2021年8月末終了予定でサイト改編します。お見苦しい点が多々ありますがご容赦ください。

アイキャッチ画像をどのように作るか〜pixabay and Canva or Figmaがお薦め

最終更新日時:2021-03-09 18:30:20 
記事投稿日時:2021-03-09 18:20:06 

画像作成2
 
「アイキャッチをどうしようか」…サイトを作り始めるとすぐに思い悩む事項ですね。
 
デザイン的感覚にすこぶる劣る私は、このサイトをつくるようになってから悩むことをやめました。
 
それはアイキャッチをつくるツールを決め打ちにしたからです。Adobeの難しいプロ級のものではありません。
 
もちろん、これから私が紹介するツールでも、実はプロ級のものが作れるとは思っています。私にはまだその力はありませんが…。
 

目次

美的感覚ゼロの私がアイキャッチ画像をつくる

 
このサイトでは、ドラマや映画などの映像コンテンツを紹介しつつ、そのコンテンツを動画配信サービスで見る方法について解説しています。
 
当初は、ドラマや映画などの1シーンをスクショしてそれをアイキャッチ画像として使っていました。
 
これはどう考えても著作権的に「まずい」。
 
でも、動画配信サービス紹介の他のサイトのように「かっこいいもの」は作れないし…。
 
ということで、美的感覚ゼロの私でも、あまり悩まずにサクサクとアイキャッチ画像をつくれるツールをネットで探しまくりました。
 
で、私がメインで使っている画像作成ツールは「Canva」です。
 
これWebベースのツールで、お試し程度なら無料でも使えますが、私は、「月額 $12.95」の有料版を使っています。
 
私のように美的感覚ゼロで、グラフィックをいろいろ作った経験もない者にとって、白地のキャンパスに「さあどうぞ、自由に描いてください」と言われても「何も書けない」。
 
でも、Canvaなら、画像サイズはプロトタイプがあって、そこから選べばいい。もちろん、自由なサイズでもOK。
 
テキストや素材となる画像は、いろいろ選んでペタペタ貼ったり、色や形を変えるだけ。グラフィック作成経験のない私でも、質は別にすれば、「とりあえず作れる」(笑)。
 
サイトロゴなんかも比較的簡単にできます。このサイトのロゴも「Canva」で作りました。
 
_/_/
 
ところで、写真コンテンツも素材として使って、それを「Canva」に取り込んでデザインするなんてこともできます。
 
そんなとき無料写真コンテンツサービスとして、便利なのが「pixabay」です。
 
画像作成ワークフローに慣れるまで、最初は「Canva」も無料版でいいのではと思います。
 
「pixabay」と併せて、ガンガンとアイキャッチを作ってみましょう♪
 

白地キャンバスから、つまり「いちから」画像を作るなら?

 
細菌注目しているのは、Figmaというサービスです。
 
これ無料版、有料版があるのですが、ほとんど無料版で事足りるほどのパフォーマンスがあるんだとか。
 
ただし、「Canva」のように個々のパーツがあって、つまり、パーツから作る必要がないツールは、「ど素人向き」だと言われています。
 
一方、「Figma」は「白地キャンパス」から作ることができるんだとか。
 
だから、写真素材も自分でこだわって撮ったものを使えば、よりプロ的なアイキャッチが作れるという訳です。
 
私は、そろそろ「Figama」+「pixabay」に移行しようかなと考えています。
 

まとめ

 
私のような画像作成「ど素人」でも、使いやすい画像作成ツールがあります…という紹介でした。
 
出来合いのパーツなどをサクサクと使って画像を作るなら「Canva」+「pixabay」がお薦め。
 
ゴリゴリにプロ並みの画像を作るなら「Figma」+「pixabay」がいいのではないでしょうか。
 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画やドラマが大好きです。動画配信サービスを毎日フル活用しています。そんな体験をベースに、ひとりでも多くの方に素敵な動画ライフを楽しんでいただけるような情報を提供できればと考えています。

目次
閉じる