伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

傷害事件で引退日馬富士の引退相撲がモンゴル祭り状態の怪!?

相撲


<スポンサーリンク>

 
角界が貴乃花親方引退&貴乃花部屋消滅に揺れるなか、9月30日、元横綱・日馬富士の引退相撲が両国国技館で行われました。最後の横綱土俵入りでは露払い鶴竜、太刀持ち白鵬。そして断髪式には元横綱・朝青龍登場と、さながらモンゴル祭りの様相を示していました。

貴ノ岩の暴力事件の真相が明かされないままに…

 
もし飲み会の場で自分の子供が他人から血祭りにあげられ、加害者から黙っていろよという無言のプレッシャを受けたとき、ニコニコしてそれを受け入れる親が居るでしょうか。激怒し、警察沙汰にするのが普通です。そして、加害者に誠意が見られなければ訴訟に持ち込むでしょうね。
 
さて、あの貴ノ岩に対する暴行障害事件ですが、ことの真相は全く明らかにされていません。
 

  • あのモンゴル関取夜会が催された真の目的は何だったのか〜八百長の打ち合わせ?
  • 失礼な言動があれば10針もの怪我を負わせても免責される〜日馬富士はどうして引退受理された?
  • 日本相撲協会が真相解明にすぐに乗り出さなかったのは何故〜貴乃花親方から報告がなかったということで責任転嫁できるのか?
などなど。
 
考えれば、まか不思議な展開で、加害者・貴ノ岩は十両に陥落し、幕内で活躍する機会を何場所も奪われたのです。
 
一方、加害者・日馬富士は引退により相当の退職金を手にし、今度は引退相撲で「おいしい集金機会」を得たわけです。
 

<スポンサーリンク>


モンゴル祭りは、まだ2度ある!?

 
今回、断髪式には引退した元横綱・朝青龍も登場。朝青龍は当時暴力事件を起こし、引退勧告を受けた上で引退したのです。フツーの会社なら解雇相当なのに甘々処分で引退で済んだ。日馬富士って、その暴力引退横綱・朝青龍のデジャヴです。
 
その元祖暴力引退横綱が「引退する横綱の断髪式に登場すること」を許した日本相撲協会。ということは、今後、白鵬や鶴竜が引退するとき、2代目暴力引退横綱・日馬富士が彼らの断髪式に出る可能性「大」ということです。
 
これって諭旨解雇した社員を会社の公式パーティーに招くみたいな違和感あります。
 
それどころか、あのモンゴル夜会に同席していた鶴竜と白鵬を露払いと太刀持ちにしての日馬富士の最後の土俵入りを許すなんて、日本相撲協会はどこまでモンゴル関取たちに「ヨイショ」するのでしょうか。なさけないです。
 
個人的には白鵬も鶴竜も大好きな横綱ですが、そこまでして日馬富士の晴れの舞台にスポットライトをあてまくっておかしくね?…ということです。
 

<スポンサーリンク>

まとめ

 
角界から消滅した「貴乃花」。その元貴乃花親方の言動は目に余るほどおかしいことがたくさんありました。結果は自業自得のものがあるのかもしれません。
 
しかし、それ以上に日本相撲協会の一連の対応にはおかしな部分が満載です。
 
でも、そんな摩訶不思議な統治が許されてしまうのが現実なんですよね。そうそう朝青龍は断髪式のあと貴ノ岩の示談について「いまさら3千万円!?」と発言したとか。また、今回の貴ノ岩の訴訟に対し、日馬富士側は数十万円の示談金と履んでいたとも報道されています。
 
示談金数十万円って、完全に「俺は悪くない」という宣言ですね。そんな非常識を許している大元は日本相撲協会の統治能力のなさです。呆れるばかりの統治能力のなさです。ガバナンス&コンプライアンスなどと普段使わない単語を並べる閑があるなら、もっと常識的な行動をとってもらいたいものです。
 
子供同様と言われている弟子たちを殴って育てる親方連中ですから、もともと常識人ではないので、角界の浄化は望めないことなのかもしれません。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay