伝説の「安室奈美恵沖縄ラストLIVE」もう見た?

本庶佑ノーベル賞受賞〜お隣韓国マスコミは揃って無視を決め込む!?

ノーベル賞


<スポンサーリンク>

 
10月1日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は2018年ノーベル医学・生理学賞者を発表しました。
 
「免疫を抑制するタンパク質を発見し、がん免疫治療薬・オプジーボの開発につなげた功績」で、京都大特別教授・本庶佑(ほんじょ・たすく)氏(76)並びにアメリカテキサス州立大学のジェームズ・アリソン博士の2氏に授与すると決定。
 
これに対し、お隣韓国の反応は…

日本人の受賞者は…

 
日本生まれの日本人でその後、外国籍を取得した3人を含み、日本人の受賞は今回の本庶氏を含め、27人となりました。
 
最初は1949年、湯川秀樹博士の物理学賞受賞で、これは戦後日本で最も明るいニュースのひとつとなりました。
 
その後、これまでに物理学賞11人、化学賞7人、生理学・医学賞5人、文学賞3人、平和賞1人の計27人となったのです。
 
一方、何かにつけて日本に対抗意識を燃え上がらせる韓国は「ゼロ」。彼らにとって悲願のノーベル賞受賞はまだまだ遠いのでしょうか…。
 

<スポンサーリンク>


本庶佑氏ノーベル賞受賞について韓国マスコミの反応は…

 
韓国の新聞における今日(2日)を含めた1週間のノーベル賞関係の記事をサイトからピックアップしてみました。やり方としては、それぞれの日本語サイトで「ノーベル賞」で検索しました。検索結果の記事タイトルのみ記しますね。(※本記事公開時現在)
 

  • 東亜日報
    • 9/28、ノーベル賞・劉曉波氏の妻が米国に到着
  • 中央日報
    • 10/1、韓国出身科学者のノーベル賞受賞は?…海外の予想は「0人」
    • 10/1、【コラム】「中途半端なノーベル賞」よりも「非核化平和賞」をもらおう
    • 9/28、来週ノーベル平和賞発表…文大統領が受賞するだろうか
    • 9/28、韓国科学者13人がノーベル賞に近接…受賞者「ゼロ」はいつ終わる?
  • 朝鮮日報
    • ここ1週間でノーベル賞関連記事なし
  • ハンギョレ
    • 10/2、ノーベル平和賞候補?賭け屋の本命は文在寅・金正恩
 
4紙しか調べて見ませんが、同じ傾向が見て取れます。
 
つまり、本庶佑氏のノーベル賞受賞については、みんな無視、スルーです。それでも中央日報の記事タイトルからは韓国人のイライラした想いが伝わってきます。なんだか「らしい」感じです。
 

今日も明日も受賞者の発表があります!

 
世界に誇る英雄が生まれることを祈念しています。
 
もしかしたら、もう一歩、日本がリードすることになるかもしれませんが…。
 

<スポンサーリンク>

まとめ

 
日本人として(元日本人含む)27人目となる本庶佑氏のノーベル賞〜生理学・医学〜、おめでとうございます。何だか毎日、暗くなるようなニュースが多いなか、たくさんの日本人を明るくしてくれるニュースです。
 
一方、韓国の方々は悔しさマックスかもしれませんが、これを糧に頑張ってください。
 
念ずれば花開く。開かない場合もあるみたいですが。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay