『天気の子』公開、新海誠作品はFODで♪

【プチネタバレあり】木村拓哉主演ドラマ『HERO 第2期』の紹介♪

HERO第2期


<スポンサーリンク>

 
 
ドラマ『HERO 第2期』は、2014年7月期に全11話で放送されました。
 
主演はもちろん木村拓哉さん
 
 

いつものように城西支部の1日が始まる。ひとつだけいつもと違うのは久利生公平(木村拓哉)が新たに着任するということ。久利生には麻木千佳(北川景子)が担当事務官として付くことが発表される。いきなりジーパン姿で登場した久利生を一目見た瞬間、千佳はめまいを覚える。昔から久利生を知る面々は久利生を歓待するがはじめて久利生を目にした者たちは皆、一様にとまどうのだった。が、久利生は相変わらず。先入観にとらわれず、疑問を持った点については徹底的に自分の目で確かめ、様々な人たちから話しを聞いて最終判断を下す。そんな姿に周りの人間も次第に影響されていくのだった。

 
このドラマ、サイト管理人「たもつ」のおすすめは最終話(第11話)です。
 

最終話は、普通「ありえない展開」の法廷劇です。詳細は、ずっと後に書いている「あらすじ」を読んでいただくとして、そこで展開される久利生検事(木村拓哉)の弁舌を楽しんでください♪
 
 

ドラマ『HERO 第2期』の紹介

 
 

 ドラマ基本情報
制 作:フジテレビ
放 送:2014年7月期
主 演:木村拓哉
共 演:北川景子/杉本哲太/濱田岳/吉田羊/松重豊/小日向文世/正名僕蔵 ほか
主題曲:服部隆之
「HERO」-Main Title
 
【主題曲の紹介♪】

 
 あらすじ・前半
第1話
いつもと同じ城西支部の1日がスタート。違うのはひとつだけ。
 
久利生公平(木村拓哉)が新たに着任するからです。つまり、久利生がまた城西支部に戻ってくるのです!!
 
そして久利生には麻木千佳(北川景子)が担当事務官となることが決まりました。初日、久利生を目にした麻木はジーパン姿で登場した久利生見て、ドン引きしました。
 
久利生は居酒屋で起きた傷害事件を担当することとなり、早速取り調べを始めますが、フツーの調べ方とは全く違うやり方に、これまた麻木はドン引きの連続です。
 
廻りから何を言われようがスタイルを変えない久利生は、時効目前の事件に光明を見いだし…。

第2話
久利生公平(木村拓哉)はエリートサラリーマンの痴漢事件を扱います。
 
久利生の取り調べに、勝俣は素直に容疑を認めます。しかし、弁護人が現れ、容疑者は釈放されました。
 
後日、久利生のもとに被害者との示談が成立したと、件の弁護人が現れます…。

第3話
久利生公平(木村拓哉)の担当事務官・麻木は毎日多忙です。理由は、他の検事たちより何倍も取り調べに時間がかかるからです。
 
ある日、長谷川洋介という人物から城西支部に電話が掛かってきました。実は長谷川は殺人の被害者だったのです。しかしよく調べて見ると、それは洋介の父・誠一(前田吟)でした。取調中に留置場で亡くなった容疑者が息子を殺した犯人だと考え、被疑者死亡で起訴されないことが納得できないのです。
 
そんな父親に対し、担当検事・田村雅史(杉本哲太)の態度は…。

第4話
城西支部に東京地検から女性検事が出張してきました。第1期で登場していたあの検事・中村美鈴(大塚寧々)です。
 
実は、検事・宇野大介(濱田岳)が取り調べている被疑者・土井垣次郎(西村和彦)は、中村検事も扱っている犯罪なので、ここへ来たのです。その中村検事は、被疑者にあっさり犯行を認めさせました。そのあまりの手際よさと自分との違いに宇野検事は落ち込みます。
 
ところで、久利生が取り調べしている被疑者が事務官・麻木(北川景子)と知り合いであることが発覚。どうやら麻木は元ヤンだったのです…。

第5話
城西支部で健康診断があり、健康だったのは久利生公平(木村拓哉)だけでした。
 
麻木千佳(北川景子)は、久利生に振り回されて忙しいから健康診断に問題が出たのだと嘆きます。部長の川尻健三郎(松重豊)に至っては、全ての数値が昨年を下回ったことで、朝から不機嫌です。
 
そんなとき、みんなが部長・川尻の取調を見てみたいということになり…。
 

<スポンサーリンク>



 
 あらすじ・後半
第6話
いつものような朝がスタートしたと思われた城西支部。違うことがひとつありました。それは事務官・遠藤賢司(八嶋智人)がいないのです。そして、電話に出ていた部長・川尻(松重豊)が大声で驚きます。なんと、遠藤が殺人未遂で逮捕されていたのです。
 
城西支部には特捜部が乗り込み、遠藤の物品が押収され、特捜部検事の首藤礼二(石黒賢)が、遠藤の取り調べは自分たちで行うと宣言。
 
実は、遠藤が刺したと言われている被害者は、ある代議士の私設秘書だったのです…。

第7話
ある日、久利生は礼子(吉田羊)に頼まれた事件の取り調べを始めます。被疑者は城山圭吾(竹財輝之助)。城山には同居中の恋人、綾野さくら(中村ゆり)への暴力による傷害容疑がかけられています。城山は、容疑を認めます。
 
取調べのあと久利生は、城山の被害者・さくらの事情聴取のため熱海に向かいます。そこで久利生は違和感を持ったのです…。

第8話
城西支部の検事たちは、暴力団同士の事件に巻き込まれそうな事態になりました。
 
その事件は、みんなが敬遠したので、久利生(木村拓哉)が担当になったのです。そして、被疑者、権藤明(池内博之)の到着より先に、暴力団の顧問弁護士・小此木誠(鶴見辰吾)が尋ねてきました。もちろん、権藤を弁護するためです。
 
そして、小此木弁護士は、検事・宇野大介(濱田岳)の司法修習生のときの先生だったのです。
 
さて、取調のほうは、暴力団に臆することなく、久利生はいつものように進めます。でも、やはり暴力団の圧力はあり…。

第9話
久利生(木村拓哉)たちは、大学生4人による暴行致死容疑を扱うことに。仲間のひとりが集団暴行によって死んでしまった事件です。4人の学生を久利生、田村雅史(杉本哲太)、宇野大介(濱田岳)、馬場礼子(吉田羊)それぞれが担当します。
 
ようするにチームプレーで真相に辿り着こうとするわけです。しかし、大学生たちの口は重く、事件について語ろうとしません。
 
被害者を含めた5人がフットサル仲間だということだけしかわかりません。久利生と麻木は、5人の関係を探るため、通っている大学で聞き込みます…。

第10話
久利生公平(木村拓哉)と麻木千佳(北川景子)は、部長・川尻健三郎(松重豊)から東京地検特捜部のサポートを命じられます。
 
特捜部は現職大臣と建設会社の贈収賄を裏付けるため、人手不足になっていたのです。久利生は淡々と調べを進め、大きな手がかりを掴みますが、特捜部はその事実に気づくのは随分と後になります…。

最終話(第11話)
特捜部の捜査から外されてしまった久利生公平(木村拓哉)と麻木千佳(北川景子)。城西支部に戻ると大変なことになっていました。
 
過去のえん罪が浮かび上がったのです。元検事の国分秀雄(井上順)の間違いを暴く必要が出てきたのです。
 
しかし、それ以上にえん罪を暴くのは、司法の間違いを曝すことにもなり、城西支部はバッシングを受けることになったのです。それどころか、城西支部そのものの存在すら危なくなる事態に追い込まれていきます…。
 
 

木村拓哉さん主演作品記事について

 
このサイトでは、本作品を含み、以下の7つの木村拓哉さん主演作品を記事で紹介しています。
 

 
どれも素敵なドラマばかりです♪
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
 
HERO第2期
※画像出典:自作(by Canva)
 
 
木村拓哉さん主演ドラマ『HERO 第2期』の紹介をさせていただきました。
 
『HERO 第1期』とメンバーを変えての再登場となった『HERO 第2期』。元ヤン設定の検察事務官役の北川景子さん、検事役の吉田羊さん。それから杉本哲太さん、濱田岳さん、松重豊さん、小日向文世さん…みなさん素敵過ぎます♪
 
そうそう…
このドラマ『HERO 第2期』は、主要動画配信サービスでの取り扱いがありません。早く取り扱いが実現できることを望むばかりです。
 
※アイキャッチ画像の出典:自作
 

error: Content is protected !!