『天気の子』公開、新海誠作品はFODで♪

映画『空母いぶき』出演の佐藤浩市の発言で公開前から場外乱戦勃発!?

空母いぶきの場外乱戦


<スポンサーリンク>

 
 
2019年5月24日公開の映画『空母いぶき』に出演している佐藤浩市さん。この映画のことについて話した佐藤浩市さんの発言がもとで、公開前に場外乱戦が始まっているのです…!?
 
 

佐藤浩市さん、インタビュー記事で…

 
 
映画『空母いぶき』は、もともと原作が「ビックコミック」(小学館)に連載中の同名漫画です。作者は、かわぐちかいじさん。
 
そんなこともあり、今回、「ビックコミック」では映画で首相役を演じた佐藤浩市さんのインタビューを掲載しました。
 
そのなかで、佐藤浩市さんは次のようなコメントをしました。

  • 最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある。
  • (首相像を)ストレスに弱く、すぐにおなかを下す設定にしてもらった。
 
そして、本来、脚本になかった「首相がトイレに行くシーン」を佐藤浩市さんの提案で追加してもらったとか…。
 
これが、今回の場外乱戦のおおもとになったのです。
 

作家・百田尚樹氏参戦

 
 
この佐藤浩市さんのインタビュー発言に対し、右翼バリバリで安倍首相シンパ(?)の作家、百田尚樹氏が噛みついたのです。
 
「三流役者が、えらそうに!人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者」などとツイートしたと伝えられています。
 
百田さんは、常日頃から保守的発言が多く、安倍晋三首相に近しい人物と言われています。そこで佐藤浩市さんの、さも安倍首相を揶揄したかのような発言に「カチン!」ときたようなのです。
 
百田さん「もし今後、私の小説が映画化されることがあっても、佐藤浩市だけはNG」と発言し、駄々っ子の喧嘩のような様相になってきたのです。
 
この百田さんの噛みつきについて、ツイッターの一般の方々は、百田さんに賛成・反対それぞれいるようです。まぁ、一辺倒にならないだけ、健全です。
 

<スポンサーリンク>



 

かっちゃんこと高須克弥院長参戦

 
 
詳しい発言展開はあまりないようですが、かっちゃんこと高須委員長も、この場外乱戦に加担したようです。
 


 
これだけじゃ、わかりません(爆)。
 

タレント・ラサール石井氏参戦

 
 
さて、百田さんが佐藤浩市さんをディスった発言に対し、今度は、タレントのラサール石井さんが参戦です。
 


 

新手の宣伝か!?

 
 
この場外乱戦、どんどん拡大していくかと思いきや、それほどでもないみたいです。
 
佐藤浩市さんは舞台挨拶出演者として出演せずなど、それなりに製作者側は事態収拾に動いているみたいです。
 
まぁ、騒げば騒ぐほど、宣伝になるし、テレビで取り上げたりすると、なお映画にとって得になります。
 
一部、ツイッター意見では、「せっかくの映画が、今回の騒動で見る気が失せた」のような意見がありますが、本当の原作ファンなら見るでしょうし、その程度の騒動で見ないと主張する人は、もともと見ないのです。
 
いずれにしても、今回の場外乱戦は、意図したか否かは別にして、それなりの新手の宣伝になったのではないでしょうか。
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
 
空母いぶきの場外乱戦※画像出典:自作(by Canva)
 
 
今回、映画『空母いぶき』の公開前に、映画に首相役で出演した佐藤浩市さんのインタビュー発言から、場外乱戦が勃発。
 
なさけないくらい感情的なだけのプチ乱戦でしたが、プチプチな程度に紹介しました。
 
昨今、芸能人たちのツイッターが凍結しはじめているとか。くだらなさをまき散らしている、ここで登場した方々のツイッターも凍ると平和が訪れるかもしれません。
 
※アイキャッチ画像の出典:自作(by Canva)
 

error: Content is protected !!