みやぞんトライアスロン挑戦ギャラは2000万円と文春が報じる♪

みやぞん


<スポンサーリンク>

 
24時間テレビでトライアスロンのチャレンジをしたANZEN漫才のみやぞんですが、彼の今回の挑戦のギャラは2000万円であると週刊文春が報じました。

みやぞんのトライアスロン挑戦とは…

 
スイム1.55キロ、バイク(自転車)60キロ、ラン(マラソン)100キロで構成された今回のトライアスロンの競技。チャレンジするみやぞんは水泳が大の不得意ということでしたが、スイムを55分で完泳したのを皮切りに、時間内に走破しました。
 
番組製作側が一番心配したのは熱中症だったといいます。チャリティー番組でみやぞんが熱中症で倒れたら、それこそシャレになりません。そんなこんなの様々な対策や準備などで、みやぞん挑戦にかかった費用は1億を超えたとも言われています。
 
その1億円のなかに当然、みやぞんのギャラも含まれているわけで、どのくらいのギャラになるかについては、世間は興味津々だったのです。

<スポンサーリンク>


みやぞんのトライアスロンは異例ずくめ!?

 
トライアスロン愛好家からすれば、今回みやぞんが挑戦したトライアスロンの構成はおかしいとの声もあがっています。しかし、実際のレースにおいても様々なパターンがあり、これじゃなくちゃダメだという枠が少し緩い競技でもあります。なので、それほど目くじらを立てることではないのでは…と思うのですが。
 
むしろ、みやぞんがトライアスロン挑戦することで、トライアスロン競技そのものが少し有名になった、世間に浸透したと前向きに捉えたほうがいいのかもです。


さて、実際のみやぞんのトライアスロン挑戦ですが、今回は異例で24時間テレビは始まるはるか前、同日昼12時過ぎにはスイムをスタートさせました。
 
そのスイムも、小さな湖みたいな岸近くに100メートル話したブイを2つ浮かべて、その間を周回するというものです。
 
また安全上の理由から、スイム、バイク、ランは別会場となり、会場間は車移動です。それぞれの競技の間は結構な時間があり、その間、みやぞんは休憩というかマッサージを受けたりという時間でした。
 
間をあけずに競技を続けるのがトライアスロンの醍醐味なんですが、まぁ、それも目くじらを立てることはないでしょう(笑)。
 
自転車もトライアスロンとしては異例です。スイムとは別会場(地理的に離れているという意味)で、400メートルのトラックを150周するというものです。サイト管理人「たもつ」は1日200キロくらいはバイクで走る自転車好きですが、個人的には400メートルトラックを150周するなど、頼まれてもいやです。単調すぎて(爆)。
 
そんなこんなの異例づくめでしたが、みやぞんはみごと完走したわけです♪
 

みやぞんのギャラは2000万円!?

 
気になるみやぞんのギャラですが、週刊文春が報じたところによると、事務所に支払われる額は2000万円だといいます。これまで間寛平などに支払われた額は300万円程度だと言われていますので、それからするとかなり高額です。
 
ただし、この2000万円のなかには、完走後の体調の支障などに対する補償も含まれているんだとか。
 
いずれにしても浅井企画、しっかり儲けました♪
 

まとめ

 
今回、24時間テレビでトライアスロンを見事完走した、ANZEN漫才みやぞんのギャラについて少し調べました。
 
週刊文春が報じたギャラ2000万円には驚きましたが、まあ、やるだけのことをやったのですから、当然かもという気もしています。
 
人は刺激に慣れるものです。来年の企画が大変ですね(笑)。
 

<スポンサーリンク>

追記〜みやぞんトライアスロンの他の記事

 
みやぞんのトライアスロン挑戦については次の記事も書いています♪

 
※アイキャッチ画像の出典:日本テレビtwitterから