伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

織田裕二主演ドラマ『SUITS/スーツ』が転けそうな3つの理由とは!?

 
2018年10月期、フジテレビ月9に織田裕二が登場します。アメリカ人気ドラマ『SUITS/スーツ』を原作とした、同名ドラマ『SUITS/スーツ』です。
 
活躍の舞台を日本にリメイク。勝ちにこだわる弁護士・甲斐正午(かいしょうご)を織田裕二が演じ、そんな甲斐と運命的な出会いをする天才フリーター・鈴木大貴(すずきだいき)を中島裕翔が演じます。
 
視聴率に関わらずフジテレビドラマが大好きなサイト管理人「たもつ」は、このドラマ、前評判のいかんに関わらず見ます。でも、どうせなら評判のいいドラマになってほしいとも思うのです。
 
実はいろいろ情報を集めると、織田裕二主演ドラマ『SUITS/スーツ』が転けそうな理由が3つあるのです!
 
【追記】
織田裕二主演ドラマ『SUITS/スーツ』は、FODプレミアムで見放題です。進行放映中の『SUITS/スーツ』を見逃した方は、ぜひ、次のところからお楽しみください♪
 


今なら1ヶ月完全無料!

ドラマ『SUITS/スーツ』を
FODプレミアム1ヶ月お試しで
安全&完全無料に楽しもう♪

※無料期間中に最大1300ポイント分の
漫画を無料で読むことができます!


 

そもそも『SUITS/スーツ』ってどんなドラマ!?

 
アメリカでシーズン8を現在放映中の人気ドラマ『SUITS/スーツ』を原作としたリメイクドラマです。本家『SUITS/スーツ』は動画配信サービスHuluなどで配信中。
 
まず本家のドラマについて。
 
ニューヨークの大手法律事務所で働く敏腕弁護士ハーヴィーの物語。彼、優秀なんだけど一匹狼。部下であるアソシエイトを持ちたがらず、彼らを一切面倒みようともしません。そんな彼を見かねた所長が、シニア・パートナー昇進と引き換えに部下になるアソシエイトを雇うことを命じます。ハーヴィーは仕方なく面接を実施。そこに偶然現れたのが天才的な頭脳を持つマイクです。ハーヴィーはマイクの才能を見抜き、アソシエイトへと採用するのですが…。
 
なお、韓国では日本より一足早くリメイクドラマが放送され、そこそこの実績を残しているとか。
 

日本のリメイク版は…

 
月9枠としてスタートさせるフジテレビとしても、本家以上とは言わないまでも、韓国版リメイクよりは評判のいいドラマにしたいと思っていることでしょう。
 
織田裕二主演『SUITS/スーツ』の大枠は、舞台を日本にリメイクし、軸となる人物たちは先に紹介した本家『SUITS/スーツ』とほぼ同様です。
 
大手法律事務所に勤める敏腕弁護士・甲斐正午(かいしょうご〜織田裕二)はとても優秀だけど勝ちにこだわりすぎる一匹狼。そして法律事務所のシニアパートナーを狙っています。そんな甲斐に代表弁護士の幸村チカ(鈴木保奈美)がシニアパートナー昇進条件としてアソシエイトを雇えと提案します。全く気乗りしない甲斐ですが、面接会場で鈴木大貴(すずきだいき〜中島裕翔)という逸材を発見。鈴木は記憶力が極めて秀でており、鈴木の才能を見抜いた甲斐は彼をアソシエイトとして雇用するのですが、それからいろいろと問題が起きるのです。
 

織田裕二主演ドラマが転けそうな3つの理由!?

 
端的にズバッといきますね。10月から始まるフジテレビ月9枠、織田裕二主演ドラマ『SUITS/スーツ』が転けそうな3つの理由。
 

  1. 織田裕二は共演者・スタッフと確執を起こす!?
  2. 織田裕二は出演ドラマが少ない!?
  3. 織田裕二は本家ドラマファンに支持されない!?
 
口汚い言葉になりますが、それぞれ言い換えるとこうなります。
 
[1]は「織田裕二はケツの穴が小さい。」ということです。
 
[2]は「織田裕二では視聴率が取れない。」ということです。
 
[3]は「織田裕二ではSUITSの世界観を出せない」ということです。
 

織田裕二は共演者・スタッフと確執を起こす!?

 
『SUITS/スーツ』の共演者、鈴木保奈美は織田裕二とは27年前の月9ドラマ『東京ラブストーリー』で主演&ヒロインで共演しました。どうやらフジテレビとしては「27年前に共演した2人、織田裕二と鈴木保奈美が再び共演する」というのがウリみたいですね。
 
案の定、いま、この『東京ラブストーリー』を再放送してますからね。画面の右上に『SUITS/スーツ』の宣伝テロップを付けたままで♪
 
でも鈴木保奈美共演に対し、なんだか織田裕二がご立腹とのニュースが流れています。その理由が…

とんねるずの石橋貴明との結婚、出産・育児などで芸能活動を休止していた時期がある鈴木と同格で報じられたことが気に入らなかった。
 
※8月23日、niftyニュースから

 
これに対し、「織田裕二はプライドばかり高くて、ケツの穴が小さいな」なんて批判する向きもあるのです。
 
SNSを見ると、2人の共演を楽しみにしているファンが多いのに、裏側では織田裕二が鈴木保奈美を下にみて、共演に難色を示しているようじゃ、いい現場の雰囲気づくりは難しいよね…ってことです。
 
そもそも織田裕二は、ドラマづくりに真剣になりすぎるが故に、共演者やスタッフにストレートなモノ言いが多いとかで、確執がいろいろ言われています。例えば、俳優・陣内孝則との確執、あるいは俳優・柳葉敏郎との確執、そして映画監督・金子数介との確執等々。そうそう畑違いですけど、お笑いモノマネ芸人・山本高広も認めないみたいなことを言っているということも話題になりましたね。
 
ドラマ作りに真剣になるのはいいですけど、共演者・スタッフとわだかまりがあるなかでいいドラマが作れるんでしょうか。そんな心配をしているさなかに鈴木保奈美さん共演に難色というニュースです。おひおひ、スタートから大丈夫かよと大いに心配なわけです。
 

織田裕二は出演ドラマが少ない!?

 
織田裕二の代表作ってごく少ないです。ここ10年を調べたら、連ドラ出演は3つ。
 

  • 『IQ246〜華麗なる事件簿〜』
    • 2016年10月期、TBS系列
    • 全10話、平均視聴率 10.5%
    • ヒロイン、土屋太鳳
  • 『Oh,My Dad!!』
    • 2014年6月期、フジテレビ系列
    • 全11話、平均視聴率 9.2%
  • 『外交官 黒田康作』
    • 2011年1月期、フジテレビ系列
    • 全10話、平均視聴率 10.1%
    • ヒロイン・柴咲コウ
 
活躍するベテラン俳優と言うには、ちょっと出演少なすぎませんか?
 
ここ10年くらいの織田裕二というと俳優というより、世界陸上の人って感じですしね(爆)。
 
きっとドラマ出演が少ないのには理由があると思うんです。つまり、製作者側からすると積極的には使いたくない。そういうのがあるのではないでしょうか。推測するにそうなる原因は2つ。これ、あくまでも推測ですからね。
 
理由1、共演者&スタッフとトラブルを起こす。
理由2、視聴率が取れない。
 

織田裕二は本家ドラマファンに支持されない!?

 
アメリカ大ヒットドラマ『SUITS/スーツ』はシーズン8まで展開されていることからも明らかで、相当にコアなファンがいるんです。当然、日本においてもしかり。そのファンたちがどうやら「織田裕二のSUITSはありえないでしょ」みたいにいっているとか。
 
リメイクですから全く同じにする必要はありませんが、本家『SUITS/スーツ』ファンとしては、あの世界観だけは崩して欲しくないと思うのは当然です。
 

 
サイト管理人「たもつ」も、もちろん本家『SUITS/スーツ』は見てます。やはりここに挙げたツイートたちと同じような意見です。
 
というか、そもそも同じような世界観が出せないリメイクって何なの?
 

まとめ

 

 
今回は、織田裕二主演で10月から始まる月9ドラマ『SUITS/スーツ』について、心配な点3つを書きました。
 
この心配事3つは、あくまでもサイト管理人「たもつ」の勝手な分析です。この記事は一般的な評価を主張するものではありません。繰り返しますが勝手な私見です。
 
それから、基本、サイト管理人「たもつ」はフジテレビドラマ大好きです。
 
なので本記事で織田裕二主演『SUITS/スーツ』をネガティブに扱いましたけど、始まったら見ます。きっと見ます。
 
それから…
別物として、意識を本家『SUITS/スーツ』とは切り離して見ます。それでどう感じるかについては、ドラマが始まったら別記事にて書きますね。
 

追記、ドラマ『SUITS/スーツ』の記事について

 
ドラマ『SUITS/スーツ』については、次の2つの記事も書いています。お読みいただけると嬉しいです♪

 
また…
ドラマ『SUITS/スーツ』全動画を安心&完全無料で思う存分楽しめるのは、FODプレミアムの「1ヶ月無料お試し」だけです。
 

今なら1ヶ月完全無料!

ドラマ『SUITS/スーツ』を
FODプレミアム1ヶ月お試しで
安全&完全無料に楽しもう♪

※無料期間中に最大1300ポイント分の
漫画を無料で読むことができます!