塚原光男「宮川選手は全部うそ」と公開パワハラ発言自体にうそあり!?

塚原光男


<スポンサーリンク>

29日、18歳の宮川紗江選手が選手生命をかけての記者会見を行いました。翌朝、パワハラを受けたと宮川選手から名指しされた、日本体操協会副会長・塚原光男氏は宮川発言を全否定。全部うそと断じました。

29日の動き

 
宮川紗江選手に対する暴力が認定され、宮川選手の専属コーチ・速見氏が無期限の資格停止処分になった問題につき、29日、宮川紗江選手自身が弁護士同席とはいえ、実質単独会見を開きました。
 
その会見では、速見コーチを擁護しながらも、暴力は絶対にダメとの認識を示した上で、今後も速見コーチとオリンピックを目指したい旨を明言。
 
加えて、この会見では、日本体育協会幹部、具体的には、副会長・塚原光男氏、強化本部長・塚原知恵子氏、知恵子氏の関係者からパワハラを受けたと告発しました。
 
日本体操協会は、この宮川紗江選手の記者会見に呼応したのか、同日夕方に会見を開き、速見氏の処分は正当なる調査に基づき、暴力廃絶の一環で行ったものと主張。また、パワハラについては「わからない」と専務理事が発言しました。
 

30日朝、塚原光男氏が記者に答える

 
自宅前で、報道陣に対し、塚原光男氏が口を開きました。
 

記者:昨日の会見はご覧になりましたか?
塚原:ええ、全部見ています。
 
記者;受けとめを一言お願いします。
塚原:ああ今日ね、午後にでもプレスリリースします。
   ちょっとなぜ彼女があんな嘘を言うのかわからないのでね。
 
記者:宮川選手の発言は本当ですか?
塚原:(宮川選手は)うそが多いから、今日プレスリリースしますから、それをちょっと待ってください。
 
記者:パワハラ発言はされていないんですか?
塚原(記者を振りかえって)ん? だからそれも含めて、今日プレスリリースします。
   だからご安心ください。
 
記者:会見などはしないんですか?
塚原:必要だったらします。
   大変だね、ちょっとうそが多いので。
 
記者:うそってどこですか?
塚原:だから全部。
 
記者:全部がうそだということですか?
塚原:だからそれも今日プレスリリースしますから、それを待っていてください。
 
記者:会見とかおやりにならないんですか?
塚原:いや、やる、やることもあると想います。
 
記者:いつごろですか?
塚原:それはまだ、今日色々してから。
 
※フジテレビ「バイキング」放送を聞き起こし。

<スポンサーリンク>


結局、プレスリリースはなかった…つまりうそ

 
日本中が注目した塚原氏がいう「今日(30日)午後、プレスリリースしますから」と発言したプレスリリース。
 
結論からいうと「プレスリリースはなかった」のです。つまり、結果として塚原氏はうそをついたのです。ただし、代理人情報では、31日午前中までになんらかの書面を公開する予定だとのこと。
 
「31日午前中までに」というこれが世間に期待させたプレスリリースの内容なのでしょうか。随分、人をバカにしていると言わざるをえません。
 

「全部うそ」発言は墓穴を掘った!?

 
塚原氏の「(宮川選手の発言は)全部うそ」発言は、世間から多くの批判を受けています。塚原氏の宮川紗江選手に対する全否定ともとれる「全部うそ」発言自体が、公開パワハラだという人もいます。たとえば落語家の立川志らく師匠です。
 
しかし、塚原光男氏は思慮が浅いかもしれませんね。全否定となる「全部うそ」発言は、ほんのちょっとでも宮川選手発言の真実が見いだされれば、それこそ塚原光男氏自身の発言が全否定されてしまうのですから…。
 
「全部」と発言するところに、如何に過去に栄光がある人とはいえ、塚原光男氏の「極端な幼さ」を感じるところです。
 

<スポンサーリンク>

まとめ

 
塚原光男氏の自縄自縛発言「(宮川選手の発言は)全部うそ」には、日本体操協会も、そして弁護士先生たちも頭を抱えたのではないでしょうか。
 
なんだかペラペラしゃべって自爆した日本ボクシング連盟の前会長・山根明氏を思い浮かべてしまいました(笑)。
 
山根氏同様に底の浅い発言に、塚原光男氏の人となりが完全に見えてしまったと思うのはサイト管理人「たもつ」だけでしょうか。
 
それから、またしても起こったスポーツ界の不祥事に、同じような構図の問題はどこも抱えているんだなとガッカリした人も多いのかもしれません。
 
往生際は悪かったものの、結局、辞任するにいたった山根前会長を塚原光男・知恵子夫婦はどう見ていたのでしょうか。
 
※アイキャッチ画像の出典:スポーツ報知