広島出身の吉川晃司、西日本各所でボランティア活動が目撃される!?

財前部長(下町ロケット)


<スポンサーリンク>

 
広島出身で歌手&俳優の吉川晃司(以下、敬称略で記します)。いま西日本各所でボランティア活動しているところが目撃され称賛されています。
 
ボランティア活動している様をアピールする芸能人とは一線を画す吉川晃司。黙々と作業に従事するその様子を多くの人たちが目の当たりにしているのです。

上下黒づくめのマスクマン・吉川晃司!?

 
吉川晃司(52)の様子は、日刊ゲンダイDIGITALで報道されました。
 
上下黒づくめのマスクマン状態で黙々と作業をする吉川晃司。
 
先月の集中豪雨や洪水、続く記録的猛暑で苦しむ西日本各地の被災地でそのマスクマンが目撃されているのです。
 
この吉川晃司の行為に対し、称賛、称賛、称賛。
 


 
吉川晃司は今回、西日本各地でボランティア活動が目撃されましたが、実は、東日本大震災のときも、各地へ赴きボランティア活動をしていたそうです。
 
いま急に思い立ってのボランティアというレベルではないのです。
 

<スポンサーリンク>


吉川晃司のポリシー!?

 
「ボランティアしてますよ〜」というのをアピールし、それを売名に使う芸能人が多いなか、出身地である広島がある西日本とはいえ、芸能活動で忙しい合間を縫って、各地に足を運び、アピールゼロでボランティアしている様は、まさに吉川晃司の生き方そのものなのかもしれません。
 
仕事に支障もあるので政治的発言は一切しないという芸能人が多いなか、吉川晃司は「安倍政権はでぇっ嫌いだ」などと発言することを厭いません。また反原発なども常々主張しています。
 
そういう「思うところはしっかり主張する」というところと、「アピールせずに黙々とボランティアに励む」というところは相通じるものがあるのだと感じています。
 
いまできることをやる、次世代に禍根を残さないなど、吉川晃司の言動は一貫しているのです♪
 

吉川晃司のドラマに期待!?

 
少し脱線しますが、吉川晃司といえば、10月からTBS系列で始まる『下町ロケット』の続編が楽しみですね〜。
 
2015年TBS系列で大ヒットドラマとなった『下町ロケット』。そのなかで主人公を演ずる阿部寛を窮地に陥れる大企業、帝国重工の部長・財前を演じている吉川晃司。
 
一方的に中小企業を潰せみたいな命令を出す企業トップに、面と向かって逆らうことなく、しかし、その相手企業に人間的に接するその財前部長は、まさに吉川晃司そのものではないですか!
 
その大ヒットドラマが10月に帰ってくるわけです。そして、同じ役柄で再び登場する吉川晃司。今回はその吉川晃司演ずる財前部長の大会社・帝国重工が危機に陥るんだとか。
 
せっぱつまった状況設定のなかで、どんな吉川晃司らしさを見せてくれるのか、いまから楽しみですね♪
 
ドラマ『下町ロケット』については、TBS版、WOWOW版に関する記事を書いています。こちらもどうぞ♪
☞ 『下町ロケット』続編放送記念、WOWOW版を【FOD】で楽しもう
 

<スポンサーリンク>

まとめ

 
ボランティア活動してま〜すというアピールばかりする芸能人が多いなか、アピールゼロで黙々と西日本各地においてボランティア活動をしている吉川晃司。
 
彼の言動は、まさに吉川晃司らしさを体現しているのです。
 
その吉川晃司がその「らしさ」を出しているドラマ『下町ロケット』続編も10月に放送されるので楽しみですね♪
 
※アイキャッチ画像の出典:デイリースポーツ