『君の名は。』を含む新海誠作品はFODで♪

【プチネタバレあり】木村拓哉主演ドラマ『HERO 第1期』の紹介♪

HERO第1期


<スポンサーリンク>

 
 
ドラマ『HERO 第1期』は、2001年1月期、全11話で放送されたドラマです。
 
主演は木村拓哉さん
 
 

訳あって、高校を中退。つまり中卒で大検を受け、司法試験に合格し検事になった久利生公平(木村拓哉)。物語は久利生が青森から東京地検城西支部の刑事部に赴任するところから始まります。彼、人一倍正義感が強く、また人を見た目で判断することは一切なく、常に真実を求める姿勢で一貫しています。古い習慣にとっぷり浸かった他の検事や事務官たちは、彼のことが最初、全く理解できません。彼を担当する事務官・雨宮舞子(松たか子)も、久利生の破天荒過ぎる仕事ぶりにあきれるばかりなのです。

 
このドラマは、ほぼ18年前の作品。だけど全く古さを感じさせずに面白いです。そして、主演の木村拓哉さんはじめ、みんな、若いです♪
 
サイト管理人「たもつ」のおすすめは最終話(第11話)「最後の事件」です。
 

いろいろあって、久利生検事(木村拓哉)は左遷させられてしまうわけです。そして久利生は東京地検城西支部の仲間たちに「さよなら」を告げずに左遷先に向かおうとします。
 
しかし、久利生の事務官だった雨宮(松たか子)は久利生を追いかけ、約束通りに「ワールドカップに連れて行け」と文句を言います。
 
そこで流す雨宮の涙…素敵過ぎます。久利生は雨宮に「あるもの」を手渡します…。
 
そうそう、第8話「過去を知る女」も必見かも。ナイショですが「とある女性」がウエイター役で登場します。
 
 

ドラマ『HERO 第1期』の紹介

 
 

 ドラマ基本情報
制作:フジテレビ
放送:2001年1月期・全11話
主演:木村拓哉
共演:松たか子/大塚寧々/阿部寛/児玉清/八嶋智人/小日向文世/勝村政信/正名僕蔵 ほか
曲♪:宇多田ヒカル「Can You Keep a Secret?」
 
【主題歌の紹介♪】

 
 あらすじ・前半
 
第1話
大きな事案に着手し始めた東京地検城西支部は、いま忙しいさなか。そんなとき、定期異動以外に若手検事が赴任してきます。城西支部の検事や事務官たちは「どんなヤツが来るのか」興味津々です。
 
そこへ現れた久利生公平(木村拓哉)は、とにかく破天荒なヤツでした。Tシャツにジーパン、そしてロン毛。すぐ外に調査に行く。担当の事務官・雨宮舞子(松たか子)もあきれ果てています。
 
そして、久利生が中卒で大検を受けて司法試験を受験、検事になったことに、みんな驚愕します。
 
そんなフツーでない検事・久利生が最初の事件に取り組み…。

第2話
今回、久利生(木村拓哉)が扱う事件は、正当防衛を主張する殺人事件です。容疑者は代議士の息子でもあり、大物弁護士がついていました。しかし、容疑者に作為を直感した久利生は、いつもの独自調査を開始します。その分、久利生がやるべき事案が他の検事や事務官に回され、彼らの憤りも頂点です。

第3話
今度の久利生(木村拓哉)が取り扱うことになった事件は、結婚詐欺!?
 
怪しい場合でも、結婚詐欺の立件は実に難しいのです。そういう状況になっている久利生に対し、担当事務官・雨宮(松たか子)は「リングに上がる前に逃げるK1選手のよう」という言葉を浴びせます。
 
それに奮起したのか久利生は、捜査を始めますが…。

第4話
ストーカー殺人の容疑者が入院先の病院から逃げ出しました。検事・江上(勝村政信)が取調中の容疑者でした。江上の判断で逮捕を見送っていたのです。結果、「早く逮捕しておけば」とマスコミも騒ぎ出し…。
 
検事たちは逃げた男が本当に犯人なのか、他に犯人が居るとしたら、どうやって現場から逃げたのかと捜査に乗り出しますが…。

第5話
今回の騒動の中心は久利生担当事務官・雨宮(松たか子)です。彼女が不倫宣言!?
 
雨宮に想いを寄せる江上(勝村政信)はショックを受け、事務官たちは「まさか?」とびっくりです。
 
部長の牛丸(角野卓造)は、他の検事が不倫問題で飛ばされたこともあり「責任を取らされるかもしれない」とハラハラです。
 
そして、久利生と雨宮は不倫の清算の末の傷害事件を担当することに…。
 

<スポンサーリンク>



 
 あらすじ・後半
 
第6話
またしても雨宮(松たか子)が騒動の渦中に。
 
賭博容疑で摘発された店に、なんと雨宮が居たのです。そして、雨宮は何やらその店で「何か」を探しているのです。そんな雨宮を見て、他の検事が「ヤバいぞ」と騒ぎ出します。
 
久利生は、非番の警察官を殺害した事件を調べていた。被疑者・太田川は鉄壁のアリバイを主張していました。そして雨宮の「無くした何か」を探す執念が、太田川のアリバイ崩しのヒントとなるのですが…。

第7話
検事にアゴで使われる事務官たちは、自分たちの仕事に嫌気が出ていました。そんなところに、クールな事務官・正木(金田昭夫)が転勤してきました。
 
その正木は、事務官を辞めてクレープ屋を開くというのです。それを聞かされた末次(小日向文世)や遠藤(八嶋智人)は動揺します。
 
ところで久利生が今回注力しているのは痴漢事件です。被疑者は、大手貿易会社の専務の綿貫(寺田農)。綿貫は容疑を全面否定、しかし、ピンと来た久利生は調べを続け…。

第8話
久利生(木村拓哉)は立件が難しい医療過誤事件を担当します。
 
病院・医師側には辣腕弁護士・巽江里子(飯島直子)が担当。そして、江里子は久利生に親しげに声を掛けます。2人は知り合いだったのです。
 
一方、久利生は、辞めた准看護師の証言で医療過誤があったと判り医師を起訴します。しかし、最初の後半で彼女が証言を一転させたのです…。

第9話
東京地検城西支部が一大事です。ピザ配達を装った男が侵入し、発煙筒をたいて暴れ回る事件が発生。犯人は逃げてしまいました。
 
しかし犯人の去り際、久利生(木村拓哉)は不審な音を耳にしていました。
 
一方、城西支部のメンバーは自分が狙われているのではないかと疑心暗鬼の毎日。そんな時、舞子の鞄から爆発物が見つかり、その恐怖はピークに。
 
そんなさなか、久利生は今回の犯人像をハタと思いつくのです…。

第10話
久利生公平(木村拓哉)は、人気女性テレビキャスターを襲った容疑者青年を、証拠不十分を理由に不起訴にしました。
 
この処分を不服として被害者女性キャスター榎本由起(羽田美智子)が検察審査会に審査を申し立てます。
 
審査会の空気は冷たく、マスコミも大騒ぎ。そんな中、今度は脅迫状が女性キャスターのもとに届くのです…。

最終話(第11話)
キャスター暴行事件で、久利生(木村拓哉)に対するバッシングが高まり、地検の上層部は、久利生に異動転勤処分を下します。
 
久利生は、そんな世間の動静を少しも気にしません。いつも通り、粛々と事件調べに取り組みます。
 
事件の被疑者は逮捕されたものの完全黙秘。久利生と雨宮は、事件当日「ある政治家がいた」事実を掴みます…。
 
 

木村拓哉さん主演作品記事について

 
このサイトでは、本作品を含み、以下の7つの木村拓哉さん主演作品を記事で紹介しています。
 

 
どれも素敵なドラマばかりです♪
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
 
HERO第1期
※画像出典:自作(by Canva)
 
 
木村拓哉さん主演ドラマ『HERO 第1期』の紹介をさせていただきました。
 
個人的にはとても好きなドラマです。
 
「中卒の検事」という設定がいいですね、そして型破りな検事と木村拓哉さんが驚くほどマッチしています♪
 
ところで、ドラマ『HERO 第1期』は、主要な動画配信サイトでは取り扱いが在りません。早く取り扱いが実現されることを望むばかりです。
 
※アイキャッチ画像の出典:自作
 

error: Content is protected !!