みやぞんは天才肌〜トライアスロン(24時間マラソン)で発揮できるか!?

みやぞん


<スポンサーリンク>

 
ANZEN漫才みやぞんが、8月に行われる24時間テレビで、チャリティマラソンランナーとなることがわかって2ヶ月。7月には熊谷で日本最高気温を更新するなど暑さが心配されています。いろいろな分野で天才肌を発揮しているみやぞん。トライアスロン形式のチャリティマラソンでも実力を爆発できるか!?

みやぞん、24時間チャリティマラソンランナーとなる!?

 
ANZEN漫才のみやぞんが、日本テレビの24時間チャリティマラソンランナーとなることが、6月3日に新聞報道で明らかになりました。そして、同日に放送された『世界の果てまでイッテQ』でチャリティマラソンランナー内定が正式に発表になったのです。
 


 
みやぞんはピアノにギターに野球にと天才肌を発揮する芸人として有名です。高校では野球部で活躍したとか…。
 
なので、今回もチャリティマラソンでその天才肌で遺憾なく発揮して活躍してもらいたいものです♪

みやぞん、トライアスロンで大丈夫?

 
昨年のチャリティマラソンでは、ブルゾンちえみが長距離走経験者として、いかんなくその実力を発揮し、いつになく安心して見ていられました。
 
一方、今年のチャリティマラソンは、天才肌のみやぞんに内定したものの、2つの点で心配です。それは、「みやぞんはほとんど泳げない」、「みやぞんを襲う暑さ」です。
 
今回のチャリティマラソンはトライアスロン形式でやることが分かっています。トライアスロンと言えば、水泳に始まり、次に長距離を自転車で走り、ラストはマラソンでしめるという、あの過酷なスポーツです。
 
高校時代、野球部をやっていたみやぞんは長距離走についてはそこそこの経験はあるみたいです。でも実は泳ぎについては「100メートル」を超える経験がないんだとか。内定して数ヶ月で「キロメートル単位の水泳」をこなす力が身につくのかどうか…。
 
トライアスロンの初っぱなの種目から不安満載な感じです。遠泳ってそんなに甘いものではないと思うのです。それとも、みやぞんが起用されたということは、みやぞんの天才性と秘めたるパフォーマンスに賭けたということなのでしょうか。
 
レース当日は最初の水泳を見るまで心配です。

みやぞんをサポートする暑さ対策、大丈夫?

 
そして、もう一つの心配は、暑さです。
 
今年は記録的な酷暑で、特に7月には埼玉県熊谷市で日本最高気温を更新する41.1度を記録しました。同日、東京都青梅市においても、東京都としてはじめての40度オーバーを記録。とにかく暑い今年の夏。
 
そんななか慣れないトライアスロン形式で長距離に挑むみやぞんの暑さ対策は大丈夫なのでしょうか。
 
これについては30日に日本テレビの社長みずからが「入念な暑さ対策準備を指示している」と定例記者会見で発言しました。具体的な対策にまでは及びませんでしたが、社長の発言を信じ、みやぞんの活躍を期待するばかりです。

<スポンサーリンク>

まとめ

 
今回は、8月の24時間チャリティマラソンランナーに内定しているみやぞんが、ライアスロン形式のチャレンジでも天才肌を発揮できるかということについて書きました。
 
みやぞんのチャレンジついては2つの心配事があります。それが「みやぞんは長距離を泳いだことがない」「暑さ対策は大丈夫」という2点です。
 
それについても簡単に言及させていただきました。
 
みやぞんのチャレンジは、8月25日(土)スタートとなります♪
 
※アイキャッチ画像の出典:日本テレビtwitterから