしました。
 
 映画シリーズ1作目『デスノート』について紹介させていただきます。  
 
これは人気漫画『デスノート』のメディアミックス展開作品のひとつ。映画シリーズ2作目『デスノート the Last name』と合わせて、前編・後編という構成になっています。
 

 ザクッと、こんな映画
大学生の夜神月(やがみらいと/藤原竜也)は在学中に司法試験合格した極めて優秀な学生。「ライト」は、ある日、死神が落とした黒いノートを拾います。それは、そこに名前を書かれた人間が死ぬという死のノート、「デスノート」。
 
実は「ライト」は法律の裁きに限界を感じています。そのため「デスノート」の力を使い、犯罪者たちの粛清をはじめます…。
 


 
 
累計発行部数3000万部突破(当時)の人気漫画『デスノート』の大ヒット漫画を原作に、2006年、前編・後編の2部作で映画化され公開されました。
 
今回の記事で紹介するのはそのうちの、前編となる『デスノート』です。
 
シリーズ映画作品としては、この前編・後編以外に、登場人物「L」(エル)にスポットライトを当てたスピンオフ作品『L change the WorLd』があります。
 
また、2016年に公開された「10年後」を描いている『デスノート Light up the NEW world』もあります。
 
今回は、本記事を含めた複数の記事で、これらの作品を紹介させていただきます。
 
 

原作『デスノート』のミニ情報♪

 
 
 『デスノート』の原作は『週刊少年ジャンプ』に連載されました。前述したとおり、コミック累計発行部数3000万部超の人気漫画です。  
 
原作・原案は、大場つぐみ氏。作画が小畑健氏。大場つぐみ氏は本名・性別・生年月日非公開です。
 
大場つぐみ氏については…
「正体はかなりのベテラン大物作家」だとか「『週刊少年ジャンプ』編集部内でもトップシークレットで真相を知る者は少ない」と言われています!
 
連載は意外に短く、2003年12月から2006年5月の2年半でした。
 
そして、連載終了後、メディアミックスが全力展開されたのです。
 
以下、メディアミックスの状況です。
 

映画
  • 2006年6月17日公開、映画1作目
  • 2006年11月3日公開、映画2作目
  • 2008年2月9日公開、映画3作目(スピンオフ)
  • 2016年10月29日公開、映画4作目
  • 2017年8月25日公開、Netflixオリジナル版
 
ドラマ
  • 2015年7月〜9月(日テレ)
 
小説
  • 2006年8月発行、『アナザーノート』(集英社)
  • 2014年5月発行、『L change the WorLd』(集英社)
 

テレビアニメ
  • 2006年10月〜翌年6月(日テレ、全37話)
  • 2007年8月、特別編1・2(日テレ)
  • 特別編1・2を含めた全39話は、Huluで視聴できます!(記事掲載時現在)
 

舞台
  • 2015年&2017年、ミュージカルとして舞台上演
  • Lは小池徹平、リュークは吉田鋼太郎、夜神総一郎は鹿賀丈史
 

ゲーム
  • ニンテンドーDSゲームとして、2007年2月以降、各種発売
 

その他
  • トレーディングカード(コナミ販売)
  • フィギア各種

このメディアミックス展開は凄いですね。原作の連載から数えると、すでに15年にわたって展開されています。
 
これほどの展開がされるということは、「デスノート」という素材が魅力的だということです。
 
それを産んだ原作者、大場つぐみ氏が相変わらずベールに包まれたままなのが、興味を一層そそります(笑)。
 
そして、「デスノート」人気は続く…♪
 
 

映画『デスノート』(前編)ミニ情報♪

 
 
今回は映画化シリーズ1作目の紹介がメインですので、その映画のミニ情報を。
 

  • 監  督:金子修介
  • 原  作:大場つぐみ、小畑健「DEATH NOTE」
  • 主  演:藤原竜也、松山ケンイチW主演
  • 共  演:瀬戸朝香、満島ひかり、戸田恵梨香ほか
  • 公  開:2006年6月17日(日本公開)
  • 時  間:126分
  • 興行収入:28.5億円
 
 

映画『デスノート』(前編)のあらすじ

 

 
主人公、夜神月(やがみらいと/藤原竜也、以下「ライト」と記す)は、東応大学の学生。在学中に司法試験に合格した、極めて優秀な学生です。
 
death note
 
 
ある日、「ライト」は、死神・リュークが落とした黒いノートを拾います。それは、そこに名前を書かれた人間が死ぬという死のノート、「デスノート」でした。
 
リュークとライト
 
 
司法試験に在学合格した「ライト」ですが、実は、法律の裁きに限界を感じています。そういう背景があったからでしょうか、「ライト」は「デスノート」の力を使い、犯罪者たちの粛清をはじめてしまうのです。
 
世間は、次々と犯罪者たちの粛清が行われるのをみて、その背後にいるであろう謎の人物を、いつのまにか「キラ」(殺人者=Killer)と呼び、崇拝する者も出てきました。
 
しかし、「キラ」の行為は紛れもない犯罪です。警察は威信をかけて「キラ」を逮捕すべく、捜査をはじめます。
 
捜査の指揮を執るのは、なんと「ライト」の父、刑事である夜神総一郎(鹿賀丈史)でした。もちろん総一郎は、息子が「キラ」であることに気づく気配はありません。
 
警察の捜査は行き詰まり、世界的な名探偵として名高い「L」(エル、松山ケンイチ)が加わり、「L」が捜査を主導することになりました。
 
松山ケンイチ
 
 
そして、「L」は捜査に着手した早々から、「ライト」こそ「キラ」であると確信し、それを実証すべく行動をはじめるのです。

なお、映画の後編となる『デスノート the Last name』を含め、スピンオフ作品、ドラマ版など、このサイトにある「デスノート」をお読みいただければ、より楽しめると思います♪
 
映画デスノート the Last name 映画『デスノート the Last name』動画を無料で見る方法〜パンドラなどはどうかな? L change the WorLd 2 映画『L change the WorLd』動画を無料で見る方法〜パンドラとデイリーモーションはどうよ? ドラマ・デスノート ドラマ『デスノート』全話の動画を無料で見る方法〜パンドラとデイリーモーションはどうかな?  
 

勝手な感想♪

 
「正義感から悪に手を染める」…なんだかよく有りそうなストーリー展開ですが、なかなか引き込まれる物語です。
 
映画『デスノート』は、前編・後編で合わせてヒット作品となりますが、そのヒットの理由は、原作のストーリーの面白さにあると考えます。
 

  • 「死神」というありそうだけど、現実ではありえない存在。
  • 「書けば人が死ぬ」という単純明快な死のノート。
  • 死のノート「デスノート」を巡る人間模様。
  • 主人公にとってやっかいな「L」という存在。
  • 「キラ」対「L」というわかりやすい対立設定。
  • 「L」の背景が謎だらけ。
  • 信じていた息子を逮捕しなければならない父。
などなど…。
 
また、「ライト」役の藤原竜也さんや、「L」役の松山ケンイチさんも、それぞれの役柄にベストマッチなキャスティングですね。
 
個人的に注目している女優・満島ひかりさんも出演しています♪
 
ところで私は、2006年の本作公開当時、映画館では観ませんでした。
 
映画館での映画観賞は当時もたくさんしていましたので、この予告編も見た覚えがあります。
 
でも、死神が出てくるような「怖い映画」は嫌いなんです。
 
今、考えれば、惜しいことをしました(爆)。

話は少し変わって、主人公役の藤原竜也さん。
 
藤原竜也さん出演作で、最初に藤原さんを記憶に留めた作品は『バトル・ロワイアル』(2000年公開)です。
 
公開時に観ましたし、その後の続編も見ました。
 
『バトル・ロワイアル』当時、藤原竜也さんは映画デビューしたてでした。藤原竜也さんと言えば、蜷川幸雄チルドレンの1人。映画デビュー前から、鬼の演出家・蜷川幸雄さんに鍛えられてきました。
 
きっとそのせいでしょう、『バトル・ロワイアル』のときから、映画界では新人という感じはまったくなかったですから。
 
そして、映画『デスノート』シリーズの出演。
 
サスペンスの主人公は、藤原竜也さんのハマり役となりました♪
 
 

まとめ

 
 
映画『デスノート』
※This image is self-made using Canva
 
この記事では、映画『デスノート』(シリーズ第1作)動画を無料で見る方法をお伝えしました。併せて、プチネタバレな内容紹介もさせていただきました。
 
映画『デスノート』の本編動画は、無料動画サービスで有名な「パンドラ」「デイリーモーション」「ユーチューブ」では、見ることが出来ないことが判りました。
 
しかし、ご安心ください。
 
動画配信サービス「Hulu」(フールー)の「2週間無料トライアル」を活用すれば、映画『デスノート』だけでなく、このシリーズの他の作品、ドラマ、アニメなども見ることができます。
 
また、「Hulu」は日本テレビの傘下ですから、日テレドラマが「見放題」で品揃えされています。
 
ぜひ、この機会にHuluの2週間無料トライアルを活用して、すてきな動画ライフをご経験ください。
 
なお、この2週間無料トライアルは、登録も、期限内の解約も、とってもカンタンです!


ラストに、もう一度♪
 
藤原竜也さん主演映画『デスノート』の動画を安全&無料で存分に楽しめるのは、Huluの「2週間無料トライアル」です。
 

2週間無料トライアル!

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
シネマファン
 
 

補足

 
 
この記事は筆者「シネマファン」が運営していたサイト閉鎖に伴い、リライトして、サイト管理人「たもつ」氏が運営するココへ投稿させていただきました。元記事は「映画三昧.com」に2016年10月11日に投稿したものです。
 
 

追記2〜最新情報をご確認ください

 
本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は Hulu公式サイトにてご確認ください。
 

error: Content is protected !!