みやぞんトライアスロン33時間挑戦(?)スタート、12時間で終わったらマジどうする!?

みやぞん


<スポンサーリンク>

 
日本テレビ系列で夏恒例の「24時間テレビ」。今年の目玉はお笑い芸人みやぞんによる総計161.55キロのトライアスロンです。
 
なんとスタートは異例で「24時間テレビ」が始まる前、25日12時過ぎにスタート。24時間挑戦ではなく33時間挑戦となります。
 
しかしホリエモンが12時間で終わっちゃうんじゃねとツイートしているように、33時間も掛かるはずがないと思うのです。
 

みやぞんトライアスロンの距離は…

 
みやぞんが挑戦するトライアスロンの距離は次の通りです。
 

  • スイム(水 泳)   1.55キロ
  • バイク(自転車)  60.00キロ
  • ラン(マラソン) 100.00キロ
  •    計     161.55キロ
 
これについては距離構成がトライアスロンを馬鹿にしているというような意見もあるようですが、そういう細かいことはどーでもいいと思うのです。
 
実際の競技トライアスロンでもいろいろなパターンがあり、「これが正しい」というものはないのです。
 

<スポンサーリンク>


みやぞんトライアスロンの必要時間は…

 
勝手にそれぞれの競技の必要時間を推計してみました。
 
スイム(水泳)1.55キロは、ゆっくり泳いで1キロ30分というのを基準に考えると、1.55キロだと50分から遅くも60分でいけると推測します。
 
次のバイク(自転車)60キロは、どこを走るかにもよりますが、信号が少ないところだと1時間で30キロはいけますから、120分前後ではないかと推測します。
 
この2種目で要するに3時間。スポーツが得意なみやぞんが100キロマラソンを走る前の準備運動としては適当な運動量ではないでしょうか。


問題はラン(マラソン)の100キロです。これ一般の男性が目指すのは11時間30分から12時間くらいだと言われています。
 
以上のことから考えると、「12時間かからないんじゃないの」というホリエモンの指摘はあながち間違ってないと思うのです。
 
みやぞんが不得意な水泳をゆっくり泳ぎ切って、バイクを普通に頑張って、一般男性の目標程度に100キロ走れれば、これで15時間。つまり、どう考えても、どんでもない故障やアクシデントでもない限り、24時間以内のゴールは可能なのです。
 
それを前倒しのスタートで33時間挑戦とする意味はなんなのでしょうか。
 
故障やアクシデントをあらかじめ展開として仕込んでいるのでしょうか(笑)。33時間はあり得ない時間だと評価します。
 

みやぞんのスイム

 
湖みたいなところで、100メートル離れたブイの間をぐるぐる往復するんだそうです。
 
海で泳ぐのと違って、いろんなリスク軽減が図られているようです。
 
この流れでいくと、バイクも競輪場のようなところをグルグル回るんだったりすると…興ざめというか、映像価値が「ないんじゃね」と思ってしまうのです(笑)。
 

<スポンサーリンク>

まとめ

 
個人的には、昨年のブルゾンちえみに引き続き、みやぞんにも素敵なパフォーマンスを見せてもらいたいと願っています。
 
9時間前倒しの間にスイム、バイクを終わらせてしまうということは、完全に本番狙いはランということです。
 
ランじゃないと使える映像にならない…ということなんでしょうね。一人スイム状態や一人バイク状態を3時間流しても誰も喜ばないでしょうからね〜。
 
恐らく…推測ですが、スイムとバイクを終えたとは休憩をとって、「24時間テレビ」の本番でランスタートとなるのかもしれません。
 
個人的にはバイク(自転車)が好きなので、たとえ一人バイク状態でもじっくり見たいんですけどね〜。
 
※アイキャッチ画像の出典:日本テレビtwitterから