伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

稀勢の里の成績〜過去一覧(全取組の日程・決まり手・対戦相手)

大相撲


<スポンサーリンク>

第72代横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)の成績〜過去一覧を載せます。
 
単に場所毎の勝敗だけでなく、それぞれの場所、15日間の取組日程、決まり手、対戦相手の情報を記します。それらがメインの情報なので、余計なコメントは出来る限り省くことにしますね♪

稀勢の里の出世の道のり

 
以下、稀勢の里の出世の道のりを振りかえりましょう。
 

  • 2002年03月場所 初土俵
  • 2002年05月場所 序ノ口
  • 2002年07月場所 序二段
  • 2002年09月場所 三段目
  • 2003年07月場所 幕下
    • 2004年01月場所、幕下優勝
  • 2004年05月場所 新十両(関取)
  • 2004年11月場所 新入幕(前頭)
  • 2006年07月場所 新小結
  • 2009年03月場所 新関脇
  • 2012年01月場所 新大関
    • 2017年01月場所、幕内初優勝
  • 2017年03月場所 新横綱
 
稀勢の里は、十両昇進と新入幕については、それぞれ貴乃花の記録に次ぐ年少2番目の記録でした。
 
しかし、入幕後は足踏みが長く、入幕から大関昇進まで丸々7年、42場所を要します。これには八百長問題により中止になった場所は算入していません。
 
さらに、横綱昇進まで約5年・31場所を要しました。
 
横綱昇進後は、みなさんがご存じの通り。横綱昇進で初めて臨んだ場所で大怪我をしつつも雄所を果たしました。しかしそれが元で8場所連続の休場という、横綱史上初の新記録をつくってしまいました。
 

序ノ口から幕下までの全成績

 
初土俵は2002年3月場所です。
 
2002年5月場所

2002年7月場所

2002年9月場所

2002年11月場所

2003年1月場所

2003年3月場所

2003年5月場所

2003年7月場所

2003年9月場所

2003年11月場所

2004年1月場所

2004年3月場所

 

<スポンサーリンク>


十両の全成績

 
2004年5月場所

2004年7月場所

2004年9月場所

 

幕内〜平幕から関脇まで〜の全成績

 
2004年11月場所

2005年1月場所

2005年3月場所

2005年5月場所

2005年7月場所

2005年9月場所

2005年11月場所

2006年1月場所

2006年3月場所

2006年5月場所

2006年7月場所

2006年9月場所

2006年11月場所

2007年1月場所

2007年3月場所

2007年5月場所

2007年7月場所

2007年9月場所

2007年11月場所

2008年1月場所

2008年3月場所

2008年5月場所

2008年7月場所

2008年9月場所

2008年11月場所

2009年1月場所

2009年3月場所

2009年5月場所

2009年7月場所

2009年9月場所

2009年11月場所

2010年1月場所

2010年3月場所

2010年5月場所

2010年7月場所

2010年9月場所

2010年11月場所

2011年1月場所

2011年3月場所

2011年5月場所

2011年7月場所

2011年9月場所

2011年11月場所
 

幕内〜大関での全成績

 
2012年1月場所

2012年3月場所

2012年5月場所

2012年7月場所

2012年9月場所

2012年11月場所

2013年1月場所

2013年3月場所

2013年5月場所

2013年7月場所

2013年9月場所

2013年11月場所

2014年1月場所

2014年3月場所

2014年5月場所

2014年7月場所

2014年9月場所

2014年11月場所

2015年1月場所

2015年3月場所

2015年5月場所

2015年7月場所

2015年9月場所

2015年11月場所

2016年1月場所

2016年3月場所

2016年5月場所

2016年7月場所

2016年9月場所

2016年11月場所

2017年1月場所
 

幕内〜横綱での全成績

 
2017年3月場所

2017年5月場所

2017年7月場所

2017年9月場所

2017年11月場所

2018年1月場所

2018年3月場所

2018年5月場所

2018年7月場所

2018年9月場所
 

<スポンサーリンク>

まとめ

 
横綱・稀勢の里は今場所〜2018年9月場所〜進退をかけて取組を続けています。
 
サイト管理人「たもつ」は、是非、復活をしてもらいたいと考えています。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay