2021年9月末終了予定でサイト改編しています。お見苦しい点が多々ありますがご容赦ください。

ペットボトルによる食中毒が多発〜原因と対処〜夏場だけでなく気をつけることは何!?

<スポンサーリンク>


「夏場、ペットボトルで食中毒が発生」との情報がSNSやテレビ情報番組などを中心に拡散。
 
飲みかけのペットボトルを長時間放置しておいて飲めば、自分の口の雑菌でヤバイ…ということは想像がつきそうですが…。
 
「ペットボトルで食中毒」を調べてみました♪

目次

ペットボトルで食中毒!?

最近、夏は酷暑が続くということもあり、「飲みかけのペットボトルを飲んで食中毒になった」との報告がSNSなどを中心に、よく見かける…という情報をテレビ番組でも扱うようになりました。
 
正直、何を今更…の感があるのですが。

  • 飲みかけのペットボトルを車内にしばらく放置し、飲んだら下痢。
  • 自宅にあった飲みかけのペットボトル、数日後に飲んで腹痛。

なんだかどれも当たり前過ぎて…。

Twitterで「ペットボトル 食中毒」で検索してみても、「私、ペットボトルで食中毒なっちゃった」というツイートは驚くほど少ないです。

伝聞(聞いた話)が多い。


これ藤岡弘さんの話で、かなり拡散しています。


「ペットボトル 食中毒」の検索結果を50ツイートくらい見て、「ペットボトルで食中毒になった」というのはこのツイートだけでした。
 
このツイート自体は、ペットボトルと食中毒の関係はよくわかりません。
 

飲みかけのペットボトルが危ない!?

フジテレビの「めざましテレビ」などが「ペットボトルで食中毒」を煽っている感があります。連日やっているし…。
 
しかも「麦茶が危ない」なんてやってる。そのうち、超売れ筋の麦茶ペットをつくっている伊藤園から訴えられるぞ(笑)。


それでも、飲みかけのペットボトルを長時間暑いところに放置しておくことで雑菌〜自分の口から混入したものだけどね〜が繁殖してお腹が痛くなる…ことは容易に想像できるわけです。
 
つまり、酷暑などがあると、あるいは冬場でも暖房が効きすぎた部屋などで、その可能性が高くなるでしょうから、気をつけるに越したことはないです、ハイ。

原因:口から混入の雑菌が30度以上で繁殖!

「ペットボトルで食中毒」ですが、口を付けて飲むことで自分の口の中にある雑菌がペットボトル内に混入。
 
それが30度以上の気温のなかで急激に繁殖。その雑菌ウヨウヨのペットボトルを飲んで下痢・腹痛が発生…というのが原因。
 
この30度以上というのが、菌が急激に繁殖するポイントなんだとか。
 
だから、車内が50度にも達する自動車内に飲みかけのペットボトルを放置して、それを「また飲む」なんて自殺行為かも。
 
また、30度に達していないからといって、あるいは、冷蔵庫で冷やしているからといって、自宅などで数日間放置した飲みかけペットボトルを飲むのも…ね。
 
最近の夏場は酷暑が多く、外出時に熱中症対策としてペットボトルを持参する人が多いはず。

そのペットボトル、飲みかけでバックなどに入れておくと、当然、気温並みに温度上昇が考えられ、時間経過とともに雑菌繁殖というわけです。

対処:ペットボトルは早めに飲みきる!

これらの原因を考えたとき、「ペットボトルによる食中毒」の対処として考えられる基本はコレです。

  • 飲みかけのペットボトルは早めに飲みきる!

でも、こんなに神経質になるのもどうかと思います(笑)。


また対処としては、口をつけない飲み方をすることも重要かも。
 
で、飲みかけペットボトル用に、こんな商品も売っているんですね〜。

まとめ

ペットボトルで食中毒!?
画像出典:ぱくたそ


「ペットボトルで食中毒!?」というマスコミの煽りはどうよ?…というまとめを書きました。
 
フツーに、つまり常識的に飲用すれば問題ないのではないでしょうか。

もし、「ペットボトルで食中毒、それも夏場に多発」という事態が本当なら、ペットボトルの売り上げは激減。

スーパーやドラッグストア、あるいはコンビニからペットボトルが消えるでしょ、フツーね。

ということで、常識的に飲用しましょう。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画やドラマが大好きです。動画配信サービスを毎日フル活用しています。そんな体験をベースに、ひとりでも多くの方に素敵な動画ライフを楽しんでいただけるような情報を提供できればと考えています。

目次
閉じる