『天気の子』公開、新海誠作品はFODで♪

カラテカ入江、犯罪集団への闇営業で解雇〜他にヤバイ芸人は誰? 吉本の社会的責任は??

カラテカ入江


<スポンサーリンク>

 
お笑い芸人、カラテカ入江さんが「闇営業」をしていたということで所属の吉本興業から解雇されました。
 
この方です。
 


 
 

カラテカ入江さん、解雇の経緯詳細

 
今回の解雇は、ひとつには闇営業をやっていたということが理由です。つまり、事務所・吉本を通さず営業をしていたのです。
 
本日発売の写真週刊誌「FRIDAY」で詳細が載っていました。
 
事務所の取り分にはうるさいと言われている吉本興業ですから、闇営業芸人など許すワケがありません。カラテカ入江さんを許したら、ズルズルと闇営業が蔓延してしまいます。
 
全所属タレントへの見せしめのためにも、「闇営業は即解雇!」の姿勢を示すことが吉本にとって重要だったのではないでしょうか。
 
ちなみに、吉本興業では所属タレントが著書を発売したときも、しっかり著作料の一定率を徴収するとか。そうそう、芥川賞作家のアノ方も、賞金を吉本に一定率徴収されたとかされないとか…一時、話題になりましたね。
 



さて、今回はこの「闇営業」以上に問題もありました。それは…
 
カラテカ入江さんの闇営業先です。なんと、振り込め詐欺集団にも営業をしていたことが発覚してしまったのです。
 
カラテカ入江さんがどこまで認識していたかは別にして、犯罪集団との関わりを持ったことは吉本興業としては、暴対法の観点からも絶対に見逃すことはできません。
 
もちろん、フツーに吉本興業がマネジメントしていれば、つまり闇営業でなければ、このような犯罪集団への営業は防げたことでしょう。
 
「闇営業」、そして、「犯罪集団への関わり」。これでカラテカ入江さんは完全アウトです。
 

ところで、吉本芸人と暴力団などの「黒い交際」といえば、それが噂された(?)島田紳助さんが芸能界を引退しました。あれから8年。またしても吉本興業関係者と「闇」とのつながりが見えてきてしまったのです。
 
吉本興業としては、カラテカ入江さんの即解雇は、当たり前の行動なんですね。でも…
 
企業として今後どういう対応をするのか、再発防止にどう取り組むのか、そのあたりの発信も待たれるところです。
 
非上場会社とはいえ、かつては東証Ⅰ部上場企業でもあった吉本興業。社会的責任は重いのです!
 
 

カラテカ入江とは?

 
そもそもカラテカ入江さんとはどういう方なのでしょうか。
 
カラテカは、吉本興業に所属していた(過去形!?)、お笑いコンビです。結成は1997年11月ですから、すでに20年以上の芸歴です。
 
メンバーは、矢部太郎さん、そして、今回、事務所解雇された・入江慎也さん。
 
最近は、矢部太郎さんが漫画で注目されたことなどもあり、2人はそれぞれピンでの活動が多かったようです。
 
とくに、入江慎也さんは、お笑い以外の収入が多く、テレビではお笑いの本業以外で稼いでいる芸人ということで、度々、テレビに出演されていました。
 
テレビ情報番組によると、月収は350万円もあったといいます。凄いですね。
 
ところで…
吉本興業では、本業のお笑い以外の活動も、事務所を通さなくてはならないのですが、入江さんは、そのいくつかを闇でやっていたんですね。
 

カラテカプチ情報
  • 入江慎也、1977年4月生まれ
    • ツッコミ&ネタ作り担当
    • 東京都小平出身、158cm・48kg
  • 矢部太郎、10977年6月生まれ
    • ボケ担当
    • 東京都東村山出身、158cm、39kg
 
相方・矢部さんについては、こちらの記事もどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓
大家さん死去〜55万部大ヒットカラテカ矢部太郎『大家さんと僕』
 
 
さて…
 
芸歴20年以上のお笑いコンビ・カラテカですが、メジャークラスかというと、ちょっと残念な位置にいたお二人なのかもしれません。はっきり言って売れている芸人ではありません。
 
20年以上芸人をやって喰えないとなると、当然、本業以外のところに力が入るわけです。生きていくためですからね。
 
そして、矢部さんは漫画で、入江さんは実業家(?)として活躍していたわけです。
 
なお、相方・入江さんを解雇されてしまった矢部さんは、今後、カラテカをどうするか、事務所といっしょに検討するみたいですが、コンビ続行は難しいでしょう。
 

<スポンサーリンク>



 

闇営業で次にヤバイ吉本芸人は誰!?

 
一番、気になるところがコレです。闇営業で次に解雇されそうなヤバイ吉本芸人は誰か…。
 
スポニチ情報によると…
 
カラテカ入江さんは、2014年12月に、都内で開かれた振り込め詐欺集団の忘年会に闇営業で関わっていました。
 

 
そして、この時には、カラテカ入江さんの口利きで、雨上がり決死隊の宮迫博之さん(49)、レイザーラモンHGさん(43)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さん(47)、ガリットチュウの福島善成さん(41)が参加し、ネタを披露。
 
なお、この詐欺集団は約200人から40億円を超す金をだまし取ったとみられ、2015年6月に40人が摘発されています。
 


 
カラテカ入江さんは、人脈力を発揮して、黒い世界と繋がりをつくり、そして同僚芸人たちを巻き込んで闇営業を盛んにやっていたのでしょうか…。


さて…
ここに名前が明らかになってしまった吉本芸人の方々、きちんと事務所を通しての営業かどうかが問題ですが、去就が気になるところです。今の所、カラテカ入江さん以外に、同じような件での解雇者がでるのかどうかは…不明です。
 
詐欺集団に営業した件について、カラテカ入江さんは「犯罪集団とは知らなかった」と言っているようですが、それは違うかも…というのが写真週刊誌「FRIDAY」の記事で明らかにされています。
 
「FRIDAY」は、その犯罪集団の一味(?)の発言をこのように載せています。
 


入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。何度か飲み会をやったことがあると聞いていますし、逮捕される少し前には、ダミー会社の名前で入江のイベントのスポンサーになったこともある。そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか? 間違いなく知ってましたよ。幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをペラペラしゃべっていましたから。気づかないほうがおかしい。
 
※引用元:FRYDAY 2019年6月21日号

 
で、この発言者によると、詐欺グループには暴力団関係者も多数在籍していたと言います。
 
そして、入江さんを通じて宮迫さんらに支払われた「1人100万円」は、吉本が関与しているのか、それとも闇営業のままなのか、彼らの税務申告を含め、大いに気になるところです。
 
少し脱線しますが、カラテカ入江さんの闇営業は国税局の方々も気になる話題ではないでしょうか…。
 
 
以上のことから、今回の事案は、吉本興業にとって、単にカラテカ入江さんを解雇して終わり…という問題ではないということが明らかになってしまったのです。
 
 

まとめ

 
カラテカ入江
 
 
今回は、お笑いコンビカラテカの入江さんが、闇営業並びに振り込め詐欺集団と関わっていた〜本人知らないとは言え、営業をしていた〜ことで、吉本から解雇されたということについて書きました。
 
また、問題の犯罪集団への営業には、入江さんの口利きでたくさんの芸人が関わっていました。
 
彼らの処分も気になるところです。しかし一番気になるのは…吉本興業の今後の対応、再発防止策です。
 
またしても吉本所属芸人の黒い交際が発覚したわけで、4年半前のこととは言え、今回は複数人が関わっていたとなると、吉本興業として「人の噂も75日戦法」では埒があかない状況に追い込まれています。
 
続報があれば、また書きますね。
 
 

追記

 
入江さんのツイッターコメントです。
 


 
 


<スポンサーリンク>

追記2

 
今、坂上忍さんの『バイキング』を見ています。ちょうど入江さんのことを扱っています。
 
扱い方が普段のバイキングや坂上さんと違い、扱い方の甘さが気持ち悪いです!
 

error: Content is protected !!