動画配信サービスお薦めベスト3

ポップコーンをフライパンで!作り方はコレ、夏休み子供たちも楽しめる♪

ポップコーン


<スポンサーリンク>

 
 
自宅でデスクワークをしているとお腹がすきます。
 
そんなとき、先日テレビで見た「ポップコーンを作り」に挑戦してみました。
 
 

用意するモノ

 
用意するモノは次のものです。
 

  • ポップコーン用とうもろこし
  • フライパン
  • 中身が見えるフタ
  • 油(オリーブオイル推奨)
 
自宅には「ポップコーン用とうもろこし」以外は全部揃っています。なので、スーパーに「ポップコーン用とうもろこし」を買いに行きました。
 
事前にアマゾンで「ポップコーン用とうもろこし」を調べたら、1kgくらいのがお得になっています。しかし…
 
スーパーに出向くと、サイズ1kgはありません。1商品だけありました。それは150g入りです。これから推測するに、どうやら自宅でポップコーン作りをする人は少ないようです。
 
みんなが作るのなら、大袋も品揃えがあるハズですし…。
 
 

フライパンで作るポップコーンの基本

 
購入した「ポップコーン用とうもろこし」の裏に作り方が丁寧に書いてありました。こんな感じです。
 

  1. ポップコーン50gを計量。
  2. 油はポップコーン50gに対し、大さじ2〜3杯。
  3. フライパンに油を敷く。
  4. とうもろこしをソコに平たく並べる。
  5. フタをして火に掛ける。
  6. とうもろこしが弾けはじめたら、適度にフライパンを揺する。
  7. できあがったら塩などでフレイバー付けをする。
 
最初、この通りにきっちりやったら、ある一つを除いて、できました。その「ある一つ」とは量です。
 
なんとラーメンどんぶり山盛りで2杯分できちゃいました。そんなには食べられません。
 
いや、食べられるけど、全部食べる気にはなれません。
 
なので、2回目は、「とうもろこし25g」、「油大さじ1杯」で作ることにしました。
 
この分量だと、ラーメンどんぶり山盛りのポップコーンが「150gのポップコーン用とうもろこし」で、6回も作れることになります。
 
ちなみに「150gのポップコーン用とうもろこし」は税抜き138円でした。かなりお得感があります。
 
 

作るところを画像などで紹介♪

 
 
手順は前のものを参照してください。
 
購入した「ポップコーン用とうもろこし」、封を切ってしまっていますが、はコレです。150g入り。
 
 
ポップコーン用とうもろこし
 
 
そしてフライパンとフタ。そうそう、自宅はIHなんです。IHでちゃんと作れるか少し心配でしたが、問題ありませんでした。フタは「中身が見えるもの」が断然お薦めですけど、見えなくても、音で分かります。
 
でも…
やはり「中身が見えるフタ」のほうが、作っていて楽しいです♪
 
 
フライパンとフタ
 
 
量はアバウトでもいいのですが、最初、慣れるまでは、きっちり計量しました。25gです。油(オリーブオイル)もしっかり「大さじ1杯」を計量しました。
 
ところで、なぜオリーブオイル推奨かというと、これが一番糖尿病患者には適しているからです!
 
 
25g計量
 
 
フライパンに油&とうもろこしを投入。フライパンのなかで、とうもろこしは、平にします。
 
 
油&とうもろこしIN
 
 
いよいよ火入れ。IHスイッチオンです。温度はメモリ4「160℃」としました。
 
 
IHスイッチオン
 
 
なにもせずに待つと…
 
 
最初1つ目がはじけるまで
 
 
最初の1つ目が弾けるまで、2分45秒でした。1回目も同じくらい。つまり、2分30秒ちょっとで最初の1つ目が弾けるということです♪
 
適度に弾けたら、フライパンを揺すってください。IHの場合は、揺するためにフライパンを器具から話すと
一時的に設定がオフになるものがあります。なので、すぐに当初の温度に再設定してください。
 
 
それでは、動画を撮りましたので、音をお楽しみください♪
 

 
 
最初の火入れから…
 
 
間もなく終わり!?
 
 
6分ほど経つと、弾ける音がなくなりました。10秒ほどまって、スイッチオフ。
 
 
スイットオフにしてから30秒ほどまって、もう弾けないと確認してから、フタを取りました。そして、塩で味付けをして完成です。
 
少し深めの皿に盛りました。サイズ感がわからないのでソーセージを置きました。
 
一人前としては十分な量です。
 
 
盛り付け
 
 
ところで…
全部食べ終わって、弾けずに残ってたのは、1個だけでした。
 
 
ひと粒残った!
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ…作り終わって

 
ポップコーン
 
 
自宅で簡単にできる、ポップコーン作りに挑戦しました。
 
コストパフォーマンス最高のおやつです。夏休み、お子様たちと遊びながら作るといいかも!
 
それから…
2回作ってみて分かったこと。
 

  • 作りたては美味しい。
  • 塩の入れすぎは注意。
  • フレイバーは工夫しだい♪
 
みなさんも、ぜひ、挑戦してみてください。コストパフォーマンスはいいです。
 
オリーブ油を使って、塩も少なめにすれば、健康食!?
(ちょっと言い過ぎ-笑)
 

error: Content is protected !!