吉沢亮さん出演作品紹介記事一覧

Appleに電話してみた〜最新モデルMacBook Air(2018)ロジックボードに不具合!?

最新MacAirロジックボード不具合

<スポンサーリンク>

 
 
昨年暮れに、最新モデルApple StoreでMacBook Air 13インチ(2018)を購入。以来、満足して使っていますが、ネットで「不具合ニュース」を発見。そこでAppleに電話してみました。
 
 

最新モデルロジックボードに不具合!?

 
ネットサーフィンをしていたら、「MacBook Air(2018)のロジックボードに不具合あり!?」とのニュースを発見。
 


アップルが2018年発売のMacBook Airのごく一部につき、メインロジックボードに問題があるとして、修理スタッフに無償で交換するよう通達しているとの噂が報じられています。
 
米アップル関連情報サイト9to5Macが入手したという内部文書によると、13インチで2018年製造、特定のシリアル番号を持つMacBook Airにつき、メインロジックボードに「問題」が見つかったとのこと。アップルは影響を受けると識別されたシリアル番号を持つマシンの顧客に、電子メールでその旨を連絡する予定と伝えられています。
 
内部文書では「電源」の問題とされているものの、どのような症状が具体的に起こっているのかは説明されていないそうです。ただ、ネットでざっと検索したかぎりでは、一部のユーザーは初めての起動時に電源が全く入らないといった事例を報告しています。
 
アップルは無償修理対応をまだ公表しておらず、交換/リペアエクステンションプログラムにも掲載していません。同社が少数のデバイスに限られた症状の無償修理対応を公表しないことは珍しくありませんが、どういった基準で公表と非公表を決めているのかも不明です。
 
ともあれ、9to5Macの情報が正しければ、問題があるデバイスのユーザーにはじきにアップルからメールが送信されてくるはず。症状に思い当たりがある人は、アップルの公式サポートに連絡を取ってみてもいいかもしれません。
 
※引用元:engadget日本版

 
また、このような記事も…。
 


MacRumorsが入手した内部文章によると、ごく一部のMacBook Air 2018年モデルにてロジックボードの不具合が見つかっており、Apple(アップル)は対象モデルの無償修理を指示しているそうです。
 
今回の報道によると、この内容は先週金曜日にApple直営店とApple認定ストアにむけて配布された、とのこと。またAppleの内部システムにて該当モデルのシリアルナンバーが入力されると、技術者に修理の指示が出されるとしています。さらに、Appleは今後対象モデルのユーザーにメールを送るとも報じています。
 
MacBook Air 2018年モデルといえば、Retinaディスプレイやバタフライキーボードを搭載するなど、昨年大きく生まれ変わりました。一方で、そのバタフライキーボードには修理プログラムも発表されています。
 
ただし、今回の修理情報に関するAppleからの正式な案内は現時点ではありません。このことについて、MacRumorsは「対象モデルがごく一部だからではないか」と予測しています。このあたり、よりはっきりとした公式情報が明かされると助かるのですが…。
 
※引用元:GIZMODO

<スポンサーリンク>

 
この2つの記事から判ること(推測できること)をまとめると…
 

  1. 最新のMacBook Airの一部にロジックボードの問題が発見され、無償交換が直営店などに先週金曜日に通達されたらしい。
  2. 問題のシリアル板東を持つマシン顧客には、個別にメールで連絡があるらしい。
  3. どうも不具合は電源絡みらしい。
  4. Appleは無償修理対応をまだ公表していない。
  5. ごく一部のロジックボードが修理対象となる模様。
 
で、このあたりのことを電話して確認しました。マシンはApple Care+に入っているので、躊躇なく電話しました。
 
また、バタフライキーボードにも、不具合発表(5月)があり、そのことについても聞きたいと思って電話しました。
 
 

Appleサポートに電話

 

電話サポート申し込み

 
アップル公式サイトの「サポート」ページを開きます。
 
対象となる製品を選びます。私の場合は「Mac」をクリック。
 
ずっと下にスクロールして「サポートが必要なときは」のところの「こちらから」をクリック。
 
適当な項目を選んで(今回は「ハードウェアの問題」)クリック。
 
そして「今すぐアドバイザーと話がしたい」をクリック。
 
シリアル番号を入力してリターン。
 
電話番号などを必要なら再入力して、リターン。
 
これで「公式には最大2分くらいのうち」に、先方から電話がかかってきます。たいがいは30秒くらいで電話がかかってきます。
 
今回も30秒も掛からずに電話がきました。
 

要件を話す

 
ネットで最新MacBook Airでロジックボード不具合があるとの情報があり、ユーザーとしてはどういう対処をしたらいいのかと質問。
 
前述で引用したニュースは、まだ24時間も経っていないニュースだったので、対応に出てきてくれた係の方は「ロジックボードの不具合」のことを知らなかった様子です。
 
でも、「直ぐに調べてご返事します」ということで、数分間、そのまま待ちました。
 
そして、「(いまのところ)公式には発表していないこと、問題があった場合は申し出ていただければ無償修理等を行うこと」などを丁寧に説明してくれました。
 
次に、バタフライキーボードの不具合修理について尋ねましたが、これについても、係の方は内容を熟知していない様子でした。
 
私の場合…
 
ロジックボード関係の不具合(起動しないとか…)やキーボードの不具合は出ていないので、いまのところは、静観します。Appleから「該当のロジックボードなので修理対応をお願いします…みたいなメールがあれば対応」するつもりです。
 
 

まとめにかえて〜Apple Care+は便利

 
最新MacAirロジックボード不具合
 
 
私は新しいAppleマシンを購入したとき、たいていApple Care+を付けます。コスト高にはなるのですが、電話サポートを含め、保証期間が延長されるので便利です。
 
「何か困ったことがあったとき、電話で直ぐに聞くことができる。ほぼ、待ち時間がない。」というのいいと感じています。
 
今回の問い合わせについては、回答らしい回答を得ることができませんでしたが、もともと、「回答は難しい案件だな」と思っていましたので、特段の不満はありません。
 
ロジックボードの件については、Appleからの発表を待ちたいと思います。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!