音楽で不安解消〜新コロナに負けるな!

無観客・2020年3月場所、期待の13人の力士たち〜朝乃山・目指せ大関!

大相撲

<スポンサーリンク>

 
 
 この記事では、2020年3月場所でサイト管理人が勝手に期待する、13人の力士について、毎日勝敗などを書きます。  
 
 

たもつ版、超早過ぎる来場所の幕内番付予想!

 
13日目が終わった3月20日は、それぞれの注目関取の勝敗を更新する代わりに、超早過ぎる来場所の幕内番付予想をしてしまいます。いつもの「たもつ版」です(3月22日に更新しました!)。
 
サイト管理人「たもつ」による勝手なる予想ですので、異議は受け付けません(笑)。
 
これです。
 
202005超早予想

朝乃山は...
 
関脇・朝乃山、対横綱戦連敗で「12勝」はなくなりました。つまり、「直近で33勝」に届かず。なので、3/22の新聞などでは「朝乃山の大関昇進はなくなった」みたいな記事がありますが…。
 
千秋楽の対・貴景勝戦に勝てば、十分「大関昇進あり」だと考えます。理由は、今場所を含めた1年・6場所で、なんと5場所が2桁白星。最近では、これほどの安定力のある関取はいません。
 
もし朝乃山が11勝をあげて、直近32勝。これで朝乃山を大関昇進させないとすると、日本相撲協会は「アホ」です。
 
だからこそ、千秋楽、朝乃山ガンバです!!!
 
予想の主要なポイント
  • 優勝は横綱白鵬、13勝2敗(44回目)
  • 朝乃山は千秋楽で貴景勝を破り11勝4敗で大関昇進
  • 貴景勝は負け越し(来場所カド番)
  • 碧山は12勝2敗で優勝次点(鶴竜も同星)
  • 十両陥落予想は、錦木、剣翔、東龍、大奄美の4関取
  • 入幕は、新入幕が琴勝峰、返り入幕が若隆景、照ノ富士、琴勇輝
  • 十両優勝は照ノ富士で11勝4敗
  • 十両筆頭・琴勇輝は8勝7敗
 
 

宇良(西三段目30)

  • 生まれ:1992年6月22日(27歳)
  • 出 身:大阪府寝屋川市
  • 身 長:172cm、体重:135kg
  • 所 属:木瀬部屋
  • 得 意:突き押し・足取り
  • 最高位:東前頭4
宇良、白星発進!
 
3月9日・追記
2日目が宇良にとっての初日です。そして、白星発進です。目指せ、連続全勝優勝♪
 
3月15日・追記
宇良の4戦目は中日。これに勝ち、宇良は早々に勝ち越し。目指せ、全勝優勝!!!
 
3月18日・追記
宇良は6連勝!!!
目指せ、全勝優勝!!!
 
3月20日・追記
13日目(3月20日)、全勝をかけ、同じ6勝の西三段目84・千代大豪と対戦します。そして、早いと13日目に優勝が決まります!


2017年3月場所に新入幕を果たした小兵の宇良。幕内を5場所を務めるも同年9月場所、怪我をして途中休場。そのあと、ズルズルと番付を下げ、2019年11月場所には西序二段106になってしまいます。番付最下位となる序の口はもう目の前!
 
しかし、4場所連続休場あとの復帰場所である2019年11月場所で6勝1敗。続く、2020年初場所で全勝優勝で優勝(優勝決定戦)。そして、今場所は西三段目30まで番付をあげました。
 
20200315-宇良0


ぜひ、今年中に幕内復帰を果たして貰いたいです。なお、宇良については、こちらの記事もどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓
大相撲 大相撲・宇良の全取組(成績)と現在の番付、そして近況について〜復活期待!!  
 

照ノ富士(東十両03)

  • 生まれ:1991年11月29日(28歳)
  • 出 身:モンゴル・ウランバートル
  • 身 長:192cm、体重:178kg
  • 所 属:伊勢ヶ濵部屋
  • 得 意:右四つ・寄り
  • 最高位:東大関
  • 幕内優勝:1回


2015年5月場所、関脇で幕内初優勝を果たし、翌7月場所から大関となった照ノ富士。14場所、大関を務めるも怪我で2017年11月場所には関脇に陥落。
 
怪我に苦しみ、あとはズルズルと番付を下げ、2019年3月場所には西序二段48まで番付を落とします。
 
しかし、その場所の全勝を皮切りに復帰へ向け驀進。2019年11月場所、幕下10で全勝優勝、翌2020年初場所、十両13で13勝2敗の優勝。そして、今場所は十両3まで戻ってきました。
 
今場所の成績次第では、5月場所幕内に返り咲くことになります。十両3枚目と微妙な番付なので、来場所の返り入幕を決めるためには、ぜひ、2桁の白星が欲しいところです。
 
※追記
12日目、照ノ富士、ようやく勝ち越しました。次は白星2桁!!!
 
20200315-照ノ富士0
 
 

琴ノ若(東前頭18)

  • 生まれ:1997年11月19日(22歳)
  • 出 身:千葉県松戸市
  • 身 長:188cm、体重:173kg
  • 所 属:佐渡ヶ嶽部屋
  • 得 意:右四つ・寄り・押し
  • 最高位:東前頭18
2日目の琴ノ若
 
勝負を急ぎすぎたかな…


母方のおじいちゃんが第53代横綱・琴櫻(12代佐渡ヶ嶽親方)、父が元関脇・初代琴ノ若(13代佐渡ヶ嶽親方)という大相撲界のサレアブレット!
 
2020年初場所、東十両2の琴ノ若、千秋楽を7勝7敗で迎え、それを勝ち、新入幕となりました。ガタイとしては十分に、おじいちゃん(第53代横綱・琴櫻)の番付を狙えます。
 
新入幕の今場所、大活躍してもらいたい一人です♪
 
20200315-琴ノ若0
 
 

霧馬山(東前頭08)

  • 生まれ:1996年4月24日(23歳)
  • 出 身:モンゴル・ドルノド県
  • 身 長:184cm、体重:125kg
  • 所 属:陸奥部屋
  • 得 意:左四つ・寄り・投げ
  • 最高位:西前頭8


先場所(2020年初場所)、新入幕を果たした霧馬山。東前頭17でしたが、なんと11勝4敗の好成績で、「10」番付をあげて、今場所は西前頭8。
 
体重は125kgと少なめですが、これからどんどん強くなって、幕内上位で活躍する関取だと信じています♪
 
20200315-霧馬山0
 
 

輝(西前頭06)

  • 生まれ:1994年6月1日(25歳)
  • 出 身:石川県七尾市
  • 身 長:193cm、体重:170kg
  • 所 属:高田川部屋
  • 得 意:突き・押し
  • 最高位:西前頭4


炎鵬とは中学の同期であったということは有名な話。炎鵬と比べると、とてつもなくガタイのいい勢ですが、平幕下位あたりをウロウロ。
 
しかし、2019年11月場所から覚醒? 11月場所、幕内として初となる10勝をあげ、続く2020年初場所も10勝と連続の2桁。見ているファンとしては、輝のなかで「何かが変わった」と感じています。
 
相撲が変われば、十分に三役以上で活躍できるガタイのある関取です。今場所こそ、勝負です!
 
202003015-輝0
 
 

炎鵬(東前頭04)

  • 生まれ:1994年10月18日(25歳)
  • 出 身:石川県金沢市
  • 身 長:167cm、体重:98kg
  • 所 属:宮城野部屋
  • 得 意:左四つ、下手投げ
  • 最高位:東前頭4


学生のときから活躍していた炎鵬。勢関とは生まれた市は違うものの、中学時代は同じ中学の同級生。その頃から、相撲は取っていた。でも…身体が小さいので大相撲で活躍する…とはなかなか決断できなかったみたいです。そんなとき…
 
横綱・白鵬から「相撲は今しかできないぞ、人生かけてみろ」と声を掛けられ、宮城野部屋に入門し、実質、白鵬の内弟子となりました。
 
前頭4まで番付をあげた今場所こそ、炎鵬覚悟の場所ですね。どこまで上位陣に小兵の相撲が通じるのか。頑張れ!
 
※追記
12日目、残念ながら負け越し。上位戦はやはり厳しい…。
 
202003015-炎鵬0


なお、巡業での炎鵬の稽古について、こちらの動画をどうぞ。実質師匠の横綱・白鵬が炎鵬に稽古をつけます。
 
 

徳勝龍(西前頭02)

  • 生まれ:1986年8月22日(33歳)
  • 出 身:奈良県奈良市
  • 身 長:181cm、体重:188kg
  • 所 属:木瀬部屋
  • 得 意:突き・押し・寄り
  • 最高位:西前頭2
  • 幕内優勝:1回


先場所(2020年初場所)、幕尻で幕内初優勝を果たした徳勝龍。しかも、14勝1敗、凄すぎです。
 
今場所、最高の前頭2まで登り詰めました。なんと、三役がもう目の前。是が非でも、今場所2桁白星を狙ってもらいたかったのですが…。
 
大負けしても幕内から転落する心配がないので、来場所頑張れ!!!!!
 
それから、徳勝龍の偉業は、今場所、碧山に引き継がれる…かも!?
 
20200315-徳勝龍0
 
 

大栄翔(東前頭01)

  • 生まれ:1993年11月10日(26歳)
  • 出 身:埼玉県朝霞市
  • 身 長:181cm、体重:162kg
  • 所 属:追手風部屋
  • 得 意:突き、押し
  • 最高位:西小結


個人的には、4年前くらいから、ずっと応援しています。徐々に番付をあげて、先場所は小結昇進。残念ながら7勝8敗でしたが、今場所リベンジで、来場所の三役復帰を勝ち取ってください♪
 
なお、大栄翔は、相撲強豪として有名な埼玉栄高校出身です。この記事で紹介している13人のなかでは、他に、北勝富士と貴景勝も埼玉栄高校出身です。
 
3人とも頑張れ!!!
 
20200315-大栄翔0
 
 

北勝富士(東小結)

  • 生まれ:1992年7月15日(27歳)
  • 出 身:埼玉県所沢市
  • 身 長:185cm、体重:164kg
  • 所 属:八角部屋
  • 得 意:押し
  • 最高位:東小結


先場所11勝と頑張った北勝富士。今場所は東小結。小結昇進はこれで3回目。過去2回は、いずれも7勝8敗と負け越し。
 
3度目の正直で、今場所は是非、勝ち越してもらいたい。できれば、2桁をあげて関脇昇進の可能性を大きくしてもらいたいものです。
 
実際に昇進できるかどうかは、現関脇の朝乃山と正代の成績しだい…と思っていましたが、来場所、奮起して頑張れ!!!
 
20200315-北勝富士0
 
 

正代(西関脇)

  • 生まれ:1991年11月5日(28歳)
  • 出 身:熊本県宇土市
  • 身 長:185cm、体重:164kg
  • 所 属:八角部屋
  • 得 意:右四つ・もろ指し・寄り・掬い投げ
  • 最高位:西関脇


先場所、徳勝龍と優勝を争い、星1つの差で初優勝を逃した正代。つい最近まで幕内では10勝どまりでしたが、2019年11月場所11勝、2020年初場所13勝と、なんだか自信をつけた様子。
 
正代はもともと力があるので、自信が付けば、大関も狙えるのではないでしょうか。まだ28歳ですし、とにかく頑張って欲しいです♪
 
などと思っていたら…
 
勝ち越しが微妙になってきました。
勝ち越し、おめでとう!!!
 
20200315-正代0
 
 

朝乃山(東関脇)

  • 生まれ:1994年3月1日(26歳)
  • 出 身:富山県富山市
  • 身 長:188cm、体重:171kg
  • 所 属:高砂部屋
  • 得 意:右四つ・寄り・上手投げ
  • 最高位:東関脇
  • 幕内優勝:1回


ここ3場所連続の2桁白星を挙げている朝乃山。今場所は大関挑戦の場所です。
 
今場所12勝で「直近3場所33勝」となり、大関昇進のひとつの目安をクリアすることになります。しかし、有無を言わせずに大関昇進し、かつ、大関昇進後も勢いを続けるためにも、ぜひ、13勝以上で2回目の優勝を目指してもらいたいですね。
 
朝乃山には、そう遠くない将来、横綱として活躍してもらうことも期待しています♪
 
12日目に、白星2桁に乗せた朝乃山。磨きの掛かった「朝乃山の右」があれば、残る横綱・大関戦にも全勝することが可能です。そうなれば朝乃山の大関昇進が実現されることは言うまでもありません。
千秋楽の対・貴景勝戦が「大関昇進の鍵」となります。朝乃山、ガンバ!
 
20200315-朝乃山0
 
 

貴景勝(東大関)

  • 生まれ:1996年8月5日(23歳)
  • 出 身:兵庫県芦屋市
  • 身 長:175cm、体重:170kg
  • 所 属:千賀ノ浦部屋
  • 得 意:突き・押し
  • 最高位:東大関
  • 幕内優勝:1回


突き・押しだけの相撲では、三役以上での活躍は難しいよな…と思っていたら、小結で優勝も実現し、その後、大関まで駆け上がった貴景勝。
 
しかし、怪我で2場所負け越しで大関陥落。それでも、翌場所、関脇で12勝をあげ大関復帰。その後は9勝6敗、11勝4敗と健闘しています。
 
いよいよ、横綱昇進を期待される存在となってきました。ぜひ、それを今年実現してもらいたいです!!!
 
…と思っていましたが、明らかにどこか故障しています。休場して体調を整えたほうがいいのかもしれません(11日目が終わって追記)。
 
20200315-貴景勝0


なお、この動画は小結・貴景勝が幕内初優勝を果たしたときの千秋楽。対・錦木戦。
 
この錦木との対戦の勝利で、貴景勝は13勝2敗。このあと取組をする12勝の大関・高安が負けたため、貴景勝の優勝となりました。
 
 

白鵬(東横綱)

  • 生まれ:1995年3月11日(34歳)
  • 出 身:モンゴル・ウランバートル市
  • 身 長:192cm、体重:158kg
  • 所 属:宮城野部屋
  • 得 意:右四つ・寄り・上手投げ
  • 最高位:東横綱
  • 幕内優勝:43回


実は…
サイト管理人「たもつ」が一番大好きな関取が白鵬。もうずっと何年も応援しています。
 
言動でいろいろ批判されることの多い白鵬ですが、それでも大好き、応援しています。白鵬が出場している場所は、毎回、優勝を願っています。
 
個人的には一番大好きな関取なので「実現してくれ、幕内44回目の優勝!!!!」と思っています。
 
千秋楽、鶴竜との相星決戦を歓迎します!!!
 
20200315-白鵬9
 
 

まとめ

 
無観客の初日がつつがなく終わりました。テレビを見て応援するほうも、会場の応援がないのは寂しさを感じます。
 
11日目が終わって、のこり4日間。もしかしたら、先場所同様の奇跡(?)が起こるかもしれません。12日目の「朝乃山 vs 碧山」戦次第ですね。
 
12日目、関脇・正代に敗戦。これで2杯目。優勝争いは、前頭13・碧山が1敗で単独トップとなり、これを白鵬、鶴竜、朝乃山が2敗で追う形に。
 
千秋楽は、いよいよ横綱同士の相星決戦。こんなこと、超久しぶりなんですけど(笑)。サイト管理人は、もちろん、白鵬応援してます。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!