『君の名は。』を含む新海誠作品はFODで♪

新海誠監督作品紹介記事について

新海誠

 
新海誠監督作品紹介の記事です。

新海誠監督作品記事一覧

2019年『天気の子』

映画『天気の子』 映画『天気の子』7/19公開、新海誠監督新作〜いま分かっていることは何!?

2016年『君の名は。』

君の名は。 新海誠監督映画『君の名は。』動画を無料で見る〜新作『天気の子』公開記念(7/19)♪ 君の名は。 映画『君の名は。』新海誠監督が仕掛けた謎や遊び、7つのネタバレ♪ 君の名は。 『君の名は。』【ネタバレ】三葉と瀧の入れ替わり全解明〜計12回の入れ替わりはこれだ! 君の名は。 『君の名は。』に潜む1200年間の「時の流れ」をネタバレ!?

2013年『言の葉の庭』

言の葉の庭 新海誠監督映画『言の葉の庭』動画を無料で見る〜年上女性に惹かれる少年恋物語ではない!?

2011年『星を追う子ども』

星を追う子ども 新海誠監督映画『星を追う子ども』動画を無料で見る〜新作『天気の子』公開記念(7/19)♪

2007年『秒速5センチメートル』

秒速5センチメートル 新海誠監督映画『秒速5センチメートル』動画を無料で見る〜新作『天気の子』公開記念(7/19)♪

2004年『雲のむこう、約束の場所』

雲のむこう、約束の場所 新海誠監督映画『雲のむこう、約束の場所』動画を無料で見る〜新作『天気の子』公開記念(7/19)♪

2002年『ほしのこえ』

ほしのこえ 新海誠監督『ほしのこえ』初劇場公開作品は宇宙規模の超遠距離恋愛!?

『君の名は。』理解のための参考図書

この小説は新海誠監督自身の手によるノベライズです。小説が先か、映画が先かは…わかりません。
 
この小説で超おすすめな部分。それは、巻末の「解説」です。解説の書き手は、映画『君の名は。』のプロデューサー川村元気さん。
 
解説のなかでは、とても興味深い『君の名は。』制作の経緯などが語られています。


この小説『君の名は。 Another Side:Earthbound』は、『君の名は。』のスピンオフ。作者はライトノベル作家・加納新太氏。加納氏は、これまでにもいくつもの新海誠作品をノベライズしてきました。
 
このスピンオフ小説は、4つの章からなる作品。それぞれ映画に出てくるキャラクターを深掘りしています。そして、全体を通して『君の名は。』の核心部分を説明している作品です。
 

第一話 ブラジャーに関する一考察

  • 第一話の主人公は、三葉の体に入り込んだ「瀧」です。その瀧を通して、三葉の置かれている状況がより明らかになっていきます。映画では語られなかった三葉がリアルに甦るのです。
  • 三葉の体に入った瀧は思うのです。この田舎町で三葉は「主張のほとんどない女」のように生きている。だけど、瀧は気づいたのです。本当は「とてつもなくファンキーな女」だということを。
  • 人には「普段見えないものでも、見ようとすれば見える力」が備わっているのかもしれません。

 
第二話 スクラップ・アンド・ビルド

  • 第二話の主人公は、三葉の幼なじみで親友の「勅使河原克彦」。地元有力土建屋の長男でいろいろ思うところはあるものの、土建屋を継ぐ覚悟はあります。
  • 勅使河原は物語後半で、あるものを「爆破」するわけですが、そんなことがどうして高校生の彼に出来たのか…というような彼の背景が明らかになります。別に彼がテロリストだということじゃないですからね。
  • 運命を受け入れた者の覚悟の揺らぎです。現状を全否定はしないが、何かを変えなければならないという衝動です。

 
第三話 アースバウンド

  • 第三話の主人公は、三葉の妹「四葉」。小学生の四葉は、周囲の年長や大人たちと違って、かなり客観的に物事を見る力を備えています。「男の世界にはバカほど偉いという単純な法則がある」と見破った四葉の眼力には恐れ入るばかり…。
  • 三葉のなかにある「父への怒り」にも四葉は気づいています。「お互いにごめんねして、仲直りの握手とかすればいいじゃん」と思う四葉は大人の世界がいまひとつおかしいと思っています。実は、幼い四葉のなかには、勅使河原のような「覚悟」がすでに芽生えているのです。
  • 「夢見る=ムスビ」の関係性が第三話の後半で語られます。つまり「夢というのは、いつともどことも知れん場所に、理屈を超えてむすびつく」ということ。本作の著者・加納氏が、この第三話にスピンオフタイトルと同じ「アースバウンド」と名付けた意味を感じとれるのではないでしょうか。

 
第四話 あなたが結んだもの

  • ラスト第四話の主人公は、三葉の父「宮水俊樹」です。この第四話では、糸守町町長としての宮水俊樹の変心の謎が語られています。どうして彼が糸守町住人を救うことができたのか…。
  • その俊樹の変心を解き明かすために、三葉の母・双葉と俊樹の出会いから結婚、そして三葉の誕生までが語られます。俊樹は、宮水の女たちに違和感を持ちながらも、潜在意識下では、宮水神社が連綿と受け継いできたことに理解があったのです。
  • 『君の名は。』は、宮水俊樹と亡き妻・双葉のラブストーリーでもあったのです。

これは3分冊からなる『君の名は。』のコミックです。映画以上に、そして小説以上に、映画『君の名は。』の謎を解く鍵が満載です♪


これが超お薦めなのは、これのついている100ページのブックレットです。このブックレットにも、いろんな謎を解く鍵が満載なのです!!!


ここで紹介している新海誠監督作品を見るなら、その一推しは、「フジテレビが運営する動画配信サービス・FODプレミアムの1ヶ月無料お試しを活用すること」です。
 

初回1ヶ月無料!
※登録手順→スマホで簡単登録を解説
※解約手順→スマホで簡単解約を解説

 
※アイキャッチ画像の出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Makoto_Shinkhai_in_Moscow.JPG

error: Content is protected !!