伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

49作目『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編』が50作目の鏡!?

男はつらいよ

 
渥美清主演映画『男はつらいよ』、その49作目『寅次郎ハイビスカスの花 特別編』について紹介させていただきます。
 
49作目は、当然、48作目の続きの展開だろう…と思っていると大違いです!!!
 

渥美清逝去…

 


 
渥美清主演映画『男はつらいよ』の48作目は、1995年12月23日に公開されました。タイトルは『男はつらいよ 寅次郎紅の花』です。そして、48作目のヒロインは、4回目の登場となった松岡リリー役の浅丘ルリ子です。
 

 
実は48作目の撮影時には、渥美清はすでに病魔に冒されており、主治医からはドクターストップがかかっていたにも関わらず、撮影に臨んだのです。
 
そんなこともあり、48作目『寅次郎紅の花』では座ったままのシーンが多い作品となっています。そして48作目公開の翌年8月4日に渥美清68歳で他界。
 
結局、48作目が渥美清の遺作となってしまいました。
 
撮影に入る前に、すでに浅丘ルリ子は渥美清の病状もわかっており、山田洋次監督に、寅次郎とリリーが結婚するストーリーを希望したと言われています。
 
48作目『寅次郎紅の花』については、別に記事を書いていますので、お読みいただけると嬉しいです。

 

49作目『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編』

 


 
この作品は渥美清の死後、1997年11月22日に公開されました。
 
渥美清が歌う主題歌は八代亜紀が担当。当然、渥美清はいないのですから、過去作品をうまく使うという形になりました。
 
ネタバレすると49作目はこんな展開です。
 

 49作目のネタバレあらすじ
どうやら48作に続く経緯で満男(吉岡秀隆)が登場します。満男はサラリーマンですが、鞄に商材を詰めて、地方回りをする営業職。この部分を切り取れば、おじさんである寅次郎(渥美清)と似ています。
 
そして辛い営業の最中に満男が寅次郎の回想をします。それはリリー(浅丘ルリ子)と寅次郎のことでした。
 
回想で11作目『寅次郎わすれな草』(1973年8月公開)の一部が使われます。寅次郎がリリーと出遭って、柴又に帰ってくるシーンです。
 
そして回想は飛び、15作目『寅次郎相合い傘』(1975年8月公開)で寅次郎は、サラリーマン・兵頭(船越英二)とリリーの3人で北海道へ向かいます。そんな3人のシーンが出てきます。
 
さらに時が経ち、今回の回想メインとなる25作目『寅次郎ハイビスカスの花』(1980年8月公開)のメイン部分が延々と続きます。その25作目のラストになると…
 
満男は回想から戻り、柴又の街が投影されてTHE ENDです。
 
この49作を初めてみたとき、25作目を知っている(見たことがある)者としては、興ざめすることなく懐かしく見れた覚えがあります。
 

記念すべき50周年の50作目は49作目のデジャヴか!?

 


 
50作目の公開予定は来年2019年、渥美清が亡くなって22年です。当然、渥美清は撮影に参加できませんから、映画手法としては49作の方法を踏襲することになります。
 
50作に出演が決まっている倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、夏木マリ、浅丘ルリ子が絡む現在進行形の物語のなかに、過去回想を組み込むという形です。
 
49作では、作りがあまりに単純過ぎました。なので50作目では前述の6人の物語を核にして、歩印ポイントで過去回想を使うという形になればなと期待しています。
 
それに「50周年の50作目」が49作の作風と同じだと、あまりに芸がないですし。
 
繰り返しますが、記念すべき50作目が49作目のデジャヴでないことを祈ります。
 

49作目『寅次郎ハイビスカスの花 特別編』を無料で見る方法

 
FODプレミアム
 
これは48作目『寅次郎紅の花』の紹介記事で書きましたことですが、映画『男はつらいよ』の動画は、動画配信サービスのHulu、Netflix、Amazon、FODで見放題取扱があります。なので、この4つのどれを選んでもいいのです。
 
ただし、できれば48作目や49作目だけでなく、1作目から全部見ていただきたい。それだけとっぷり楽しめるだけの作品、それが映画『男はつらいよ』シリーズなのです。
 
そこで次の2つの理由で、ライター「シネマファン♪」は次の方法を一推しとします。
 

  1. 月間最大1300ポイント(1300円相当)がもらえる。
  2. 最大5台の同時視聴ができる。
 

月間最大1300ポイント(1300円相当)がもらえる

 
FODプレミアムでは、月間最大1300ポイントがもらえるんです。毎月1日に100ポイントが自動でもらえます。
 
それから「8がつく日」には、サービスサイトにログインして「8の日サービス」のボタンを押すと漏れなく400ポイントもらえます。これをしっかりゲットすれば、月間最大1300ポイントとなります。
 
そして、この最大1300ポイントは「1ヶ月無料お試し」期間の方でもゲットできるんです。
 
実は「FODプレミアムを一推しする理由」は、「1ヶ月無料お試し」で1300ポイントゲットできるからではないんです。
 
ズバッと書きます、ズバッと。それは…
あなたはFODプレミアムの「1ヶ月無料お試し」期間で、49作ある映画『男はつらいよ』を全部見ることはできないでしょう。49作品といったら70時間以上ありますからね。
 
それはNetflixの無料お試し期間でも、Amazonプライムの無料お試しでも、Huluの無料お試しでも同じです。とくにHuluの無料お試しは14日間ですから「無理」です。
 
ならば、どうしても全作品を見続けたいという場合には、継続して正式会員となって見るということになります。そのとき、実質無料で見ることができるのはFODプレミアムだけなんですね。だって税抜き888円の月額費用に対して、月間最大1300ポイントがもれなくつくのですから…。
 

最大5台の同時視聴ができる

 
家庭で動画配信サービスを見ていると、子供と自分で見たいサービスがぶっつくときがあるんです。ぶっつく=同時に見るという意味です。でも、多くの動画配信サービスでは同時視聴ができないんですね。
 
そんななか月額基本料金税抜き888円で5台の同時視聴ができるのは、とてつもなく便利なんです。家のなかで1つの契約で5人が同時にFODプレミアムで別々のコンテンツを楽しむことができるんですから。
 
ライター「シネマファン♪」が子供のころ、家族全員でドラマ『男はつらいよ』を見ていたことを書きました。でも、今ではそういう「みんな同じ」というシーンは少なくなりましたよね。よく言えば、個性尊重。
 
つまり、FODプレミアムは、いまの時代の私たちの生活シーンに合っているというわけです。


以上のことから、あなたが動画配信サービスをとことん楽しむためには、そして、映画『男はつらいよ』をとことん見尽くしちゃうためには…
 
映画『男はつらいよ』を全作見るための一推しの方法は、FODプレミアムの1ヶ月無料お試しを活用することなんです。
 

今なら初回1ヶ月無料!

渥美清主演『男はつらいよ』
FODプレミアム1ヶ月お試しで
今すぐ楽しむならこちらから♪

※無料期間中に最大1300ポイント分の
漫画を無料で読むことができます!


 

まとめ

 
50周年である来年12月27日に50作目が公開予定の映画『男はつらいよ』。
 
これを機に、ひとりでも多くの方に映画『男はつらいよ』の過去作品を楽しんでいただきたいと思っています。そこで、49作目の作品『寅次郎ハイビスカスの花 特別編』の紹介をさせていただきました。
 
この作品は主演の渥美清が亡くなってから企画され、撮影された作品です。なので、甥の満男(吉岡秀隆)が寅次郎(渥美清)とリリー(浅丘ルリ子)のことを回想するという展開になっています。
 
そして、どちらかというと、回想というより、過去の映像がメインという作品になりました。『男はつらいよ』ファンならば、回想シーンメインでも十分楽しめます。
 
しかし、50作目となる記念作品をつくるならば、あくまでもメインは「今」で、ポイントを絞って過去映像を使うという展開を望むと主張させていただきました。
 
そんなこんながあり、これを機に、過去の『男はつらいよ』を動画配信サービスでお楽しみいただければと思い、その一推しの方法についても紹介させていただきました。
 
映画『男はつらいよ』を全作見るための一推しの方法は、FODプレミアムの1ヶ月無料お試しを活用することなんです。
 


今なら初回1ヶ月無料!

渥美清主演『男はつらいよ』
FODプレミアム1ヶ月お試しで
今すぐ楽しむならこちらから♪

※無料期間中に最大1300ポイント分の
漫画を無料で読むことができます!


 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
シネマファン♪